2018年08月17日

8/18 オールスター競輪GT・10〜12R「準決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(18日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、第61回オールスター競輪(GT)の4日目・10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●オールスター競輪GT・4日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
▲ ▲ 1 浅井康太(三重)
  ◎ 2 古性優作(大阪)
◎ ☆ 3 渡邉一成(福島)
    4 菊地圭尚(北海)
☆ ○ 5 山中秀将(千葉)
    6 渡邉晴智(静岡)
○   7 深谷知広(愛知)
  × 8 松岡健介(兵庫)
×   9 新山響平(青森)

並び ←HB4 F1 A8 D6
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

ライン構成はオーソドックスな4分戦。展開は、好調のH新山がライン3車の厚みを活かして飛ばして行き、他派が捲り返すという流れが自然か。ならば番手回りのB渡邉が展開有利に運ぶと見て、◎印を付ける。今節は、ナショナルチーム組が若干苦戦を強いられているが、渡邉はB・@で勝ち上がった。ドリームレースは展開不利にも関わらず3着に突っ込んで来たし、今日のシャイニングスター賞は新山の主導権から番手捲って白星を挙げた。明日も新山に前を任せるが、今日と同様の積極掛けが決まれば、再現VTRとなるか。オールスター連覇のためにもここは負けられない。対抗はF深谷。ドリームレースは最後尾まで引かされ見せ場なく終わったが、今日の二予は2着に6車身千切って逃げ切り、格の違いを見せつけた。明日は主導権取りのライバルとなる新山はいるが、得意のジャン前カマシが決まれば、浅井とのワンツー決着も期待したい。穴軸はA古性。昨日の特選予選を、木暮安のけん制を受ける厳しい展開を乗り切って1着。今日のシャイニングスター賞は新山のカカリに屈したが、明日はその対策を練って臨むだろう。ヨコの捌きを繰り出して、中団確保から一刀両断するか。深谷番手から伸びる@浅井、一発捲りならこちらも恐いD山中、逃げ残り見せたいH新山あたりは、アタマ候補としても考えておかねばならないか。

<本線予想> 3=7 3=1 3→9 3→5
<穴予想> 2=5 2=1 2→8 2→3


《第11R S級準決勝》

本線 穴
○ ▲ 1 平原康多(埼玉)
× ◎ 2 原田研太朗(徳島)
◎   3 脇本雄太(福井)
  × 4 菅田壱道(宮城)
    5 中村浩士(千葉)
  ☆ 6 新井秀明(熊本)
☆ ○ 7 諸橋 愛(新潟)
    8 和田健太郎(千葉)
▲   9 村上義弘(京都)

並び ←B9 @7 C58 A6
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

このレースも4分戦。B脇本が先行一車ということで主導権を取りやすいメンバー構成。しかし、脇本を駆けさせれば出番が無くなりそうな@平原やA原田も、イザとなればカマシ先行もあるか。しかし今の機動力では、B脇本に圧倒的なアドバンテージがあり、レースの中心となろう。昨日のオリオン賞は、捲り追い込むもブロックのあおりを受け、直線突っ込みきれなかった。今日の二予はその悔しさを振り払うかのような怒とうのHS先行を披露し、2着に4車身差で逃げ切った。明日もこの再現を期待してGT初制覇へのリーチをかけてもらいたい。対抗はA平原。ドリームレースは3番手位置から捲り返し、武田に交わされたもののワンツーを決めた。今日のシャイニングスター賞は、中団確保も前団との差を詰め切れず6着に終わった。明日は脇本ライン後位確保から、タイミング良く捲り返して約1年半ぶりのGT優勝へ一直線だ。穴軸はA原田。近歴、Gレースでは安定した戦績で存在感をアップしているが、若手の成長で番手戦をこなせているのも大きい。明日は自力戦だが、脇本のダッシュ先行に離れずの中団確保なら、平原・菅田よりも先に仕掛けて、好配をも呼び込んでもらいたいものだ。脇本番手から突っ込むH村上、平原マークから直線差し脚伸ばすF諸橋は当然だが、連勝での勝ち上がりで絶好調のC菅田あたりも見逃せない。

<本線予想> 3=1 3=9 3→2 3→7
<穴予想> 2=7 2=1 2→4 2→6


《第12R S級準決勝》

本線 穴
▲   1 成田和也(福島)
× ☆ 2 武田豊樹(茨城)
○ × 3 山田英明(佐賀)
  ▲ 4 竹内雄作(岐阜)
    5 神山雄一郎(栃木)
  ◎ 6 金子貴志(愛知)
☆   7 園田 匠(福岡)
    8 山崎賢人(長崎)
◎ ○ 9 新田祐大(福島)

並び ←GB7 C6 A5 H1
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

このレースも想定通りの4分戦。BK19本のC竹内と17本のG山崎によるガチンコ先行バトルは避けられないか。これを目標にA武田・H新田が捲り返す流れがセオリーだ。最後は他派をまとめて面倒見ることになるH新田に◎印。今節の勝ち上がりはG・1。ドリームレースは「お約束」の仕掛けミスで、今日の二予も何とか捲り追い込むという、動きにチグハグさが見受けられる。しかし、最終日に合わせて調整を進めるのが新田流なら、明日はきっちり結果を残してくれると信頼したい。対抗はB山田。初のドリームレースからのスタートも、C・Gの勝ち上がり。2走とも単騎での戦いを強いられ、作戦に迷いもあったろうが、明日は九州の新鋭・山崎に前任せというライン戦。山崎がハナを切れれば新田の仕掛け前に番手捲れるし、主導権取り失敗でも自ら活路を開いて行けよう。穴軸はE金子。近歴はマーク戦が多くなったが、これも弟子の深谷だけでなく、中部勢の若手先行屋の成長によるところが大きい。明日は竹内の番手からだが、復活と見ても間違いない竹内の機動力が爆発すれば、後続の動きを見ながら差し交わして、ラインワンツーもあるか。新田番手喰らい付いて地元ファンに復活をアピールしたい@成田、ドリームレースの復活白星をさらに輝かせたいA武田、復活宣言同然の今の脚勢なら逃げ切りにも期待したいC竹内は2〜3着受けだけでは足らないか。

<本線予想> 9=3 9=1 9→2 9→7
<穴予想> 6=9 6=4 6→3 6→2


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184199934

この記事へのトラックバック