2018年01月10日

1/11 「和歌山グランプリ」(GV)初日 10〜12R「S級初日特選」 予想

今夜から当ブログでは、あす(11日)開幕する「開設68周年記念・和歌山グランプリ」応援予想を、翌日のメインレースを中心に、臨時号を含め連日配信します。今夜は、あす(11日)の初日・10〜12R「S級初日特選」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●和歌山グランプリGV・初日

《第10R S級初日特選》

本線 穴
☆   1 菊地圭尚(北海)
  ◎ 2 東口善朋(和歌)
◎ ☆ 3 諸橋 愛(新潟)
    4 坂本貴史(青森)
× ▲ 5 坂本亮馬(福岡)
  × 6 高橋和也(愛知)
○ ○ 7 中川誠一郎(熊本)
    8 柏野智典(岡山)
▲   9 横山尚則(茨城)

並び ←C1 8 E2 H3 DF
※山本ディレクターの現地取材と和歌山競輪HPによる

G柏野が「決めずに一人で」とコメントし、ライン構成は4分戦+単騎1車の細切れ戦。BK本数11本の坂本貴が先手取るところを、他派が捲り返す流れが濃厚だが、激しい捲り合戦が繰り広げられるか。首位争いは横一線だが、ここは新SS班に敬意を表してB諸橋を本命視する。平塚GPでは無念の落車失格となったが、「ケガは擦過傷程度」と話すなど、表情は明るかった。明日は、連携実績豊富で前を任せる横山の仕掛けを受け、直線ズバッと差し切るか。対抗はWGP前年覇者のF中川。別府・佐世保の地元地区GVがともに二予敗退となったが、動きそのものは決して悪くはなさそう。こちらも連携実績豊富な坂本亮の総力戦から、イザとなれば自力を繰り出して活路を見出すか。穴軸はA東口。前回・平塚「寺内杯」決勝で落車に巻き込まれた。「打撲と擦過傷程度」と軽傷だったようだが、「走ってみなければ分からない」と慎重なコメント。しかし好相性の高橋が飛ばす流れになれば、番手から早目の抜け出しでアタマ取り決めるか。タテ脚炸裂するD坂本亮、粘り脚見せるH横山・E高橋、坂本貴番手から差し脚伸ばす@菊地の2〜3着受けは押さえておきたい。

<本線予想> 3=7 3=9 3→5 3→1
<穴予想> 2=7 2=5 2→6 2→3


《第11R S級初日特選》

本線 穴
▲   1 松岡健介(兵庫)
○ ○ 2 武田豊樹(茨城)
  × 3 香川雄介(香川)
    4 山内卓也(愛知)
  ▲ 5 五十嵐力(神奈)
    6 山形一気(徳島)
◎ ☆ 7 椎木尾拓哉(和歌)
☆   8 天田裕輝(群馬)
× ◎ 9 郡司浩平(神奈)

並び ←@74 H5 GA E3
※山本ディレクターの現地取材と和歌山競輪HPによる

想定通りの4分戦の構図。BK本数最多は郡司(10本)だが、ラインの長さと地元を引き連れていることから、松岡が積極的に駆けて行くか。松岡の先制が決まれば、番手F椎木尾に盤石の態勢と見て、椎木尾に◎印を付ける。前回・取手FTはC・1・Aで惜しくも準Vだったが、地元記念につながる走りはできたか。「3年ぶり」のWGP参戦だが、今や和歌山のエースとして成長した姿を地元ファンに披露だ。気負いさえなければ、他派を巧く捌き切って優秀戦進出を決めてくれよう。対抗はA武田。平塚GPは平原康の仕掛けを活かして準V。「もうワンテンポ早く出ていたら良い勝負だったかも」と回復ぶりは順調のようだ。明日は天田に任せての番手戦だが、天田が前団に迫る流れになれば、コースこじ開けての首位争いも十分。穴軸はH郡司。前回・西武園FTは優参も決勝5着に終わったが、「時間があった」ことで練習も十分できたようだ。あと一歩だったSS班に向けてのリスタート初戦だし、2016年WGP覇者としてもここは負けられない一戦だ。@松岡の粘り脚、和歌山好相性D五十嵐の伸び脚、B香川のイン突っ込み、G天田の総力戦はアタマ候補としても侮れない。

<本線予想> 7=2 7=1 7→9 7→8
<穴予想> 9=2 9=5 9→3 9→7


《第12R S級初日特選》

本線 穴
☆ × 1 高原仁志(徳島)
▲   2 三谷竜生(奈良)
  ◎ 3 成清貴之(千葉)
×   4 合志正臣(熊本)
◎   5 村上義弘(京都)
    6 武藤龍生(埼玉)
  ☆ 7 池田 良(広島)
  ▲ 8 田中晴基(千葉)
○ ○ 9 原田研太朗(徳島)

並び ←AD4 H17 G36
※山本ディレクターの現地取材と和歌山競輪HPによる

C合志が「近畿へ」、E武藤が「千葉へ」とコメントして、きれいな3分戦。原田のカマシ先行も恐いが、後ろに村上を従えている以上、三谷の先手取りは必須か。後続の捲りをケアしながら番手から抜け出し図るD村上を主軸に据える。SS班陥落決定後の別府・佐世保のGV2連戦は、いずれも準決4着惜敗で優参を逃した。「もう次の挑戦が始まっている」と話すが、18年初戦となる今節は、地元のみならず全国の村上ファンに「魂の走り」で熱いメッセージを伝えてもらいたい。対抗はH原田。競輪祭後は、取手FTで完全V、伊東温泉・広島でGV連続優参と好調はキープできている。「年末年始はしっかり練習して来た」とコメントする姿にも、自信が溢れていた。明日は得意の一発捲りになればチャンス拡大だが、他派が出渋るようなら奥の手のカマシ先行も見せよう。穴軸はB成清。年末の小松島FTをG・3・@で優勝。その前のいわき平・千葉でもFT連続準Vと流れも良い。明日は別府GVを制した田中の仕掛けを追走して、タテ脚含みの差し脚で直線強襲するか。SS班の切れ味A三谷、一瞬のダッシュに定評あるG田中、原田マークから突っ込む@高原、ライン3番手だからこそ恐いF池田・C合志は、2〜3着受けだけでは足らないかも。

<本線予想> 5=9 5=2 5→4 5→1
<穴予想> 3=9 3=8 3→1 3→7


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 19:42| Comment(4) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
いよいよ和歌山GP ですね。かなり寒い中での戦いですが、話題の南潤選手追加斡旋でかなりホットになってます。きっちり仕上がってるようなので決勝まで行って貰いましょう!後ろが千切れないか?包まれてしまうレースにならないか?が心配です。
SS 3人の戦いも見ものです。諸橋を野次りに行きたいわ😜イベント含め頑張って下さい‼
Posted by 岸和田オヤジ at 2018年01月11日 07:01
おはよーございます。年頭の和歌山記念は近畿の競輪ファンにとってはお楽しみ、4日間楽しみましょー!
土日で行くつもりなんで、今日は軽く、3年振りの出走に燃える椎木尾選手アタマからパラパラっと三連単買います。
Posted by コタカ at 2018年01月11日 09:45
岸和田オヤジさんへ

久しぶりのコメントありがとうございます。
南潤は「少し体が重かった」と言いながらも、先行して2着と好発進でした。筒井も一瞬離れましたが、地力のタテ脚を使って追い付き、差し交わしました。さすがでしたね。
和歌山勢は全員2予・優秀へ勝ち上がりましたし、明日も頑張って欲しいところです。
Posted by 山本D at 2018年01月11日 18:46
コタカさんへ

コメントありがとうございます。
椎木尾選手の応援車券買って頂いたんですが、見せ場はあったものの残念な結果でした。明日はリベンジしてほしいですね。
コタカさんも土日につながる車券を、電投ででもgetしたいですね。
Posted by 山本D at 2018年01月11日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182102462

この記事へのトラックバック