2018年08月17日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、四日市FT「S級シリーズ・西日本カップ こにゅうどうくん杯」最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

号砲でB牧剛央が飛び出してSを決め、H吉本卓仁を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、九州2車−近畿・中部3車−外国人2車−マークの南関2車の順。赤板HS(残り2周)を過ぎ、正攻法の吉本が誘導と、中団の@稲毛健太が前団・後方との車間を空け、それぞれが後方のAグレーツァーの動きを警戒する。そしてグレーツァーのペースアップに併せて、稲毛がジャンから踏み込んでハナに立つも、さらに踏み込んだグレーツァーが最終HSで先頭に躍り出る。ライン4番手のG川口直人は千切れたものの、ライン3車が出切って後続を離して行く。最終3角で番手のFボスが車間を切って後続をけん制するも、4番手位置の稲毛はなかなか差は縮められない。結局、ボスがグレーツァーを差し交わして1着、グレーツァーが2着になる。3着にはライン3番手を喰らい付いたD武田憲祐が流れ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 F→A 140円
 3連単 F→A→D 280円

四日市FT「西日本カップ」のS級決勝は、外国人2車が早目に抜け出して先行し、後続が追走に窮するのを尻目にラインで上位独占となりました。
稲毛が併せてハナに立ち、やや流し気味だったそのタイミングで、グレーツァーのカマシが決まりました。絶対的スピード差のある外国人選手が全力スパートで主導権取りが決まれば、それ以降、他の日本人選手は出番はありません。ボスも最終3角で車間を切って後続の仕掛けに備えましたが、心配無用の流れで、余裕を持ってグレーツァーとのワンツーでした。その上がりタイムが10秒7で、差し交わされたグレーツァーの個人上りが10秒9。GTレースでもお目にかかれない様なスピードを、FT決勝で披露しました。車券・興業という視点で考えれば「つまらない」の一言で終わりますが、これが世界の一線級であるということの証明でもあります。オールスター出場を逃したS級中堅選手には酷かもしれませんが、今後の日本人選手の奮起、テクニックを活かした反撃を期待したいと思います。

さて今週の番組は、明日の「オールスター競輪」4日目9〜11R・準決勝の注目選手をピックアップします。なお、見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは、夜9時頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184170447

この記事へのトラックバック