2018年04月20日

4/21 西武園記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(21日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、西武園記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●西武園記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
  ▲ 1 新山響平(青森)
◎   2 武田豊樹(茨城)
  ☆ 3 西岡正一(和歌)
☆   4 岡 光良(埼玉)
  × 5 坂本亮馬(福岡)
    6 馬場 勇(熊本)
○ ○ 7 吉田敏洋(愛知)
×   8 鈴木謙太郎(茨城)
▲ ◎ 9 和田 圭(宮城)

並び ←G24 @9 F3 D6
※「Keirin.jp」による

ライン構成は想定通りの4分戦。BK12本の@新山いるが、G鈴木が武田を従えて積極的な仕掛けを見せ、他派が捲り返す展開が濃厚か。そうなれば、実力者のA武田に自ずと流れが向いて、レースの主軸を担う。前回・川崎ナイターGVはよもやの二予敗退も、今節は@・Bとさすがの勝ち上がり。初日特選は金子幸の先行から抜け出し、今日の優秀は関東三番手から余裕の流れ込み。明日も、僚友の鈴木が飛ばして行けば、残し気味の差し交わしでライン上位独占まで期待したい。対抗はF吉田。前回・伊東温泉FTは@・2・Aの準V。決勝ではHSから捲りも、小川真に併され後塵を拝した。今節はF・3で何とか勝ち上がってきたが、明日は西岡のアシストも活かして、坂本より先に捲って前団に迫りたい。穴軸はH和田。タテ脚含みの堅実なマーク戦が武器だが、前回の高知FTではH・2・Eで優参。3場所前の大宮FTでは準Vなど、ツボにはまれば好績を残している。明日は新山に前を任せるが、主導権を奪取してくれれば、番手捲り気味に差し交わして後続の追撃を許さないか。吉田マークB西岡の強襲劇、一発捲るD坂本のスピード、先行するG鈴木・@新山の粘り腰は、2〜3着受けには無視できない。

<本線予想> 2=7 2=9 2→8 2→4
<穴予想> 9=7 9=1 9→5 9→3


《第11R S級準決勝》

本線 穴
○ × 1 浅井康太(三重)
☆ ◎ 2 小倉竜二(徳島)
× ○ 3 木暮安由(群馬)
    4 小川勇介(福岡)
▲ ▲ 5 成田和也(福島)
    6 阿部大樹(埼玉)
◎   7 三谷竜生(奈良)
    8 門田 凌(愛媛)
  ☆ 9 筒井敦史(岡山)

並び ←G29 F5 @C BE
※「Keirin.jp」による

ここも4分戦だが、@浅井・F三谷がそれぞれ「自力」とコメントして中近連携はなし。C小川が「同期の浅井君へ」、D成田が「三谷君マーク」を選択。準決イチの激戦だが、G門田が若さに任せて飛ばして、各ライン早目の巻き返しというのがセオリーか。捲りラインの先頭3車はいずれも強力だが、結果を残しているF三谷に◎印。前回・武雄GVは準決敗退したが、仕掛けの動きは決して悪くなく、最終日も1着で締めた。今節は中3日でコンディションが心配されたが、勝ち上がりを見る限り心配無用。明日は、門田を力ずくでねじ伏せに行けるが、無理せず自分のタイミングでの捲り返しでアタマ取りも十分。対抗は@浅井。前回・川崎ナイターGVは決勝3着。シリーズ通じても、走りそのものは全く危なげなかった。決勝も白戸淳のブロックがなければ優勝だったろう。明日は中団取りも激しくなるが、三谷や木暮よりも先に捲り返したい。穴にならないが穴軸はA小倉。近歴は充実しているものの、前回の武雄GVは準決敗退し、最終日も車体故障と、以降の流れが悪くならないか心配された。しかし今節は初日特選こそ4着だったが、今日の二予は同県・小川真太郎の仕掛けを活かして1着と、流れを取り戻した。明日も二予と同様、門田という機関車役がいるだけに、番手の仕事をきっちりこなしてアタマで優参を決めようか。B木暮の総力戦、D成田の熟練の捌き、中四国3番手H筒井の伸び、印は回らなかったがC小川の突っ込みはアタマ候補としても考えたい。

<本線予想> 7=1 7=5 7→3 7→3
<穴予想> 2=3 2=5 2→1 2→9


《第12R S級準決勝》

本線 穴
◎ ☆ 1 平原康多(埼玉)
× ○ 2 中村浩士(千葉)
  ◎ 3 桑原大志(山口)
☆   4 宿口陽一(埼玉)
○ × 5 松谷秀幸(神奈)
    6 大瀬戸潤一郎(広島)
▲   7 芦澤大輔(茨城)
    8 武井大介(千葉)
  ▲ 9 井上昌己(長崎)

並び ←C@7 D28 H36
※「Keirin.jp」による

ライン構成は想定通りのきれいな3分戦。松谷・井上は捲り志向だけに、番手に地元のエース・平原を従えるC宿口の積極駆けは当然の流れか。ならば番手捲りの条件が整う@平原が絶対的中心だ。前回・川崎ナイターGVは3場所前の名古屋GV準決での落車からの大事を取って欠場。ウイナーズC準Vも「あまり調子が良くなかった」そうだが、それであの結果なら準備万端整えた今節の@・@の勝ち上がりは当然か。明日は宿口という強力な援軍が引っ張るだけに、取りこぼしは許されず、3番手固める芦澤とのワンツーが基本線か。対抗はD松谷。前回は地元・川崎ナイターGV。準決で前任せた郡司浩が不発で敗退したものの、節間の調子は決して悪くなかった。明日は自力戦だが、中団確保のための捌きはお手のものだけに、早目の捲り返しで首位争いまで迫るか。穴軸はB桑原。SSユニフォームが重いのか、年明け以降やや精彩を欠いていたが、前回・川崎ナイターGVは準決で今年初勝利で、今年初優参(7着)。それがきっかけになったか、今節も初日特選で3着に入り、準決進出を決めた。その準決がカベになっている桑原だが、明日は井上に惰力をもらって直線一気に突っ込めば、穴党に好配をプレゼントするか。平原マークから伸び見せるF芦澤、松谷の仕掛けから混戦突き破るA中村、捲り返しのスピードなら見劣りしないH井上が絡めば、組み合わせ次第で好配必至だ。

<本線予想> 1=5 1=7 1→2 1→4
<穴予想> 3=2 3=9 3→5 3→1


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183039215

この記事へのトラックバック