2018年08月03日

8/4 松戸記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(4日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、松戸記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●松戸記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
▲   1 海老根恵太(千葉)
  ☆ 2 柴崎 淳(三重)
  ◎ 3 桑原大志(山口)
    4 朝倉佳弘(東京)
◎ ○ 5 近藤隆司(千葉)
☆   6 山本紳貴(千葉)
○ ▲ 7 太田竜馬(徳島)
    8 村田雅一(兵庫)
× × 9 杉森輝大(茨城)

並び ←ED1 F3 A8 H4
※「Keirin.jp」による

想定通り4分戦+単騎1車のライン構成。千葉3車の並び順が注目されたが、山本が「自分が前で」、海老根が「地元3番手」とコメント。展開としては、太田もいるが、やはりこの千葉3車が飛ばして他派が捲り返しになるか。山本の先制決まれば、D近藤の番手捲りが濃厚で◎印の評価。前々回の当地・サマーナイトFは2・7・2で準決敗退も、それなりに着をまとめていた。前回・前橋FTはH・8・1と乱調だったが、今節はその憂さ晴らしとばかりに、ここまで@・@の2連勝。明日も山本が前回りで、今日の優秀戦の再現を期待したい。対抗はF太田。前走がサマーナイトFだったことで、連続の当地での出走。前回は2・4・7で準決惜敗も、前々回の地元・小松島GVに続く積極的な走りが目を引いた。ただ33バンクの当地だけに、明日も積極性が優参を引き寄せると考えれば、最終BK奪取は最低ノルマだ。穴軸は、その太田マークのB桑原。前回・福井GVはC・1・2・Eと久々の優参。決勝は脇本雄にいい様にやられてしまったが、何がしかの手応えをつかんだか。今節のD・3の勝ち上がりも、やや物足らない所はあるが、SS班防衛のためにも、これからは全てが必勝態勢となるだけに、ここはまさに勝負駆けだ。千葉3番手から伸び勝負にかける@海老根、自分のタイミングで捲り返したいA柴崎・H杉森だけでなく、逃げ粘り見せたいE山本にも注意を払いたい。

<本線予想> 5=7 5=1 5→9 5→6
<穴予想> 3=5 3=7 3→9 3→2


《第11R S級準決勝》

本線 穴
○ ▲ 1 中川誠一郎(熊本)
◎   2 根田空史(千葉)
× ○ 3 松岡健介(兵庫)
    4 黒田 淳(岡山)
☆ × 5 濱田浩司(愛媛)
    6 窓場千加頼(京都)
▲ ◎ 7 中村浩士(千葉)
    8 福田知也(神奈)
  ☆ 9 小川勇介(福岡)

並び ←E3 A78 C5 @9
※「Keirin.jp」による

このレースも4分戦の構図。展開は、BK13本の根田もいるが、窓場も積極的に仕掛けて主導権争いになるのも考えられる。ただ先行・捲りいずれでも、A根田が力でねじ伏せてしまうか。先月は函館・小倉で連続FT優参。Vこそつかめなかったが、FTでは格上的存在であるのを知らしめた。今節は、初日特選で柴崎淳をジャン前BKから仕掛けてHSで捲って見せた。海老根に微差交わされたが、根田らしいパワフルな内容で、今日の優秀戦も千葉4車の先頭で果敢に先行するなど状態も良さそうだ。明日は窓場の抵抗を退ければ、師匠・中村とのワンツーも十分。対抗は@中川。前回・福井GVの決勝は脇本雄の番手で完敗も、本人も納得の準V。今節はB・Bの勝ち上がりも、いずれも得意の捲り追い込みで突っ込んで来た。今日の優秀戦では千葉勢の番手捲りを、中団のもつれもあったが、最終HSから仕掛けて3着まで突っ込んで来た。明日も同様に、ギリギリ届いて来るような捲りを披露か。穴軸は、根田マークのF中村。前々回の当地・サマーナイトFでは、バンク相性の良さもあって2・3でしぶとく優参(5着)。今節もA・Aで未勝利ながらも、連日前を任せた近藤をきっちり追走して、結果に結びつけた。明日は愛弟子・根田に全幅の信頼を寄せて追走し、優参へ向かう。窓場マークB松岡の差し脚、黒田追走から突っ込むD濱田、中川後位からタテ脚で強襲のH小川は、2〜3着受けには見逃せない。

<本線予想> 2=1 2=7 2→3 2→5
<穴予想> 7=3 7=1 7→5 7→9


《第12R S級準決勝》

本線 穴
▲   1 吉田拓矢(茨城)
× ○ 2 伊勢崎彰大(千葉)
☆ ▲ 3 北野武史(石川)
  ☆ 4 石塚輪太郎(和歌)
○   5 小原太樹(神奈)
    6 朝日 勇(愛知)
  ◎ 7 成田和也(福島)
  × 8 佐藤一伸(福島)
◎   9 武田豊樹(茨城)

並び ←C36 @H G7 D2
※「Keirin.jp」による

このレースも想定通りの4分戦。BK14本と積極的な石塚と、11本の吉田とのマッチアップだが、捲りに回りそうな2派も力があって混戦ムード。石塚に主導権取ってもらいたいが、先行・捲りいずれでも対応できる吉田が最終BKを奪い、最後は番手回るH武田が決める。前々回の当地・サマーナイトFはE・5・2と準決敗退したが、展開も向いてなかった。前回・福井GVはB・C・3・Dで、優参という最低ノルマは果たした。今節はB・Cでの勝ち上がり。今日の優秀は自力戦で、千葉4番手の海老根をつぶしに行く流れになったが、結果的にはそこでジ・エンド。明日は前回る吉田次第だが、ある程度自分でレースを作ってくれそうだし、悪くても最終2角あたりから自分で活路を開くか。対抗にはD小原を抜てき。捲り中心ゆえ近歴やや苦戦を強いられているが、3場所前の宇都宮GVではA・G・9・4と準決進出。明日は、前団の踏み合いを巧く誘って、中団確保からの一発捲りで意外な好配も呼び込むか。穴軸はF成田。かつての姿を期待できないのは確かだが、5場所前の地元・いわき平FTでVなど、少しずつながらも復調しているのも事実。前回・福井GVも優参(A・E・3・C)しており、次走・地元でのオールスターに弾みを付けたい。明日は同県の佐藤任せだが、ある程度まで連れて行ってくれれば、最終BKからインに切り込んで、奥の手の捌きを披露か。小原マークA伊勢崎の伸び、主導権取れればC石塚−B北野の台頭、前々攻め込むG佐藤のタテ脚は2〜3着受けには押さえておきたい。

<本線予想> 9=5 9=1 9→2 9→3
<穴予想> 7=2 7=3 7→8 7→4


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184083847

この記事へのトラックバック