2018年08月10日

8/11 四日市FT・11R「S級決勝」 予想

今日のブログ予想は、あす(11日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、四日市FT「S級シリーズ・西日本カップ こにゅうどうくん杯」最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●四日市FT「西日本カップ」・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
▲ ◎ 1 稲毛健太(和歌)
○ × 2 グレーツァー(豪州)
  ☆ 3 牧 剛央(大分)
  ▲ 4 柴崎俊光(三重)
×   5 武田憲祐(神奈)
    6 水谷良和(愛知)
◎   7 ボ  ス(蘭国)
    8 川口直人(神奈)
☆ ○ 9 吉本卓仁(福岡)

並び ←AF58 @46 H3
※「Keirin.jp」による

外国人選手2人が圧倒的な力を見せつけ優参。対する日本人勢はどう立ち回る?
ライン構成は想定通りの3分戦。外人2車の前後は、Aグレーツァーが「前でセンコー」となり、ここへ南関追い込み2車が続く。また九州2車はH吉本が「自力で」と前回りを宣言した。展開は、BK13本の稲毛に主導権を期待したいが、グレーツァーがラインの長さとダッシュ力でハナを切るのが濃厚。すると番手Fボスに絶好のチャンス到来だ。前回・松戸GVエボリューションは、競技用自転車でのレースで「餅は餅屋」的な強さを披露。今節も、日本人選手を相手にしない走りを見せている。初日特選では、自ら前回りでジャン先行、番手・グレーツァーに交わされたもののワンツー。今日の準決もジャン前から仕掛けて、他の日本人選手8人をまるで子ども扱いにした。明日は初日特選と逆で、グレーツァーが前回り。連携実績も豊富なだけに、アタマ取りでのワンツーを基本に考えたい。対抗は、そのAグレーツァー。来日初年度としては、ここまで8節中優勝4回(小松島GVエボリューション含む)、決勝2着2回と合格点の走りだ。残る2回も決勝進出しており、ボス・ブフリのVに貢献している。明日は前回りだが、後続がもつれるなど慣れないレース展開でなければ、ボスとの直線勝負になるのが濃厚か。
穴軸は期待を込めて@稲毛。近歴、やや精彩を欠いているようにも見えるが、前回・弥彦GVでは、F・1・G・1で準決敗退も2勝を挙げ、2日目以降の3走は最終BKを奪うなど積極性が戻ってきた。今節は、初日特選こそボスに主導権を奪われるも、最終BK8番手から4着にまで捲り追い込んで来た。準決ではジャンからしっかり主導権を握り、一列棒状からの逃げ切りを決めた。明日は果敢に先行争いを挑めば、厳しい戦いになるかもしれないが、中団確保からの早目の巻き返しで外国人に一泡吹かせてもらいたい。総力戦なら侮れないH吉本、稲毛マークから伸び見せたい地元戦のC柴崎、吉本マークのB牧、外人ライン3番手のD武田も、2〜3着受けには必要だ。

<本線予想> 7=2 7=1 7→5 7→9
<穴予想> 1=9 1=4 1→2 1→2


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
さすがに波乱は期待できないとみてます、ボスが鮮やかに決めるでしょう。安くとも725、そして752も少しだけ。
Posted by コタカ at 2018年08月11日 15:33
コタカさんへ

コメントありがとうございます。
お見事、予想的中ですね!って言っても、大本命戦の2車単140円、3連単280円ですからね…。「当った内に入らんわ!」っていう、怒りとも嘆きともつかない声が聞こえてきそうです。
Posted by 山本D at 2018年08月11日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184141278

この記事へのトラックバック