2018年01月26日

1/27 松阪記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(27日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、松阪記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●松阪記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
  ▲ 1 大塚健一郎(大分)
▲   2 根田空史(千葉)
○ × 3 稲川 翔(大阪)
  ◎ 4 高橋和也(愛知)
  ☆ 5 芦澤辰弘(茨城)
☆   6 大森慶一(北海)
× ○ 7 中川誠一郎(熊本)
    8 山本伸一(京都)
◎   9 松谷秀幸(神奈)

並び ←A96 5 G3 C F1
※Keirin.jpによる

C高橋が「単騎でも自力」、D芦澤が「決めずに」とそれぞれ単騎戦を選択し、3分戦+単騎2車の構図。BK19本の山本もいるが、BK15本の根田がハナを切って行き、高橋や中川が捲り返す流れか。根田が出切れば、番手有利なH松谷がアタマ取り決めると見て◎印。広島GV準決で落車し、左肩を負傷してからの今年初戦だが、初日特選は根田の先行を交わして白星スタート。今日の優秀戦も浅井を追走して直線伸びての2着と、気配は悪くない。明日は再び根田との連携で、根田の主導権取りさえ決まれば初日の再現は難くない。対抗はB稲川。こちらも前回・岸和田FT決勝で落車して状態が心配されたが、E・3で勝ち上がり。今日の二予だけを見れば、古性優のHS先行を追走し、車間を切って後続を巧みにけん制。動きそのものは悪くない。明日は山本の仕掛けが上手くはまれば、番手捲り気味に抜け出して、優参を決めてくれるはずだ。穴軸はC高橋。前回・和歌山GVは準決まで進出。キレのある一発捲りに定評あるが、イザとなればカマシ先行も飛び出す意欲的な走りを見せてくれる。ただ明日は単騎戦ということもあり、中団を確保してからの捲り勝負になろうが、前団の先争いが長引くなら、中川より先に仕掛けてアタマ争いまで食い込んできるか。捲りのスピードなら負けないF中川、粘り腰見せるA根田、中川後位から突っ込む@大塚あたりはアタマ候補としても要注意だ。

<本線予想> 9=3 9=2 9→7 9→6
<穴予想> 4=7 4=1 4→3 4→5


《第11R S級準決勝》

本線 穴
  ○ 1 早坂秀悟(宮城)
○ ▲ 2 村上義弘(京都)
▲   3 小川真太郎(徳島)
    4 齋藤登志信(宮城)
× ◎ 5 木暮安由(群馬)
  × 6 稲村成浩(群馬)
☆   7 古性優作(大阪)
    8 中野彰人(和歌)
◎ ☆ 9 小倉竜二(徳島)

並び ←B9 @4 F28 D6
※Keirin.jpによる

ライン構成は想定通りの4分戦。BK18本の小川と12本の古性とのマッチアップだが、11本の早坂に総力戦の木暮も交じって準決イチの混戦。その中でも小川の気配が良く、主導権取れれば番手回るH小倉にとって盤石だ。前回・伊東温泉FTではE・1・@でV。決勝では小川の仕掛けに離れるも、前団の混戦を見極めて4角から中割って突っ込んだ。明日も小川マークだが、同様のミスは繰り返すまい。他派の捲り返しも、歴戦の捌きで断ち切って優参決めよう。対抗はA村上。前回・WGPの決勝は東口善に後塵を拝しての準Vだったが、明らかな復活基調を印象付けた。今節も初日特選は古性の捲り不発から、今日の優秀はBKから自分で、それぞれ捲って行くなど動きは着(A・D)以上だ。明日はこちらも初日特選に続く古性との連携で、3番手に中野が回るラインの長さも有利さを増しており、番手から差し脚伸ばしてアタマ取り最右翼か。穴軸にはD木暮を指名。前回・小松島FTでは決勝で落車の憂き目にあい、年頭初戦の地元・前橋FTを欠場。しかし「ケガは大丈夫」の前検日コメント通り、初日特選では最終BKから捲り返し、芦澤辰に交わされたものの2着と好気配を見せた。明日は稲村との同県連携だが、捌き含みの中団確保から前団をごぼう抜きしてしまうか。@早坂の先行・捲り両面作戦、B小川・F古性の逃げ粘り、印は回らなかったがG中野の巧追走は2〜3着受けでは間違いなく必要だ。

<本線予想> 9=2 9=3 9→5 9→7
<穴予想> 5=1 5=2 5→6 5→9


《第12R S級準決勝》

本線 穴
◎ × 1 浅井康太(三重)
  ◎ 2 池田 良(広島)
☆ ○ 3 岡村 潤(静岡)
    4 松川高大(熊本)
▲   5 吉田敏洋(愛知)
    6 神田絋輔(大阪)
○ ▲ 7 山中秀将(千葉)
    8 筒井裕哉(兵庫)
× ☆ 9 坂口晃輔(三重)

並び ←G6 2 D@9 C F3
※Keirin.jpによる

C松川は「自力で」のコメントも、B池田は「自分で」話したことで、構図は3分戦+単騎2車。中部の前後はD吉田が前回り。徹底先行不在だが、G筒井あたりが主導権取りに出るか。しかし、先行・捲りいずれになっても吉田の脚勢が一歩リードで、番手回る@浅井がキメ脚披露と本命視。GP優勝直後の立川GVは決勝7着。「おできで本調子じゃなかった」ようだが、今節も直前にインフルエンザに罹り、体調は万全ではなさそう。しかしA・@の勝ち上がりを見れば死角はなさそうで、明日も先導役がいるだけでも有利さはアップだ。吉田を残す方を重きを置きたいが、筋違い決着も考えておきたい。対抗はF山中。捲り主体だが、カマシや飛び付きも見せるなど変幻自在。別府GVでは準決進出したが、年内は調整に充てて今節が18年初戦。初日特選こそ8着に敗れたが、今日の二予では山本伸の先行を最終HSからあっさりと捲り切った。明日は中部の一角を崩すべく総力戦だが、捲りが決まれば筋違い決着も。穴軸にはA池田を抜てき。年またぎの岸和田FTをB・1・Gで優参を決めると、続く和歌山GVはC・3・6・1と準決まで進んだ。最終日の1着も、最終HS4番手から貯めて捲ってのもので、タテ脚も復活と見たい。明日は単騎で、自分のタイミングで捲り返せば良いだけに、一発が決まれば好配必至。粘るD吉田は当然だが、山中追走から伸びるB岡村、中部3番手も侮れないH坂口、無印になったがやはり一発が恐いC松川は押さえておかなければ。

<本線予想> 1=7 1=5 1→9 1→3
<穴予想> 2=3 2=7 2→1 2→9


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182248020

この記事へのトラックバック