2018年01月13日

1/14 「和歌山グランプリ」(GV)最終日 12R「S級決勝」 予想

「開設68周年記念・和歌山グランプリ」(GV)も、あす(14日)がいよいよ最終日。「臨時号」を含めたブログヘボヘボ予想4連戦も、今回がラストです。当然、あす(14日)の12R「S級決勝」をヘボヘボ予想します。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●和歌山グランプリGV・最終日

《第12R S級決勝》

本線 穴
○ × 1 村上義弘(京都)
◎   2 武田豊樹(茨城)
  ▲ 3 原田研太朗(徳島)
× ◎ 4 東口善朋(和歌)
☆ ○ 5 郡司浩平(神奈)
  ☆ 6 南  潤(和歌)
    7 菊地圭尚(北海)
    8 横山尚則(茨城)
▲   9 三谷竜生(奈良)

並び ←E4 7 GA H@ B D
※山本ディレクターの現地取材と和歌山競輪HPによる

トップスター・スピード自慢・歴戦の強者・地元のエース・スター候補生など豪華メンバーが入り乱れての、近年まれにみる実力拮抗のファイナル。本命も穴もない。
注目された並びは想定とは異なり3分戦+単騎3車の超細切れ戦。近畿は和歌山2車と残り2車が別線。F菊地が「自分で」と単騎戦を選択すると、B原田・D郡司も「単騎でも自力」のコメント。展開は、地元E南の積極果敢な仕掛けが濃厚も、武田を従えるG横山もそれを許してはくれないだろう。H三谷は先行・捲り両面で、単騎3車は前団の様子を見て捲り返しのタイミングを計るか。展開ひとつで本命・穴は簡単に入れ替わるメンバー構成だが、横山の攻めを活かしたA武田が新春初笑いすると見て本命に抜てきする。平塚GP2着で復活傾向をアピールした武田だが、今節は番手戦の初日特選と今日の準決で連絡みを見せるなど、前任せの強みをいかんなく発揮している。明日も今日と同様、横山の仕掛けが決まれば盤石の態勢になろうし、不発でも自力に転じてチャンスを広げに行くか。対抗は@村上。SS班陥落にもめげずに「パンツの色は変わっても、自分の走りをするだけ」と、前検日に今年の目標を語った村上。初日からの3走いずれも番手戦だったが、前を任された三谷・南の力走もあってA・B・1の完ぺきな勝ち上がりを見せた。明日は三谷との3度目の連携になるが、先行・捲りいずれになっても番手からきっちり抜け出してVゴールを決めよう。
穴軸は、地元のエースC東口に期待する。前回・平塚GPシリーズ「FT・寺内大吉記念杯」決勝で落車に巻き込まれ、直前でも「参加するだけになるかも…」とやや弱気の話だった東口。しかし連日の走りから考えると、南の主導権取り成功なら、あとは捲り勢の動きをケアしつつ早目に抜け出せば、地元勢36年ぶりのWGP制覇も見えて来るし、地元ファンの一人として南とのワンツーを決めてもらいたいものだ。先手取りを誘って一発捲りを決めたいD郡司・B原田、逃げ粘り見せたいH三谷といった穴軸候補だけでなく、、印は十分回らなかったが混戦から空いたコース衝きたいF菊地、先行力で見せ場を作りたいG横山、主導権は渡さないという気合いで見せ場以上の走りを期待したいスーパールーキーE南といった、GV決勝戦としてはもったいないくらいの豪華メンバーが覇を競う。ぜひオレンジバンクでその熱戦を生観戦して目に焼き付けて頂きたい。

<本線予想> 2=1 2=9 2→4 2→5
<穴予想> 4=5 4=3 4→1 4→6


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:14| Comment(4) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
決勝レースはとりあえず村上義選手から武田の車券から、1-2と1-9-2を本線にします。ただ 期待をこめて南の押し切りもいくらかは買います。ブロックセブンは石塚が南に勇気とエールを送るレースをすると見込んで1-5からの三連単辺りを。
ただいま向かっています、今日はよろしくお願いします。
Posted by コタカ at 2018年01月14日 09:41
東口やりましたね。南潤は郡司の執拗な牽制で辛かったでしょう。三谷の上をいくつもタイミングが悪く落車となり残念でした。ただそのお蔭で東口にコースが出来ました。
これからの和歌山に大注目です。
Posted by 岸和田オヤジ at 2018年01月14日 16:36
コタカさんへ

コメントありがとうございます。そして今日はファンクラブイベントへのご参加ありがとうございました。
決勝はアクシデントもありましたが、村上はVにあと一歩でした。東口が突っ込んだインへ飛び込みたかったのでしょうが、先に入られたのが明暗を分けましたね。ブロックセブンは、石塚が存分に力を発揮してくれました。来年は本戦で頑張ってもらいましょう。
Posted by 山本D at 2018年01月14日 19:16
岸和田オヤジさんへ

コメントありがとうございます。
東口やってくれました。これも南が郡司を捌いて、コースをこじ開けたのが大きかったでしょう。そこからの捲り返しでしたが、三谷の外に車輪を差していたのがアダになって落車になりました。内側に差していれば…、差しておらず真後ろだったら…、など幾つものタラレバが頭の中を駆け巡りますが、まさに紙一重の勝負だったと思います。
でも、この東口Vは和歌山黄金時代の幕開けと言ってもいいくらいのスゴイことだと思います。応援する私たちも、もっと大きな声援を送ってあげましょう!
Posted by 山本D at 2018年01月14日 19:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182136885

この記事へのトラックバック