2018年01月05日

1/6 立川記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、明日(6日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、立川記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●立川記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
  ◎ 1 渡邉晴智(静岡)
×   2 小川真太郎(徳島)
○ × 3 稲垣裕之(京都)
☆   4 濱田浩司(愛媛)
▲ ☆ 5 松岡健介(兵庫)
    6 濱口高彰(岐阜)
◎ ○ 7 小倉竜二(徳島)
  ▲ 8 堀内俊介(神奈)
    9 前田拓也(大阪)

並び ←A74 6 DB9 G1
※Keirin.jpによる

E濱口が「決めずに先手ラインへ」とコメントし、ライン構成は3分戦+単騎1車。初日特選に続いて師弟連係のA小川が飛ばして、近畿・南関ラインが捲り返すのが展開のセオリーか。やはり小川の主導権が決まれば、番手絶好から差し交わすF小倉を本命視。特選スタートからA・Aの勝ち上がりは、展開利もあるが、前回・広島GVの落欠明けを感じさせない好気配だ。明日は小川を巧くリードできれば、四国上位独占もあるか。対抗はB稲垣。無念のSS班陥落となって18年初戦となる今節だが、A・@の勝ち上がりは結果オーライといったところか。明日は盟友・松岡との連携で、仕掛けるタイミングさえ間違えなければ、前田まで連れ込もうか。穴軸は@渡邉。前回・小倉FT決勝では岩本俊の捲り不発から切り替えて3着を確保し、今節の初日特選でも近藤隆の捲り不発から平原後位に切り替えて2着に入るなど、俊敏な動きは相変わらずだ。明日は堀内マークから直線強襲決まれば好配決着も。そのG堀内やD松岡の総力戦、A小川の逃げ粘り、C濱田の奥の手のタテ脚も2〜3着候補以上だ。

<本線予想> 7=3 7=5 7→2 7→4
<穴予想> 1=7 1=8 1→3 1→5


《第11R S級準決勝》

本線 穴
▲   1 芦澤大輔(茨城)
  ▲ 2 勝瀬卓也(神奈)
☆ × 3 岩津裕介(岡山)
  ◎ 4 近藤隆司(千葉)
○ ☆ 5 阿竹智史(徳島)
    6 角令央奈(兵庫)
×   7 金子幸央(栃木)
    8 坂本健太郎(福岡)
◎ ○ 9 平原康多(埼玉)

並び ←FH18 C2 6 D3
※Keirin.jpによる

G坂本は「関東勢の後ろから」、E角は「単騎で」を選択し、変則3分戦+単騎1車の構図。こちらも初日特選に続く連係の金子−平原がハナを切って、近藤・阿竹が捲りに回る流れが濃厚。その金子が初日同様に積極駆け披露すれば、番手回るSS班・H平原に盤石の流れになると見て◎印を付ける。平塚GPでは絶好の3番手を回りながらも、深谷のスピードに屈したが、今日の優秀戦(6着)は果敢に先行勝負して見せた。明日は金子の仕掛けが決まれば、芦澤を連れ込んでのワンツーも。対抗はD阿竹。持ち味のタテ脚を駆使してのレースぶりは、昨秋以降、高値安定の感。伊東温泉GV・静岡FTと連続優参したが、今節もB・Hの着状況以上の好調ぶりが見て取れる。明日も得意の一発捲り炸裂なら、強力関東勢撃破も。穴軸はC近藤。前々回・いわき平FTはA・1・@で優勝し、前回・京都向日町FTでもG・1・Cで連続優参。捲り主体もカマシ先行で他派を出し抜くこともあり、つかみどころのない攻め見せるのがむしろ魅力。明日も金子が出渋るようなら、一気にカマして波乱呼ぶか。近藤に乗って直線強襲のA勝瀬、関東3番手でも侮れない@芦澤、勝ち味遅いが前SS班の捌き見せるB岩津、逃げ粘るF金子はアタマ流しでも必要だ。

<本線予想> 9=5 9=1 9→7 9→3
<穴予想> 4=9 4=2 4→3 4→5


《第12R S級準決勝》

本線 穴
▲   1 浅井康太(三重)
☆ ◎ 2 山崎芳仁(福島)
◎ × 3 金子貴志(愛知)
  ▲ 4 竹内智彦(宮城)
○ ☆ 5 北津留翼(福岡)
    6 今藤康裕(岐阜)
  ○ 7 荒井崇博(佐賀)
    8 馬場 勇(熊本)
×   9 志智俊夫(岐阜)

並び ←@39E A4 D78
※Keirin.jpによる

B金子が「浅井君マーク」、E今藤が「中部4番手」とコメントして、変則3分戦のライン構成。徹底先行不在とあって、展開一つで流れは大きく変わりそうだが、ラインの長さを活かして浅井が果敢に主導権取り見せるか。浅井の先行なら番手から抜け出すB金子を本命に据える。伊東温泉GV・久留米FTと連続で優参を逃しているが、いずれも最終日の負け戦を1着で締めている。今日の二予も、宿口陽の先行を4番手から軽く捲って快勝するなど、持ち前のタテ脚は健在。明日は浅井の仕掛けるタイミング次第では、中部上位独占ではなく筋違い決着も要検討か。対抗にはD北津留を指名。前年覇者で期待は大きいが、前回・大宮FTはA・5・1で準決敗退。しかし最終日の負け戦で、500バンクの最終HSから逃げ切ったのは圧巻。今日の二予では7番手からの捲り追い込みで2着だが、明日は先行・捲り両面作戦でも、ダッシュ力活かしてアタマまで期待できよう。穴軸はA山崎。初日特選では前に出られ稲垣裕を直線で差し返して白星発進。明日は得意の一発捲りになろうが、勝負所で前団がゴチャ付くなら竹内連れてのワンツーも十分。GPチャンプ@浅井の粘り腰、北津留マークから伸びるF荒井、山崎後位から突っ込むC竹内、中部3番手追走のH志智は2〜3着受けに必要だ。


<本線予想> 3=5 3=1 3→9 3→2
<穴予想> 2=7 2=4 2→3 2→5


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182047756

この記事へのトラックバック