2018年04月13日

4/14 武雄記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(14日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、武雄記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●武雄記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
× ◎ 1 園田 匠(福岡)
☆ ○ 2 東口善朋(和歌)
▲   3 杉森輝大(茨城)
  ☆ 4 野原雅也(福井)
    5 阿部拓真(宮城)
    6 谷口明正(三重)
◎ × 7 吉田拓矢(茨城)
    8 坂本貴史(青森)
○ ▲ 9 松川高大(熊本)

並び ←C2 DG E F3 H1
※「Keirin.jp」による

ライン構成は4分戦+単騎1車。E谷口が「単騎でやりたい」とコメントし、北日本はD阿部が「自力主体に」、茨城2車はF吉田が「自分が前で」とそれぞれ前回りを宣言。BK11本のC野原が積極的な仕掛けを見せるところを、D阿部・F吉田も早目に巻き返して来るか。先行・捲りいずれにしても力上位のF吉田がレースの中心。前回・別府FTは優参も、D・2・Bと未勝利に終わった。しかし今節は、初日特選で村上義の先行を捲って快勝と、好調と見て良さそう。対抗はH松川。前々場所の小倉FTでH・1・@と優勝。昨秋以降、コンスタントに優参を重ねていたが、いよいよ本格化か。今日の二予では根田空のマイペース先行を捲り切って1着。明日は前団がもつれれば、得意の一発捲りが炸裂か。穴軸はその松川をマークの@園田。前回・福井FTではF・1・@でV。決勝では池田勇の捲りを3番手追走から直線一気に突き抜けた。今節の@・Bでの勝ち上がりから、その勢いは続いている。明日は松川マークだが、惰力をもらった上での直線強襲はお手のもの。アタマ取り決めて好配演出か。野原マークから伸びるA東口、吉田とワンツー決めたいB杉森、逃げ粘り見せたいC野原はアタマ候補としても妙味十分だ。

<本線予想> 7=9 7=3 7→1 7→2
<穴予想> 1=2 1=9 1→7 1→4


《第11R S級準決勝》

本線 穴
◎   1 三谷竜生(奈良)
○ × 2 大槻寛徳(宮城)
  ◎ 3 友定祐己(岡山)
☆ ▲ 4 清水裕友(山口)
▲ ○ 5 村上義弘(京都)
    6 東矢昇太(熊本)
  ☆ 7 山賀雅仁(千葉)
    8 山口富生(岐阜)
×   9 小松崎大地(福島)

並び ←@58 C3 F H2 E
※「Keirin.jp」による

E東矢・F山賀がともに「単騎でも自力」とコメントし、このレースは3分戦+単騎2車の構成。ラインの先頭3車はいずれも捲りが多いものの、BK本数も多く、ハラの括った主導権争いもあろう。しかしライン3車の長さを活かして、@三谷が主導権確保からそのまま押し切ってしまうか。前回・ウイナーズCは3連勝で優参も、決勝(4着)は決死のイン粘りがアダとなってしまった。ただ今節の@・Cの勝ち上がりは、いずれもBKを奪う積極戦だ。明日は村上のアシストも受けて、確実に優参を決めるか。対抗はA大槻を抜てき。前回・立川FTはB・3・@で優勝。南関3番手回った決勝は、番手捲った和田健をG寸前捉えた。今節のA・Gでの勝ち上がりも、初日特選は前述の吉田拓マークからで、余裕十分にも見えるレースぶり。明日は小松崎を巧みにコントロールして、直線まさに余裕残しで抜け出すか。穴軸はB友定を抜てき。全日選(二予敗退)直後に完全Vした佐世保FTを含め、5連続FT優参。今節も、初日特選で三谷竜マークを離さず2着に粘るなど好調キープか。佐世保FT優勝に貢献した清水が前回りだけに、明日もワンツーで優参決めるか。三谷追走から抜け出すD村上は当然だが、逃げ残り狙うC清水・H小松崎、展開見極めて一発狙うF山賀は2〜3着受けでは足らないかも。

<本線予想> 1=2 1=5 1→9 1→4
<穴予想> 3=5 3=4 3→2 3→7


《第12R S級準決勝》

本線 穴
◎   1 山田英明(佐賀)
○ ○ 2 和田真久留(神奈)
☆ ▲ 3 坂口晃輔(三重)
  ☆ 4 鷲田佳史(福井)
× ◎ 5 竹内雄作(岐阜)
    6 山崎賢人(長崎)
  × 7 永澤 剛(青森)
    8 中西 大(和歌)
▲   9 小倉竜二(徳島)

並び ←E@9 G4 D3 A7
※「Keirin.jp」による

ライン構成は当初の想定通りの4分戦。積極駆けなら負けないG中西もいるが、やはり地元の山田を背負うE山崎が引っ張る流れになるか。ならば番手捲り必至となる@山田が自ずと中心的存在だ。前回・小松島トラック支援GVは3連勝で見事な完全V。地元記念となる今節も、勢いそのままにA・Dで勝ち上がってきた。初日特選は太田竜の積極駆けを活かし、番手で根田空の捲りを巧みにけん制。3番手の園田に交わされたものの、落ち着いた番手戦を披露した。明日は前回りが111期特進組の山崎だけに、ハナさえ切ってもらえれば、自分のタイミングで番手捲って優参決めよう。対抗はA和田。前々回・いわき平FTでA・1・@のV、前回・宇都宮FTも@・1・Aで準Vと絶好調。今節のB・Aの勝ち上がりにも死角は見当たらない。明日は主導権争いを見ながら、自分のタイミングで捲り返してアタマ取り決めるか。穴軸はD竹内。今年に入ってから何かチグハグな竹内だが、着状況はともかく、やっと走りがいつもの形になってきた感がある。明日は坂口を従えるが、無理に先行争いに行かず、持ち前のスピードで一気に前団を飲み込んでくれるのを期待したい。九州3番手も巧追走から直線伸びるH小倉、竹内マークから混戦切り込むB坂口、同様に和田マークから直線強襲したいF永澤、中西主導権なら番手から抜け出し波乱演出するC鷲田あたりは2〜3着受けで必要だ。

<本線予想> 1=2 1=9 1→5 1→3
<穴予想> 5=2 5=3 5→7 5→4


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182971551

この記事へのトラックバック