2018年04月20日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、武雄記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【10R】
号砲直後のけん制の後、H松川高大が誘導を追いかけ正攻法に収まる。周回中の位置取りは、九州2車−近畿2車−茨城2車−北日本2車−単騎のE谷口明正の順。赤板HS(残り2周)からD阿部拓真が上昇すると、併せようとC野原雅也も前々踏み上げる。阿部ラインを追走した谷口が、赤板過ぎの1角でイン切り気味にハナを切ると、F吉田拓矢が踏み込んで先頭に躍り出る。叩かれた谷口が3番手に収まると、ジャン過ぎから巻き返しに出た野原が最終HSで吉田を叩いて主導権を奪う。しかし、野原の仕掛けを追った松川が捲り返しに出ると、@園田匠を捌いた阿部が松川後位を奪い追走。松川が最終3角で野原を捉えると、番手から阿部が抜け出して1着になる。2着には松川が粘り、捌かれた後もあきらめずに松川を追った園田が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 D→H 20840円
 3連単 D→H→@ 83670円

【11R】
このレースも号砲直後にけん制が入り、その後内枠3車とD村上義弘が車を出し、正攻法を確保した村上が@三谷竜生を迎え入れる。周回中の位置取りは、近畿・中部3車−中国2車−単騎のF山賀雅仁−単騎のE東矢昇太−北日本2車の順。青板3角(残り2周半)から、H小松崎大地が踏み上げて正攻法の三谷を抑えると、三谷は車を下げ、小松崎を追走したC清水裕友が三谷・小松崎をそれぞれ抑えながら上昇してハナに立つ。清水の動きに山賀も切り替え追走し、小松崎は4番手に収まる。さらに内をすくった東矢が6番手位置に追い上げ、三谷は7番手まで下げさせられる。清水はジャン過ぎ2センターから全速スパートに入ると、最終HSから三谷が先に捲り返しを仕掛ける。これを見た山賀が3番手から併せて捲り上げると、横まで来た三谷を自らけん制して止める。すると、三谷マークの村上が俊敏に山賀後位へ切り替え、さらにゴール直前で山賀を捉えて1着になり通算600勝を決める。2着には山賀、3着には村上を併せながら内で並走した小松崎が入る。

<結果・払戻金>
 2車単 D→F 5740円
 3連単 D→F→H 99030円

【12R】
このレースも号砲直後けん制状態となり、A和田真久留・B坂口晃輔・F永澤剛の3車が飛び出し、永澤が和田を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、南関・北日本2車−中部2車−西日本3車−近畿2車の順。青板1センター(残り3周過ぎ)から、G中西大が早くも上昇して中団のE山崎賢人を抑えると、山崎はスンナリ車を下げ、中団と後方が入れ替わる。赤板HS(残り2周)から、今度は山崎が上昇し、中西が併せようとするのも構わず、ジャン前1センターでハナに立つ。山崎はそのまま全速先行に入り、番手マークの@山田英明は早々と車間を切って後続の仕掛けをけん制。中西は4番手に収まるも、3車身ほどの車間を詰めた勢いで最終HSから捲り返しに出る。しかし山田が最終1角で中西を厳しくブロック。ところが、和田が空いたインをすくって捲り上げ先頭に躍り出る。山田は追走に窮した長澤が空けた和田後位に切り替えると、直線で渾身の差し返しを見せて1着となる。2着には和田が残り、3着にはD竹内雄作の捲り追い込みに乗って内伸びた坂口が確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→A 1000円
 3連単 @→A→B 5340円

武雄記念の準決勝はいずれもライン間の激しい入れ替わりが繰り広げられ、10・11Rは波乱となりましたが、12Rは本命に推された地元の山田が意地を見せました。
10Rは、捲り返した松川後位を園田から奪って、直線で松川を差し交した阿部が金星を挙げました。このシリーズのラッキーボーイ的存在で優参を果たした阿部ですが、元々自在型ですので園田を捌いた動きも堂に行っていました。記念準決・決勝進出が初めてだったそうですが、今後の飛躍が期待できそうな予感をさせる連日の走りでした。一方、本命視された吉田は落車棄権。ジャン前で一旦ハナに立ったことで、やや安心してしまったかもしれません。野原の巻き返しに抵抗できず、勝負所で後塵を拝してしまったのは頂けません。レースの組み立てとしては失敗だったでしょう。ただそれ以上に平塚ダービーに向けて、ケガの具合も心配です。じっくり調整してダービーを迎えてもらいたいと思います。
11Rは、村上が見事なコース取りで通算600勝を挙げました。清水の先行を三谷が最終HSから捲り返し。それに併せて出た山賀自身のけん制で三谷が失速しましたが、すかさず内に降りて山賀後位からズバッと突っ込んできたところはさすがの一言で、通算600勝にふさわしい1着だったと思います。この日のような追込みを出しながらも、若手を寄せ付けない自力戦もこなすという、まさに「魂」の走りを見せてくれるからそ、ファンも選手も魅了させるのでしょう。自力戦となった決勝でも、最終BKから捲り返しました。4着にこそ終わりましたが、地元勢をつぶしに行くという気合いが感じられたレースぶりでした。本人にとってもこれはあくまでも通過点でしょうし、競輪ファンの一人として村上の700勝・800勝を期待したいと思います。
12Rは、山田の気迫あふれる立ち回りが素晴らしかったです。中西をけん制した所までは良かったものの、まさかの和田のイン捲り。しかし、和田後位の永澤が離れているのを察知してからの番手はまりは、落ち着いていました。もちろんゴール前の差し脚は、マーク選手以上の迫力を感じさせました。そして決勝でも松川の頑張り(先行)を最大限に活かして、見事な地元記念優勝を果たしました。GT優参を果たすなど、タイトル奪取も夢ではないところまで来ている山田だけに、今後のさらなるレベルアップに期待したいと思います。

さて今週の番組は、「明日のレースの見どころ&注目選手ピックアップ」をお送りします。明日の西武園記念10〜12R「S級準決勝」の中から、注目選手をピックアップしてご紹介します。なおヘボヘボ予想の当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183026852

この記事へのトラックバック