2018年02月02日

2/3 高松記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(3日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、高松記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●高松記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
×   1 南 修二(大阪)
▲ × 2 安部貴之(宮城)
☆ ◎ 3 杉森輝大(茨城)
  ☆ 4 小岩大介(大分)
○ ○ 5 佐藤慎太郎(福島)
    6 古閑良介(福岡)
◎   7 三谷竜生(奈良)
  ▲ 8 志村太賀(山梨)
    9 新山響平(青森)

並び ←H52 F146 B8
※Keirin.jpによる

九州2車はC小岩が「近畿の後ろへ」、E古閑が「小岩に任せる」と話し、変則3分戦の構図。BK14本の新山が果敢にハナを切って、他派が捲り返すのが展開のセオリーか。ただライン4車で、先行・捲りいずれでも対応可能なF三谷に◎印を付ける。中2日で参戦した前回・大宮GVではB・H・5・4と準決敗退したが、今節はB・@での勝ち上がり。大宮とは打って変わって、キレのある動きが戻って来た。今日の優秀戦でも、杉森の先行をHS捲りで仕留めて、そのまま押し切って見せた。明日は杉森とのリターンマッチになるが、好位置を確保しての一発捲りで杉森・新山を沈めよう。対抗は新山番手のD佐藤。前回はこちらも大宮GVだったが、C・4・1・1と二予惜敗。しかし負け戦の2走を連勝し、今節の初日特選でも杉森のジャン過ぎ先行を差し交わすなど、好気配キープと見たい。明日は新山の積極駆けが決まれば、後続の捲りをブロックして北ライン上位独占も。穴軸はB杉森。前回・小田原FTは、特選スタートから未・1・Gと、FTクラスでの力の違いを見せつけた。今節のA・Hの勝ち上がりは、きっちり主導権を取った上での結果だけに、脚勢は着状況以上と見て良さそうだ。明日は志村のガードも期待できるし、中団確保からの一発が決まれば、志村とのワンツーも。北日本3番手A安部の伸び、杉森マークから強襲見せるG志村のタテ脚、三谷マーク喰らい付く@南の差し脚、浮き駒C小岩の立ち回りには、2〜3着受けだけでも注意しておきたい。

<本線予想> 7=5 7=2 7→1 7→3
<穴予想> 3=5 3=8 3→2 3→4


《第11R S級準決勝》

本線 穴
◎ ○ 1 香川雄介(香川)
☆   2 牛山貴広(茨城)
  ◎ 3 近藤龍徳(愛知)
    4 松坂英司(神奈)
○ ▲ 5 山田久徳(京都)
×   6 松本貴治(愛媛)
  ☆ 7 海老根恵太(千葉)
    8 藤田竜矢(埼玉)
▲ × 9 松浦悠士(広島)

並び ←E1H 28 74 D3
※Keirin.jpによる

H松浦が「四国を固める」とコメントし、A牛山が「前々」、F海老根が「自力自在で」を選択したことで、ライン構成は4分戦。愛媛のスーパールーキーE松本の先行一車の構図で、意気軒高に仕掛けて行けば、他派は捲り合戦にならざるを得ず、番手回る地元の@香川に万全の流れになるか。前回・和歌山GVでは準決敗退も、初日特選では自ら外々踏み上げてアタマまで突っ込んだ。今節は初日特選・二予とも太田竜との連携だったが、連日しっかり追走してC・2の勝ち上がりで、脚勢の良さは相変わらずか。明日は松本の先導で、他派から捲り・飛び付きなどの攻撃をしのげれば、アタマ候補の最右翼だ。対抗にはD山田を抜てき。年明け以降、伊東温泉・前橋でFT連続優出。しかも伊東では準V、前橋では決勝3着と結果を残している。今節もC・2と未勝利ながらも、縦横無尽の動きは好気配。明日は自力戦だが、前団が混戦になれば自分のタイミングで捲り返し、中団の取り合いになっても対応できよう。穴軸は山田マークのB近藤を指名。年明けから参戦の大宮・松阪両GVはいずれも二予敗退で、特選スタートのメリットを活かしきれていない。ただ今節は、初日特選で柴崎の先行を巧追走して3着に入った。明日は山田マークからの攻めになるが、山田が捲り不発になれば、空いたコース縫っての直線強襲見せるか。四国3番手から突っ込むH松浦、浮き駒ライン先頭から総力戦のA牛山・F海老根、逃げ粘り見せたいE松本は、ヒモ穴・3着穴候補としてうってつけだ。

<本線予想> 1=5 1=9 1→6 1→2
<穴予想> 3=1 3=5 3→9 3→7


《第12R S級準決勝》

本線 穴
○ ○ 1 柴崎 淳(三重)
◎   2 太田竜馬(徳島)
× ◎ 3 諸橋 愛(新潟)
  ▲ 4 金子幸央(栃木)
☆ × 5 笠松信幸(愛知)
    6 浜口高彰(岐阜)
  ☆ 7 大槻寛徳(宮城)
    8 柳詰正宏(福岡)
▲   9 池田憲昭(香川)

並び ←A98 7 @56 C3
※Keirin.jpによる

F大槻は「単騎で決めずに」、G柳詰は「四国の後ろへ」とコメントし、構図は3分戦+単騎1車。地元を番手に従えているA太田が積極的に仕掛けて行き、他派が捲りに回る流れが自然か。ただ先行・捲りいずれでも、持ち前のダッシュ力を活かして後続の追随を許さない走りを見せる太田を本命視。前回の地元・小松島FTは優参もH・3・Bと見せ場なく、S1デビュー戦としては物足らない結果に終わった。今節に入っても、初日特選は金子・柴崎を前に「実質策なし」。明日は初日特選のリターンマッチ。最低でも主導権は奪いたいし、そこからの粘りも見せてくれよう。対抗は@柴崎。前回・大宮GVは決勝4着と健闘。その決勝では、最終BKでインをもぐり込んできた平原康を、最後まで抑え込んで先着した。今節のA・Bの勝ち上がりも、ともに持ち味を活かした走りを披露。明日は前述の通り太田・金子との再戦だが、この2車をつぶしさえできれば、決勝シートはつかんだも同然か。SS班に失礼を承知で、穴軸にはB諸橋を指名。和歌山GVは二予落ちを喰らったが、負け戦2走を1・3でまとめてさすがの所を見せた。今節はA・Aとアタマを取れていないが、初日特選はライン3番手の牛山に食われ、今日の優秀戦は前任せの三谷を差せていないのがちょっぴり気がかり。明日は金子に前を任せるが、先行・捲りいずれでも直線で持ち味の差し脚が爆発してアタマまで期待したい。太田番手で喰らい付くH池田、粘り腰見せたいC金子、柴崎マークから突っ込むD笠松、単騎ゆえにどこかへ切り込みたいF大槻は、流れ次第で波乱を呼ぶこともあるか。

<本線予想> 2=1 2=9 2→3 2→5
<穴予想> 3=1 3=4 3→5 3→7


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
お疲れ様です。寒い日が続く今年ですね。
各場所で欠場や追加が多過ぎる競輪の現状です。SS の三谷は逆にレース続きで可哀想です。オリンピックの影響ですね。
さて、先日の和歌山選手ですが、広島決勝の南潤選手はダッシュが凄く川村が全く付けずに援護なく2着でした。西武園決勝は輪太郎選手が先行するも援護なく沈みました。ただ、F1 決勝なのに数名の仲間からレース後メールが来ました。仕事が手に付かないとの事。こんな魅力ある選手は少ないですね!生で観たい!和歌山選手から目が離せません。
Posted by 岸和田オヤジ at 2018年02月03日 18:52
岸和田オヤジさんへ

コメントありがとうございます。
あまりの寒さのために、競輪選手といえども、巷と同様インフルエンザにかかって欠場というのが増えているようです。鍛えて体力余りある選手でも、意外と抵抗力が落ちている所へインフルウイルスにやられてしまうようですね。
それと、南潤に大注目して頂いてありがとうございます。でも仕事もきちんとしましょうね? まぁそれは冗談として…。それにしても、広島決勝で南をマークした川村の不甲斐ないこと! ジャン前BKからすでに離され気味でしたが、仕掛けた瞬間に千切れる始末。「もう、きみはマーク戦したらアカン」と言いたくなるような千切れぶりでした。それでも、優勝した桐山とは1/4輪差とは、南もよく逃げ粘ったと思います。
輪太郎も明日から地元で、自身初S級優勝かけて頑張ってくれるでしょう。岸和田オヤジさんとその仲間たち(私も含めて?)の仕事が、さらに滞ってしまいますね!
Posted by 山本D at 2018年02月05日 15:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182308957

この記事へのトラックバック