2018年06月15日

6/16 「高松宮記念杯競輪」(GT)3日目 9〜12R「東日本・西日本 準決勝」 予想


今年も岸和田で東西の龍虎たちが激突!

「高松宮記念杯競輪」応援号PART3


今夜はブログ通常配信として、あす(16日)の岸和田競輪場「第69回高松宮記念杯競輪」(GT)3日目・9〜12R「東日本・西日本 準決勝」の欲張り4箇レースヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●高松宮記念杯GT・3日目

《第9R S級東日本・準決勝》

本線 穴
☆ ▲ 1 菅田壱道(宮城)
◎   2 平原康多(埼玉)
  ○ 3 吉田拓矢(茨城)
× ◎ 4 新山響平(青森)
  ☆ 5 芦澤辰弘(茨城)
    6 山崎芳仁(福島)
▲   7 木暮安由(群馬)
    8 神山拓弥(栃木)
○ × 9 渡邉一成(福島)

並び ←B58 C@ A7 H6
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

関東5車と北日本4車がそれぞれの中で別線となる、4分戦の構図となった。関東は茨城3車とその他2車で別線となり、北日本は福島2車とその他2車での別線となった。展開は、ライン3車のB吉田が仕掛けやすくなったが、C新山の巻き返しも早くなるか。いずれにしても、捲り返すA平原とH渡邉の力勝負になりそうだが、展開対応に柔軟性のある平原に分があると見て、平原に◎印。今日の二予は、横山尚の先行を南関ラインのドタバタに乗じてあっさりと捲り切った。木暮には交わされ2着だったものの、平原らしい立ち回りだった。明日も自力戦だが、吉田・新山の叩き合いを巧く誘って、中団確保から一発捲ってケリをつけるか。対抗はH渡邉。今日の青龍賞も、怒とうの捲りを仕掛けた新田マークから、ゴール寸前差し交わして連勝での勝ち上がりを決めた。「修正して感覚も良くなってきた」とのレース後コメントだが、明日は自力戦。番手を回るのとは勝手が違ってきそうだが、ワールドクラスのスピードを披露して、優参へ突き進むか。穴軸は迷ったが、C新山を指名。今日の青龍賞は、ジャンで武田らを叩いて先行。9着大敗したものの、HBを奪うなど積極性は相変わらずだ。明日は吉田との先行争いは避けられないかもしれないが、主導権確保や中団からの先捲り決まれば、平原・渡邉に一泡吹かせることも期待したい。逃げ粘りたいB吉田、平原後位から伸び軽快のF木暮、新山番手から伸び見せたい@菅田、吉田マークから番手の仕事で突っ込みたD芦澤は、アタマ候補としても押さえておきたい。

<本線予想> 2=9 2=7 2→4 2→1
<穴予想> 4=3 4=1 4→9 4→5


《第10R S級西日本・準決勝》

本線 穴
    1 村上博幸(京都)
× ◎ 2 深谷知広(愛知)
○ ○ 3 原田研太朗(徳島)
  × 4 志智俊夫(岐阜)
    5 椎木尾拓哉(和歌)
☆ ☆ 6 小倉竜二(徳島)
    7 小川真太郎(徳島)
▲ ▲ 8 川村晃司(京都)
◎   9 三谷竜生(奈良)

並び ←FB6 HG15 A4
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

このレースは変則3分戦。近畿4車は、G川村が「三谷君へ」と話し、D椎木尾が「4番手で」を選択。徳島3車はF小川が「一番前で」、E小倉が「3番手で」と話して並びが落ち着いた。展開は、H三谷を差し置いて、F小川が同県の先輩を従えて積極的に仕掛けて行くと見る。しかし、先行よりも勝ち上がることを考えれば、捲りに回りそうなH三谷のスピード、立ち回りが頭一つリードと見て本命に推す。今日の白虎賞はジャン前から抑え先行を企図したが、竹内の単騎大カマシもあって難なく2番手を確保。第2先行から竹内に追い付いて、村上義とワンツーを決めた。明日も京都勢を後ろに置いてのレースだが、2着権利を考えれば、ある程度貯めて捲り返しからの強襲劇も想定しておきたい。対抗はB原田。今日の白虎賞は、前団のもつれを見ながらの捲り追い込みになって7着に終わったが、仕掛けた動きそのものは悪くなさそう。明日は同県の後輩・小川の仕掛けを活かして、番手捲り気味に出て行きたい。3番手に阿波の実力者・小倉もいるだけに、早目の差し交わしになれば、小倉とのワンツーはもちろん、他派との筋違い決着も考えておきたい。穴軸はA深谷。今日の二予では、山田久の先行をHS7番手から捲って見せた。番手が空いてしまい山田英に割り込まれG前で交わされたが、スピードそのものは決して悪くないし、身体の動きも重さは見られない。明日は近畿と徳島のつぶし合いになれば、まさに願ってもない展開になるし、日の丸戦士の豪脚を披露すれば、アタマ取りも十分だ。三谷番手のG川村のタテ脚、徳島3番手でも侮れないE小倉の立ち回り、深谷マーク喰らい付きたいC志智は、2〜3着候補としては必要になろう。

<本線予想> 9=3 9=8 9→2 9→6
<穴予想> 2=3 2=8 2→4 2→6


《第11R S級東日本・準決勝》

本線 穴
  ◎ 1 根田空史(千葉)
× ☆ 2 佐藤慎太郎(福島)
▲   3 吉澤純平(茨城)
    4 牛山貴広(茨城)
◎ ○ 5 新田祐大(福島)
    6 菊地圭尚(北海)
○ × 7 武田豊樹(茨城)
    8 志村太賀(山梨)
☆ ▲ 9 海老根恵太(千葉)

並び ←BF48 6 @9 D2
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

このレースは変則3分戦+単騎1車のライン構成となった。関東4車はG志村が「4番手を固める」とコメントし、一本にまとまった。一方、北日本単騎のE菊地は「一人で」を選択。展開は、大量4車ラインの長さを活かしてB吉澤が積極的に仕掛けて行くと見たが、やはり連日の脚勢からD新田を外すことはできず、中心視する。前述の通り初日同様、今日の青龍賞も個人上がり10秒9の爆発的な捲りで、他派を一蹴した。前回のGT・平塚ダービーとは全くの別人で、本来の新田のスピードがいかんなく発揮できている。明日は関東4車を相手に、2着権利の難しさを考えれば、マクリだけでなくカマシ先行も想定しての立ち回りになろう。いずれにしても、誰が新田を止められるのかだけが焦点のレースになるか。対抗はF武田。今日の青龍賞は、新山の番手・菅田に飛び付こうという動きも見せたが、捌かれてしまい惜しくも7着に終わった。しかしながら初日の特選予選のようなタテ脚勝負になれば、かなり状態が戻って来ているのが見て取れる。明日は吉澤の番手回りで展開有利に運べるだけに、イザとなれば番手捲りでの応戦もあろうか。穴軸としては@根田の一発に注目。初日の一予では、ハナに立った小松崎大を最終HSで叩き、HB奪っての逃げ切りを見せた。明日はライン2車となったが、吉澤がカカり切る前のカマシや先捲りで、海老根とのワンツーを決めたいところだ。新田番手に喰らい付きたいA佐藤、武田のアシスト受けて逃げ粘りたいB吉澤、根田マークから突っ込むH海老根あたりは、好配車券の対象としても押さえておきたい。

<本線予想> 5=7 5=3 5→2 5→9
<穴予想> 1=5 1=9 1→7 1→2


《第12R S級西日本・準決勝》

本線 穴
☆ ○ 1 浅井康太(三重)
▲ × 2 古性優作(大阪)
× ◎ 3 山田英明(佐賀)
    4 竹内雄作(岐阜)
○ ▲ 5 村上義弘(京都)
  ☆ 6 筒井敦史(岡山)
◎   7 脇本雄太(福井)
    8 北津留翼(福岡)
    9 稲垣裕之(京都)

並び ←C@ FA HD GB6
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

このレースは白虎賞と同様、近畿4車が京都勢と(脇本+古性)に分かれ、E筒井が「九州へ」と話して、ライン構成は4分戦となった。展開は、今日の白虎賞でジャンカマシを決めて、見せ場を作ったC竹内の先行意欲が高そうだが、F脇本も負けてはおらず、先行バトルの激化は避けられないか。しかし今節の流れから、先行・捲りいずれでも結果を残せるF脇本に◎印を付ける。今日の白虎賞は、竹内の先制を許して捲れず大敗したが、やはり初日の特選予選の捲りがインパクト十分で、上がり10秒7という驚異的なスピードは、簡単に我々の脳裏から離れそうにない。ならば、明日はその再現を見せてくれれば、優参だけでなく、そのままVロードへとつながって行くか。対抗はD村上。今日の白虎賞は、三谷の巻き返しから古性の捲りも退けて、見事に差し交わしての1着だった。明日は、初日の特選予選でも連携した盟友の稲垣に前を任せるが、イザとなれば自ら仕掛けて難局を打開することもあろうか。穴軸はB山田。一予スタートの山田だったが、3・1で無難に勝ち上がってきた。初日の一予は太田竜の先行を中団確保から捲り追い込んだし、今日の二予は深谷に捲られたものの、番手の吉田敏を捌いての差し交わしだった。総力戦になればなるほど力を発揮するタイプだが、明日は北津留に前を任せての番手戦。仮に北津留不発でも、持ち味のダッシュ力で捲り追い込んでの大外強襲劇も用意か。竹内の仕掛けで浮上の@浅井、脇本番手から地元の意地見せたいA古性はともにアタマ候補、今節のラッキーボーイで西日本3番手でも侮れないE筒井は究極のヒモ穴・3着穴候補として見逃せない存在だ。

<本線予想> 7=5 7=2 7→3 7→1
<穴予想> 3=1 3=5 3→2 3→6


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
今日は現地観戦、楽しみます。
9レースはなかばヤケクソで平原=渡辺。10レースは村上博選手から2着も近畿三名へ。12レースはそこまでの結果次第、要は村上義選手の勝ち上がり条件で変わりますから。
Posted by コタカ at 2018年06月16日 09:42
コタカさんへ

コメントありがとうございます。
近畿勢は三人が勝ち上がりましたが、コタカさんが所望されていた結果には至らなかったですね。なかなかウマイこと行きませんなぁ。
でも明日は近畿三人の内の誰かが優勝できるよう、応援してあげて下さい。
Posted by 山本D at 2018年06月16日 18:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183550732

この記事へのトラックバック