2018年02月16日

2/17 静岡記念GV・10〜12R「S級初日特選」 予想

今週のブログ予想は、あす(17日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、静岡記念(GV)の初日・10〜12R「S級初日特選」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●静岡記念GV・初日

《第10R S級初日特選》

本線 穴
×   1 小松崎大地(福島)
  ○ 2 和田真久留(神奈)
◎   3 村上義弘(京都)
  ☆ 4 萩原孝之(静岡)
○ × 5 成田和也(福島)
☆   6 野原雅也(福井)
▲ ◎ 7 桑原大志(山口)
  ▲ 8 取鳥雄吾(岡山)
    9 大槻寛徳(宮城)

並び ←E3 G7 A4 @59
※Keirin.jpによる

機動力ある自力型が激しく激突する、想定通りのライン構成となった4分戦だ。展開は、BK13本のG取鳥とBK11本のE野原との主導権争いを、他派が捲り返すのが見て取れる。しかし番手に村上を背負っている以上、野原の先行意欲は高くなるだろうし、主導権取り決まればハコから差し脚伸ばすB村上にチャンス到来と見て良さそうだ。前回・全日本選抜では優参。決勝では、古性優の先行を受けて番手捲ったものの、新田の前に準V。「力が足らなかった」とのことだが、明日は野原が引っ張る構えだし、ハナを切れば後続を振り切ってアタマ取りも十分だ。対抗はD成田。四日市・全日本はB・D・5・4で準決敗退したが、連日、前を任せた自力型にしっかり喰らい付いて行くなど気配は悪くなかった。明日は連携経験豊富な小松崎に前を任せるが、先行・捲りいずれになってもある程度まで連れて行ってくれるなら、直線強襲で白星スタートも期待したい。穴軸はF桑原。SS班として初GTとなった全日本選抜はC・6・6・2で二予敗退。前次第で混戦待ちという現状通りの脚勢だったが、最終日は清水裕の巻き返し不発から自分で仕掛ける姿勢を見せての2着だった。明日は落欠明けの取鳥に前を任せるが、取り鳥が脚試し的な積極駆けを見せたらチャンスが広がって来よう。全日本では脚勢良かったA和田の一発、復帰戦となるG取鳥のスピード、@小松崎・E野原の残り目も2〜3着で押さえておきたい。

<本線予想> 3=5 3=7 3→1 3→6
<穴予想> 7=2 7=8 7→5 7→4


《第11R S級初日特選》

本線 穴
○ ○ 1 岡村 潤(静岡)
◎   2 平原康多(埼玉)
☆ × 3 松岡貴久(熊本)
  ☆ 4 堤  洋(徳島)
  ▲ 5 井上昌己(長崎)
    6 高橋陽介(青森)
× ◎ 7 原田研太朗(徳島)
    8 渡邉雄太(静岡)
▲   9 吉田拓矢(茨城)

並び ←G1 E HA B5 F4
※Keirin.jpによる

北日本単騎のE高橋が「先手ラインの3番手が欲しい」とコメントし、ライン構成は4分戦+単騎1車。全日本でも積極駆け見せていたG渡邉の主導権と見たが、H吉田も最終BK奪う仕掛け見せ、他派は捲り返しを狙うか。しかし吉田の先行・捲りいずれの攻めになっても、番手回るA平原の存在感が一枚上で本命の◎印を付ける。四日市・全日選では@・A・3の完璧な勝ち上がりで優参したが、決勝は近畿の二段駆けと新田のスピードの前に屈して6着に終わった。しかし吉澤純の捲り不発を受けて自ら捲り上げるなど、自分で展開を切り拓こうという意欲は相変わらずだ。明日は吉田が飛び出してくれれば、後続の動きをケアしながらの差し交しでワンツー決めよう。対抗は地元記念で気合入る@岡村。全日本は9・1・2・9と無念の一予敗退。その前の松阪GV決勝が、番手捲った根田空を交わしての2着だっただけに、何とももったいない限りだ。明日は、BK13本の渡邉が積極的に仕掛ければ、番手をガッチリ守ってアタマ取りを決めよう。穴軸はF原田。全日選では決勝進出も、その決勝では見せ場を作れず、単騎戦の厳しさを痛感したようだ。しかし一予からの2・1・3・Fの勝ち上がりは、いずれも原田らしいタイミングの良いダッシュによるもので、地元地区・松山でのGU「ウイナーズカップ」に向けて、この勢いをキープさせたいところだ。明日は同郷の先輩・堤を従えているだけに、ある程度早めの仕掛けも必要だろうが、アタマまで突き抜けてしまうのを期待したい。H吉田の粘り脚、九州勢B松岡−D井上の一発、C堤の伸びあたりはアタマ候補としても考えなければならないか。

<本線予想> 2=1 2=9 2→7 2→3
<穴予想> 7=1 7=5 7→3 7→4


《第12R S級初日特選》

本線 穴
○ × 1 浅井康太(三重)
◎   2 渡邉晴智(静岡)
× ◎ 3 古性優作(大阪)
    4 神山拓弥(栃木)
☆ ○ 5 金子貴志(愛知)
    6 鈴木庸之(新潟)
▲ ☆ 7 山中秀将(千葉)
    8 白戸淳太郎(神奈)
  ▲ 9 園田 匠(福岡)

並び ←@5 F28 B9 E4
※Keirin.jpによる

H園田が「古性君へ」とコメントし、想定通りの4分戦。中部の前後は@浅井が「自力」を選択。古性がBK11本だが、後位が地区違いの園田だけに積極的には駆けないか。BK8本のE鈴木も近歴捲り主体で、流れひとつでハナを切る選手は変わってきそう。ただ、先行・捲りになっても地元地区の気合いで、F山中の番手回るホームのA渡邉に流れ向くと見て、思い切って◎印を付ける。全日選は二予でよもやの落車(再乗8着)。明日は「マークする山中に集中」だが、先行・捲りともに番手守り切ってのアタマ取りを期待したい。地元ファンの声援も後押しするか。対抗は@浅井。彼のために開催されたような、地元・全日本選抜はまさかの二予敗退で3日目欠場。敗れた2走はいずれも竹内雄マークを外し、二予に至っては捲り返すも山崎芳を連れ出す形になって4着敗退と、目を疑うような走りだった。「腰痛のケア中心にやってきた」とのことだが、GPチャンプとしてファンの信頼を失った以上、結果をもって信頼を取り戻さなければならない。明日は自力戦。脚試しの先行ともなれば大敗との背中合わせになるが、これくらいの覚悟を持っていることを見せてもらいたい。穴軸はB古性。全日選・決勝は、近畿4車の先頭で「弾役」を果たしたものの、Vを呼び込めなかった。しかし求められた役割を果たしたのは間違いない。明日もライン2車での自力戦だが、持ち前のスピードと持久力で車券に絡んで来れば、組み合わせ次第では意外な好配も。浅井追走から伸びるD金子、一発のスピードが魅力のF山中、古性マークH園田の突っ込みは要注意だ。

<本線予想> 2=1 2=7 2→3 2→5
<穴予想> 3=5 3=9 3→1 3→7


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
園田・古性両選手の連携というと思い出す、一昨年夏の吉岡稔真カップ準決勝。地元のエースを連れての攻めのレースが決まっての一番人気決着(^o^)。まぁ今回の仕掛けは任せますが、不調の浅井につけいるチャンス到来。この12レースは四日市最終日のマイナスを取り返すつもりでいきます(^-^)。そして10レースは村上義選手の奮起戦、四日市で不調だった野原ジュニアを残すレースで魅せて欲しいという願望車券を。
Posted by コタカ at 2018年02月17日 09:12
コタカさんへ

連続のコメントありがとうございます。
10Rは、野原ジュニアがレースを作ろうという姿勢が村上3着を呼んだでしょう。
12R・古性の、イン粘り&叩き返しの両面作戦は、対地元でありながら、気合いの入った作戦だったと思います。でもそれが浅井にチャンスを呼び込んだんで、コタカさん的にはちょっとニッコリという結果だったかもしれませんね。
Posted by 山本D at 2018年02月18日 08:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182435674

この記事へのトラックバック