2018年03月30日

3/31 高知FT・11R「S級決勝」 予想

今日のブログ予想は、あす(31日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、高知FT「S級シリーズ・デイリースポーツ杯争奪戦」最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●高知FT・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
× ☆ 1 佐々木則幸(高知)
  ○ 2 飯野祐太(福島)
○ ▲ 3 中村浩士(千葉)
    4 齋藤竜也(神奈)
◎ × 5 渡部哲男(愛媛)
▲   6 掛水泰範(高知)
☆   7 渡邉雄太(静岡)
  ◎ 8 稲毛健太(和歌)
    9 原田研太朗(徳島)

並び ←HE51 G F34 A
※Keirin.jpによる

大量優参の地元勢が団結。しかし南関勢が抵抗なら、単騎勢にもチャンス巡るか。
動向が注目された四国勢は、H原田が「先頭で」、E掛水が「原田マーク」、D「掛水君の後ろ」、@佐々木が「四国連係で」とコメントして4車が一本に。南関3車はB中村が「渡邉君のハコ」と話し、想定通りの隊列。残るA飯野・G稲毛は「単騎でも自力」を選択し、ライン構成は2分戦+単騎2車となった。展開は、原田が二段駆け含みで飛ばすウイナーズカップの再現が濃厚だが、渡邉もそうはさせじと先行バトルを挑んで来るか。しかしラインの長さを活かして掛水の番手捲りが決まれば、3番手追走から早目の差し返し見せそうなD渡部に◎印を付ける。地元での前回・ウイナーズCは注文通り原田の主導権にもかかわらず、三谷竜によもやのイン粘りを喰らい7着に終わった。不完全燃焼に終わったことでモチベーションが心配されたが、好調キープを裏付けるC・1の勝ち上がり。今日の準決はBK捲りの原田番手からチョイ差し決め、決勝の予行演習も完了だ。明日は前の2車次第になるが、掛水が早目に番手捲れればウイナーズCの無念を晴らすV決めるか。対抗はB中村。3場所前の全日選はA・C・4・7で準決敗退。しかしその後も、京都向日町FTで決勝3着、ウイナーズCは一予敗退も負け戦で2勝とまずまずの脚勢。今節は先導役に恵まれているとはいえ、特選スタートから連勝で優参と、番組・展開も味方に付けている。明日は、初日特選でワンツー決めた渡邉に前を任せるが、主導権取りに成功すれば車間を切ってけん制してからの差し交わしでVゴール駆け抜け、ライン上位独占も見せるか。
穴軸はG稲毛に期待。小倉・松阪とFT連続優参で期待されたウイナーズCは、初日特選繰り上がりを活かせぬままH・4・9・7と惨敗。ただ4走中2走でBKを奪うなど調子は決して悪くなさそうだ。事実今節は、予選スタートながら1・3での勝ち上がり。初日は2センターからの捲り追い込み、今日の準決はHSから逃げて粘ったもので、気配面でも急上昇だ。明日は、四国勢と南関勢との仕掛け合いから、タイミング良く捲り返せば穴党に好配を提供だ。単騎勢のもう一車A飯野の一発捲り、番手捲るE掛水の粘り脚、主導権取りからF渡邉の逃げ粘り、ライン4番手でも地元バンクを知る@佐々木の直線強襲は2〜3着候補以上の存在だ。

<本線予想> 5=3 5=6 5→1 5→7
<穴予想> 8=2 8=3 8→5 8→1


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182846112

この記事へのトラックバック