2018年05月25日

5/26 全プロ記念競輪・10〜12R「S級優秀」 予想

今週のブログ予想は、あす(26日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、全プロ記念競輪(FU)の初日10〜12R「S級優秀競走」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●全プロ記念FU・初日

《第10R S級優秀》

本線 穴
◎   1 浅井康太(三重)
    2 吉澤純平(茨城)
☆ ◎ 3 山田英明(佐賀)
    4 南 修二(大阪)
○ ▲ 5 諸橋 愛(新潟)
▲   6 金子貴志(愛知)
  × 7 香川雄介(香川)
  ☆ 8 小倉竜二(徳島)
× ○ 9 古性優作(大阪)

並び ←A5 H4 @6 B78
※「Keirin.jp」による

和歌山で行われた昨年の「全プロ」から早や1年。時の経つのは早いと嫌が上でも感じさせる。さてライン構成は想定通りの4分戦。四国マーク2車の前後は、F香川が「前を回らせてもらいます」。ライン3車のB山田もいるが、ここは2車でもA吉澤が駆けて行き、他派が捲り返すのがセオリーの流れか。中団の奪い合いも考えれば、タテ・ヨコ兼備の@浅井を予想の中心に据えることになろう。前回・京王閣GVは準決で不覚を取り、連続優参が5で止まったが、最終日の負け戦は1着で締めた。明日も、その京王閣・特秀戦と同様、巧みな立ち回りを見せて中団確保さえできれば、自分のタイミングで捲って決着を付けるか。対抗は吉澤番手のD諸橋。年明け以降、調子をつかみきれないままの着状況だったが、前回・名古屋GVは2月高松GV以来の優参(7着)。連日、前任せる自力型に恵まれたのもあるが、やっと本来の厳しいヨコの動きが戻って来たのも好結果に結び付いたか。明日は積極的な仕掛けが持ち味の吉澤が前だけに、捲り勢を止められれば関東ワンツーも十分。穴にならない穴軸はB山田。平塚ダービーは@・Aの勝ち上がりで期待されたものの、残念ながら準決敗退。今節と全プロ競技会に備えて、前回・別府FTを欠場しただけに調整十分と見たい。明日はライン3車ということで、位置的にも得意の一発捲りが出しやすいし、「カマシ先行」という奥の手もある。「SPR賞」連覇かかるH古性の総力戦、浅井マークE金子の伸び、山田追走からのF香川のイン突っ込みだけでなく、その後位G小倉の強襲にも注意を払いたい。

<本線予想> 1=5 1=6 1→9 1→3
<穴予想> 3=9 3=5 3→7 3→8


《第11R S級優秀》

本線 穴
× ◎ 1 木暮安由(群馬)
○   2 三谷竜生(奈良)
  × 3 原田研太朗(徳島)
    4 橋本 強(愛媛)
  ▲ 5 中村浩士(千葉)
☆   6 竹内雄作(岐阜)
▲ ○ 7 村上義弘(京都)
    8 渡部哲男(愛媛)
◎ ☆ 9 吉田敏洋(愛知)

並び ←EH AF B48 @5
※「Keirin.jp」による

このレースも4分戦。D中村が「何度も連携ある木暮君へ」とコメントして東日本ラインとなったほか、愛媛2車の前後はC橋本が「原田君の番手へ」。展開はE竹内・A三谷の激しい主導権争いが見込まれるが、ライン3車B原田の積極駆けも。ただ近歴復活傾向顕著な竹内が最終BKを奪うと見て、番手回るH吉田を本命視する。前回・地元名古屋GVは準決で4着惜敗。@・@での勝ち上がりで決して調子は悪くなかっただけに、悔しい思いだったはず。明日はその名古屋GVでも連携した竹内が前回りで安心してマークできるし、不発でも自力発動で難局を打破するか。対抗はA三谷。平塚ダービー決勝では、脇本雄のジャン前カマシをきっちり追走して差し交わし、V2を達成した。前回・名古屋GVは欠場だが、平塚での走りを見る限りは状態に問題はなさそう。明日は村上を従えての自力戦だが、連携実績も多く、先着しているケースも少なくない。先行・捲り両面で近畿ワンツーを目指してもらいたい。このレースの穴軸も、穴にならないだろうが@木暮を指名。平塚ダービーは二予敗退したが、前回・京王閣GVはA・A・2・Aで準V。連日、平原康の前・後ろでガード役に徹したのが、4走連続2着につながった。明日は切れ目からの一発狙いになるだろうが、自分のタイミングで捲り返せれば、アタマ争いも十分だ。三谷の積極掛けから伸びるF村上、木暮マークから突っ込むD中村はもとより、印は回らなかったがB原田が先導する四国3車絡みの車券も押さえておきたい。

<本線予想> 9=2 9=7 9→1 9→6
<穴予想> 1=7 1=5 1→3 1→9


《第12R S級優秀》

本線 穴
▲   1 佐藤慎太郎(福島)
×   2 桑原大志(山口)
☆ ▲ 3 稲垣裕之(京都)
  ○ 4 岩津裕介(岡山)
◎ × 5 平原康多(埼玉)
○   6 太田竜馬(徳島)
  ◎ 7 村上博幸(京都)
  ☆ 8 稲川 翔(大阪)
    9 成田和也(福島)

並び ←E42 D19 B78
※「Keirin.jp」による

このレースは3車ずつのきれいな3分戦。福島2車の前後は@佐藤が「平原へ」とコメントし、E太田の番手は、C岩津が「桑原さんに譲ってもらった」。展開はやはりE太田が果敢に先行する可能性高いが、D平原・B稲垣の巻き返しも早くなりそうだ。いずれにしても力的に一歩リードするD平原の主軸は動きそうにない。前回・京王閣GVは、同地区選手の厚いアシストを受けて完全優勝。平塚ダービー準決敗退の憂さを晴らした。その京王閣終了後も「追いこんでやれた」と話すなど、今節も好調はキープできていよう。明日は得意の立ち回りで中団確保さえできれば、最終BKの時点で早くも「勝負あり」となるか。対抗はE太田に期待する。前回・名古屋GVは特選・優秀回り(B・E)だったが準決敗退(6着)。平塚ダービー・ウイナーズCでは二予落ち、全日選では一予落ちとトップグレード戦で結果残せずが続く。先行できるのにしていない、捲りの展開を作ろうとしてイン詰まるなど、敗因はハッキリしている。成長が求められている選手だけに、明日は思い切って歴戦の強者たちに先行という形でぶつかって、「SPR賞」進出という結果を残してもらいたい。穴軸はF村上。平塚ダービーでは全日選に続いてのGT優参を果たし、決勝では近畿4番手からの流れ込みながらも、4着でライン固めの役割を果たした。前回・別府FTでは、南潤の先行を差し交わしてV飾るなど、調子も流れも良い。明日は、前回る稲垣を信頼しての追走から、直線差し交してSPR賞へ進出するか。太田マークから伸び返すC岩津、平原マーク喰らい付く@佐藤、再浮上のきっかけつかみたいB稲垣は、アタマ候補としても見逃せない。

<本線予想> 5=6 5=1 5→2 5→3
<穴予想> 7=4 7=3 7→5 7→8


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183321726

この記事へのトラックバック