2018年05月18日

5/19 名古屋記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(19日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、名古屋記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●名古屋記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
◎   1 中川誠一郎(熊本)
○ ○ 2 吉田拓矢(茨城)
    3 齋藤竜也(神奈)
  ☆ 4 鈴木謙太郎(茨城)
▲   5 園田 匠(福岡)
  × 6 村田雅一(兵庫)
☆ ▲ 7 渡邉雄太(静岡)
×   8 山崎賢人(長崎)
  ◎ 9 稲川 翔(大阪)

並び ←G@5 F3 96 AC
※「CHUBU NET」による

ライン構成は想定通りの4分戦。茨城コンビの前後はA吉田が「自力で」、近畿2車はH稲川が「自分で」とコメント。BK11本でライン3車となるG山崎が飛ばして行く展開濃厚だが、BK15本F渡邉も黙ってはいない。A吉田は捲り・カマシの両面作戦だろうし、H稲川は切れ目からの総力戦になろう。ただ山崎が主導権取り成功なら、番手捲り気味に@中川が抜け出し図ると見て、予想の中心に据える。平塚ダービーは予選スタートから2・1で準決まで進出し、力上位であるところを示した中川。今節も初日特選はHS捲りで快勝、優秀はけん制を喰らいながらも二の脚使って追い込んで2着と、状態仕上がっていると見た。明日は小川が前回りというこれ以上ない番組だし、負けられない一戦か。対抗にはA吉田を指名。平塚ダービーは4・4・6・6と一予敗退。ただ決して力負けではなく、連日、自分でレースを作りに行きながら展開が向かなかった故と考える。今節は初日特選で、最終3角から豪快な捲り追い込みで快勝。明日は同県・鈴木を従えているだけに、ある程度早めの仕掛けも求められようし、タイミングはまれば茨城ワンツーも十分。穴軸はH稲川を抜てき。ダービーは特選スタートながら、D・4・4・1で二予落ち。しかし4走目は古性優の先行を活かしてきっちり差し交わした。明日は切れ目からの自在戦だが、混戦状態からここ一番で見せるタテ脚が炸裂なら好配提供だ。F渡邉の粘り腰、D園田の直線強襲、G山崎の持久力、近歴絶好調E村田のタテ含みの捌きあたりは、2〜3着受けから外せない。まさに準決イチの大混戦だ。

<本線予想> 1=2 1=5 1→8 1→7
<穴予想> 9=2 9=7 9→6 9→4


《第11R S級準決勝》

本線 穴
  ☆ 1 笠松信幸(愛知)
▲ ◎ 2 諸橋 愛(新潟)
    3 内藤宣彦(秋田)
×   4 佐々木豪(愛媛)
  ○ 5 志智俊夫(岐阜)
    6 松尾信太郎(福岡)
○ × 7 柴崎 淳(三重)
☆ ▲ 8 鈴木竜士(茨城)
◎   9 坂本亮馬(福岡)

並び ←CH6 3 F15 G2
※「CHUBU NET」による

このレースはB内藤が「一人で」とコメントし、3分戦+単騎1車の構図。しかし各ライン一長一短あり、なかなかの混戦か。展開はC佐々木の積極駆けを、中部・関東両派が捲り返すのがセオリーだが、G鈴木が早目に反撃してくるのも注意したい。いずれにしても佐々木が主導権取りなら、番手回るH坂本にチャンス到来で◎印を付ける。平塚ダービーは予選スタートから1・1・9・8と準決まで進出。連勝した一予・二予の動きも自力(一予)・番手戦(二予)ともに合格点で、今後の坂本のレーススタイルを確固としたものにさせたといっても過言ではない。明日はイザとなれば番手捲りで他ラインの巻き返しに応戦し、アタマ取りで優参決めよう。対抗はF柴崎。こちらもダービーでは3・2・8・4で準決進出と、好結果を残した。前々回の地元・四日市FTでの優勝の流れをキープした。今節も初日特選で、石塚輪をジャンで叩いて先行。田中晴に叩かれたものの、番手にはまり捲って吉田敏とワンツー決めた。明日も先行・捲り両面作戦で力出し切れれば、中部上位独占も期待できよう。穴軸はA諸橋。SS班の重圧か、なかなか結果を出せていないようにも見えるが、二予敗退した前回・ダービー3走目(5着)で大塚健と大競りを繰り広げるなど、次第に手応えは感じているようだ。今節A・Dの勝ち上がりも、前の仕掛けにしっかり乗っかっての着だけに、明日も鈴木を巧みに操縦してワンツー決めるか。そのG鈴木の総力戦、柴崎後位@笠松−D志智の伸び、C佐々木の残り目にも要注意だ。

<本線予想> 9=7 9=2 9→4 9→8
<穴予想> 2=5 2=8 2→7 2→1


《第12R S級準決勝》

本線 穴
▲   1 竹内雄作(岐阜)
× ◎ 2 椎木尾拓哉(和歌)
○ × 3 太田竜馬(徳島)
    4 阿部拓真(宮城)
◎   5 吉田敏洋(愛知)
    6 松崎貴久(富山)
  ▲ 7 川村晃司(京都)
  ☆ 8 梁田一輝(静岡)
☆ ○ 9 渡部哲男(愛媛)

並び ←@D6 C B9 G F2
※「CHUBU NET」による

C阿部・G梁田が「単騎で」とコメントし、ライン構成は3分戦+単騎2車。展開は、B太田を退ける形で@竹内が主導権を握り、近畿や単騎勢が捲り返すと見た。竹内主導権なら、番手回るD吉田は差し交わすタイミングだけとなるのは確実で、吉田に◎印。平塚ダービーは、二予で落車敗退も、1・落・3・2と元気なところを見せた。4走こなしたのは「GWで病院が休みだから」と、吉田らしくあっけらかんと理由を前検日に説明したが、この好績が今節の連勝スタートにつながっているのは間違いない。明日も竹内が前回りで、イザとなれば番手捲りで後続を突き放し、当地記念連覇への挑戦権確保か。対抗はB太田。BK10本で先行の決まり手も多い(6回)が、ここ一番での消極さが玉にキズか。ダービーでは、2・7・9・8で二予敗退。負け戦2走も、自分のレースをさせてもらえず大敗。今節はここまでB・Eでの勝ち上がり。ただ初日特選は仕掛ける機会を与えてもらえない中での3着だけに、明日は思い切った走りで渡部とのワンツーを期待したい。穴軸はA椎木尾。特選スタートで、和歌山のファンが期待したダービーはE・5・5・5で、見せ場すらなく中間着のオンパレードで終わった。しかし今節の初日特選は、山田久の捲り不発から3着まで突っ込んで来て、しぶといところを見せた。明日は川村に前を任せるが、捲り不発になっても、大外・インを強襲して穴党ファンに貢献してくれるか。逃げ粘る@竹内の残り目、F川村の切れ目から飛んで来るスピード、太田マークH渡部の突っ込み、単騎だからこそ怖いG簗田の総力戦は、アタマ候補と見ても不思議ではない。

<本線予想> 5=3 5=1 5→2 5→9
<穴予想> 2=9 2=7 2→3 2→8


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
名古屋記念準決勝、10レースは九州でイケるでしょう。ただ問題は私推しの園田選手がアタマまで来てくれるかどうか?仕方ないので1-5-8まで面倒みときます。11レースは私と相性いい鈴木竜に期待で関東折り返し勝負。ついでで福井ガールズは決勝より一般戦の近畿勢上位独占で7=5にします。
Posted by コタカ at 2018年05月19日 13:25
コタカさんへ

コメントありがとうございます。
10Rは、コタカさん推しの園田がG寸前で落車。あれがなかったら、優参だったんでしょうけどね…。
11Rはこちらもコタカさん推しの鈴木が、志智に一方的にキメられ見せ場作れず。志智の失格は当然としても残念でしたね。
おまけに福井ガールズ一般戦も近畿2車がともに敗退。門脇こそ3着でしたが、浦部が末着では…。
まぁ長く競輪やってたら、こんな日もありますよね。残念でした!
Posted by 山本D at 2018年05月20日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183263308

この記事へのトラックバック