2018年02月23日

2/24 奈良記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(24日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、奈良記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●奈良記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
○ × 1 稲垣裕之(京都)
◎   2 吉澤純平(茨城)
  ☆ 3 三谷将太(奈良)
    4 永井清史(岐阜)
☆ ▲ 5 松谷秀幸(神奈)
▲   6 磯田 旭(栃木)
  ○ 7 筒井敦史(岡山)
× ◎ 8 桐山敬太郎(神奈)
    9 澤田義和(兵庫)

並び ←C7 A6 GD @39
※Keirin.jpによる

F筒井が「永井くんへ」とコメントし、ライン構成は4分戦。南関2車の前後は、G桐山が「前で」とコメント。A吉澤とC永井が主導権争いするところを、他派が捲り返すという流れか。ただ現状の脚力を比較すれば、A吉澤が一歩リードしている感があり、先行・捲りいずれになっても力を発揮すると見て◎印を付ける。前回・全日本選抜で優参を決めたが、連日BKを奪う積極的な走りは、本格化を感じさせた。今節はBKこそ奪えていないが、初日特選は番手捲りの早坂秀に迫る好気配の脚色だった。対抗は@稲垣。四日市・全日選は、E・1・9・1で二予落ちを喫したものの、2勝を挙げた。脚勢そのものは決して悪くないが、やや物足らない感があるのも事実。しかし今節は、初日特選で突っ張り先行の構えを見せ、今日の優秀戦では地元3番手ながらも最終3角から外に持ち出して突っ込むなど、A・Aという着状況以上の脚色だ。明日は自力戦だが、前団が混戦になれば、一気の捲り返しで決着を付けるか。穴軸はG桐山。全日選では一予落ちを喫したが、2日目では位置取ってからのHS先行で1着。最終日は、郡司浩のジャン先行追走から、小川真のX字攻撃を喰らったものの2着を確保した。明日はまさに総力戦となるが、何でもやれる立ち回りの器用さゆえ、勝負所では存在感を示す走りができるはずだ。永井の主導権取り成功ならば番手から抜け出すF筒井、同様に桐山追走からタテ脚含みの差し脚披露のD松谷、吉澤追走から他派を蹴散らすE磯田、稲垣後位から地元の意地見せるB三谷といった番手マーク陣も侮ることはできない。

<本線予想> 2=1 2=6 2→8 2→5
<穴予想> 8=7 8=5 8→1 8→3


《第11R S級準決勝》

本線 穴
◎ ○ 1 武田豊樹(茨城)
○ ▲ 2 中井太祐(奈良)
  ☆ 3 湊 聖二(徳島)
☆ × 4 櫻井正孝(宮城)
× ◎ 5 香川雄介(香川)
    6 石毛克幸(千葉)
    7 佐藤友和(岩手)
    8 元砂勇雪(奈良)
▲   9 河野通孝(茨城)

並び ←GA53 F4E @9
※Keirin.jpによる

D香川が「地元へ」と話し、変則3分戦のライン構成。BK13本のG元砂がBK10本のA中井を引っ張る流れが濃厚で、他派の捲り返しのタイミングなどが展開の焦点になるか。しかし力量やこれまでの実績から考えれば、@武田がレースの中心になるか。四日市・全日選はB・E・5・1で、無念の準決敗退となった武田。特に準決は、連携した平原康の仕掛け遅れもあって、最後は外を回らされて5着と涙を呑んだ。明日は今節初めての自力戦となるが、近畿・瀬戸内の二段駆け含みの攻めを封じることができれば、優参は難しい話ではないはずだ。対抗はA中井。近歴はマーク戦をこなすなど幅広い攻めができるようになっている。前回・高知FTF・2・Cで優参し、その前の大宮GVは準決までコマを進めた。明日は、今日の二予と同じく元砂との同県連携。他派が強敵なだけに、流れによっては飛び付きやイン強襲などもあろうが、冷静に対処して番手捲り含みの攻め決まれば、アタマ取りも十分。穴軸には、その中井の後位D香川を指名。高松GV決勝では、成り行き先行した松浦悠マークから番手捲って3着を確保した。全日選は二予敗退も、動きそのものは軽快で、1・5・4・9と着をまとめた。明日は地元3番手からの攻めとなるが、番手捲りの展開なら連以上の存在だし、最終3角から得意のイン突き決まればアタマまで期待できよう。武田マークのH河野、自力自在戦のC櫻井、香川後位で近歴好調のB湊、印は回らなかったが桜井追走から伸び見せたいF佐藤は、2〜3着受けでは必ず押さえておきたい。

<本線予想> 1=2 1=9 1→5 1→4
<穴予想> 5=1 5=2 5→4 5→3


《第12R S級準決勝》

本線 穴
▲   1 中井俊亮(奈良)
  ☆ 2 林 雄一(神奈)
× ○ 3 早坂秀悟(宮城)
    4 竹内智彦(宮城)
◎ × 5 三谷竜生(奈良)
☆   6 神田絋輔(大阪)
  ◎ 7 伊勢崎彰大(千葉)
    8 守澤太志(秋田)
○ ▲ 9 根田空史(千葉)

並び ←@56 H72 B48
※Keirin.jpによる

3車ずつのきれいな3分戦の構図。しかも各ラインの先頭が、いずれも先行・捲り兼備という激しい自力バトルが繰り広げられそう。しかし地元戦の意地で@中井が主導権を奪い、D三谷が番手捲りに行く流れがセオリーか。ならばSS班で気合入る三谷に◎印を付ける。高松GV優勝の結果を引っ提げて参戦した全日選は、残念ながら二予落ちと苦杯を舐めた。しかし「SS班というより、最大の地元戦として臨みたい」と話した今節は、初日特選で中井俊の主導権取り失敗にもめげず、冷静に5番手からの捲り返しでアタマ取りを決めた。明日も中井俊との連携だが、万一の場合でも自力発動で他派を粉砕しよう。対抗はH根田。全日選不出場の根田。前回は川崎FTでB・1・GとVこそつかめなかったものの、力の違いを見せた。今日の二予では赤板HSからの2周先行で伊勢崎とワンツー決めた。明日も先行・捲り両面作戦で他派を一刀両断して、伊勢崎とのワンツーも期待だ。穴軸はそのF伊勢崎。近歴は充実して動けているが、前回の全日選・2日目でよもやの失格を喰らって、少々流れが止まったかに見えた。しかし今節は、初日特選こそ5着だったが、今日の二予で前述の通り伊勢崎の2周先行を差し交わして見せた。明日も同様の展開なら、今日の再現も十分だ。もう一人の自力型で一気脚のB早坂、逃げ粘る@中井、ライン3番手回るも強襲劇あるE神田・A林は、いずれも押さえ漏れができない要注意の存在だ。

<本線予想> 5=9 5=1 5→3 5→6
<穴予想> 7=3 7=9 7→5 7→2


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
10レースの稲垣選手vs吉澤選手ですが、昨今の戦歴だと互角かなと。ならばラインが長い稲垣選手に分があるとみまして応援車券で勝負、もちろん三谷将選手には仕事を期待します(^o^)。11レース12レースはもちろん近畿作戦車券。なんだ、いつも通りじゃん(^-^;。
Posted by コタカ at 2018年02月24日 14:59
コタカさんへ

コメントありがとうございます。
近畿勢にとって、準決勝はなかなか厳しい戦いでしたけど、何とか三谷兄弟と稲垣が優参してくれました。そして決勝は見事なワンツースリー決めてくれました。
この勢いで、Gレース戦線を近畿勢が引っ張って行ってもらいましょう!
Posted by 山本D at 2018年02月25日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182492204

この記事へのトラックバック