2018年01月11日

1/12 「和歌山グランプリ」(GV)2日目 12R・優秀競走「熊野古道賞」 予想

今日は「和歌山グランプリ」ブログ予想4連戦の第2弾として、あす(12日)2日目の12R・優秀競走「熊野古道賞」のヘボヘボ予想「臨時号」をお送りします。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●和歌山グランプリGV・2日目

《第12R S級優秀「熊野古道賞」》

本線 穴
◎ ☆ 1 村上義弘(京都)
  ◎ 2 中川誠一郎(熊本)
▲   3 郡司浩平(神奈)
  ○ 4 原田研太朗(徳島)
☆   5 三谷竜生(奈良)
    6 坂本貴史(青森)
  × 7 香川雄介(香川)
×   8 東口善朋(和歌)
○ ▲ 9 武田豊樹(茨城)

並び ←D@8 E H C7 A B
※山本ディレクターの現地取材と和歌山競輪HPによる

初日は大波乱の連続。しかも優秀戦は超細切れ戦。本命も穴もない決勝前哨戦だ。
多数の自力型が初日特選を通過したことで、超細切れ戦となった。近畿3車と四国2車はスンナリ並びが決まったが、A中川・B郡司・E坂本・H武田はいずれも「単騎で」「単騎でも自力」とコメント。展開は今日と同様、三谷が積極的に先手取りを仕掛けて行くだろうし、それが決まれば番手回る@村上に絶好のチャンス到来と見て中心に据える。今日の初日特選は、原田の捲りを止めきれなかったものの、三谷番手から残し気味の差し交わしで2着を確保した。明日も今日と同様なら、捲りを捌きながら早目の抜け出しでアタマ取り決めよう。対抗はH武田。今日は天田裕のHS捲りを追走し、そこから自力を出して2着に食い込んだ。しかも椎木尾のブロックを受け止め、バランスを崩しながらの伸び脚は、復調一途を感じさせる好内容だった。明日は自力戦だが、他の選手の様子を見ながら脚を貯めて、一気に前団を仕留めるか。
穴軸はA中川。今日の初日特選は、最終3角手前しんがりから捲り追い込んで2着に飛び込んだが、坂本亮との連携が乱れるなどして「失敗々々。全然ダメ」と組み立てミスを反省。ただ昨年Vした時に披露したのと同じくらいの怒とうのスピードはさすがの脚勢。明日は単騎戦だが、むしろライン後続などに気を使う必要が無い分、自分のタイミングで捲り返して今日の再現も。捲り返しのスピードなら肩並べるC原田・B郡司、マーク戦から空いたコース突くF香川・G東口、粘り腰見せるD三谷、印は回らなかったが切れ目から先に捲りたいE坂本といったタテ脚自慢の捲り・差し脚の競演は、車券を差し置いても楽しみな優秀戦だ。

<本線予想> 1=9 1=3 1→8 1→5
<穴予想> 2=4 2=9 2→7 2→1


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 19:34| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
最終レース、1-3479-8を本線に1-3479-8は一応少しだけ。ライン三人で三谷選手が早めの仕掛けいくでしょう。
明日はお昼ごろ着で現地へです。
Posted by コタカ at 2018年01月12日 13:48
コタカさんへ

三谷の早目の仕掛けで村上のチャンスになりましたが、武田の捲り不発から後続組の捲り合戦。結局、村上は郡司らに飲み込まれましたね。
明日からの現地参戦、頑張って下さい。お待ちしています。
Posted by 山本D at 2018年01月12日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182116053

この記事へのトラックバック