2017年12月29日

12/30 「KEIRINグランプリ2017」&「寺内大吉記念杯」決勝 予想

今週のブログ予想は、あす(30日)和歌山競輪場で場外発売が行われる「KEIRINグランプリ2017」(GP)と、「寺内大吉記念杯(FT)」決勝のWヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●平塚KEIRINグランプリシリーズ・最終日

《第10R FT「寺内大吉記念杯」S級決勝》

本線 穴
☆ × 1 成田和也(福島)
◎   2 脇本雄太(福井)
  ◎ 3 山田英明(佐賀)
× ▲ 4 松岡貴久(熊本)
▲ ○ 5 東口善朋(和歌)
  ☆ 6 小川勇介(福岡)
○   7 吉田敏洋(愛知)
    8 北野武史(石川)
    9 和田真久留(神奈)

並び ←A5 F8 CB6 H1
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

海外帰りの日本代表が中心だが、豪脚揃いで混戦模様。こちらの方が難解戦か?
ライン構成は想定通りの4分戦。九州の前後はB山田が「松岡を信頼して番手へ」とコメント。展開想定は、主導権を誰が取るか?にかかってくるが、ライン2車でも積極的に仕掛けるA脇本がハナを切り、そのまま押し切ると見て脇本に◎印を付ける。チリで行われたW杯シリーズ第4戦のケイリンで金メダルを獲得して、今回は凱旋レースだが、「セッティングが合わなくて、感じが良くない」ながらも、優参という結果を残した。明日は世界級の先行力を見せられれば、番手・東口のアシストを受けてVゴール駆け抜けるか。対抗はF吉田。前回・佐世保GVは決勝3着と結果を残したが、今節も初日特選を2角捲りで快勝して好調キープをアピール。今日の準決も4番手から捲って優参圏内の3着を確保した。明日は位置取ってからの先捲りになりそうだが、連日の動きを明日も披露すればVは目前だ。
穴軸はB山田を指名。近歴やや苦戦を強いられていたが、前回・宇都宮FTではA・1・Aの準V。しかも自力によるもので、本人も手応えを取り戻しただろう。今節も初日特選からA・2の勝ち上がりも、自力でしっかり結果を残している。明日は初日特選の逆で、松岡に前を任せる番手戦になるが、ライン3車の長さを活かして早目早目の仕掛けなら、九州上位独占も。脇本番手から突っ込むD東口の差し脚、和歌山FTからの連続V狙うC松岡の残り目、和田の仕掛けを活かした@成田の伸び、九州3番手でも侮れないE小川の強襲は、いずれも2〜3着受けだけでは足らなさそうだ。

<本線予想> 2=7 2=5 2→4 2→1
<穴予想> 3=5 3=4 3→1 3→6


《第11R KEIRINグランプリ2017》

本線 穴
◎   1 新田祐大(福島)
☆   2 三谷竜生(奈良)
○ ▲ 3 平原康多(埼玉)
  × 4 深谷知広(愛知)
  ☆ 5 諸橋 愛(新潟)
    6 桑原大志(山口)
▲   7 渡邉一成(福島)
  ○ 8 武田豊樹(茨城)
× ◎ 9 浅井康太(三重)

並び ←CH A6 B85 @F
※前検日共同インタビューとサンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

現役最強コンビに他派が挑む構図だが、大本命ラインのワンツーはなかなか決まりにくいのもGP。最後は点と点の争いか。
ライン構成は想定通りの4分戦。福島2車の前後は@新田が「前で」、関東はB平原が「前回り」のコメント。前夜祭を腰痛で欠席した深谷は「平塚に来る前に戻して来た」と話すが、深谷が主導権争いを奪い、関東と福島、西日本の各ラインが捲り合戦を繰り広げる流れになるか。9選手の現状の力関係から考えれば、捲りになってもカマシ先行になっても@新田が頭一つ抜けていると見てGPの本命に推す。優勝した前回・競輪祭では、番手を回った諸橋が一瞬で千切れたように、絶対的なスピードでは他の追随を許さない。岸和田・高松宮記念杯でも同様で、成田和が何とか喰らい付いていたのも記憶に新しい。スンナリ捲り切れれば渡邉とのワンツー決着濃厚だが、その渡邉がW杯遠征で落車したことも、大一番では有利に働くか。去年の立川GPで誘導員早期追い抜きで失格したリベンジを果たす時が来た。対抗はB平原。取手・全日本選抜で優勝してGP一番乗りを果たしたが、その後の平原は落車あり失格ありと紆余曲折の繰り返しだった。前回・競輪祭では、1ヶ月半の休場明けにもかかわらず優参し、3着・表彰台を確保。しかしレース後「捲って来たのが新田でなければ、ボクが優勝していた」とコメントするなど、新田との力の差を痛感したレースだったようだ。その後1ヶ月の調整期間でどこまで調子を取り戻せたかは分からないが、休み明けでもレース勘に関係なく走れるタイプだけに、ワンチャンス活かせれば悲願のGP制覇をつかむか。
穴軸はH浅井を指名。今年は優勝こそなかったものの、安定して優参を重ねたのがモノを言って賞金ランクでのGP出場権を得た。いわき平AS決勝でも、竹内雄の落車で深谷の番手に付き直すと、福島2車には捲られたが3着・表彰台を確保した。明日も深谷に前を任せることになるが、深谷の体調の回復度合いによっては苦戦も強いられるだろうが、その場合でも奥の手の捲り追い込みを繰り出して、一昨年京王閣以来のGP制覇も。体調不安は隠せないが、いわき平ASの再現も十分あるF渡邉、体調回復と平原の仕掛け次第でV最短となるG武田、同じく体調不安あるも自力爆発なら他の追随を許さないC深谷、中団確保の流れなら一瞬の切れ味見せるA三谷、ライン3番手でもコースこじ開け突っ込むD諸橋、印は回らなかったが京王閣ダービーの再現見せたい究極のダークホースE桑原など、今年のGPも「要らない選手」は一人としていない。あなたの2017年競輪ライフを楽しませてくれた選手に、車券という形で平塚バンクへ声援を送って頂きたい。

<本線予想> 1=3 1=7 1→9 1→3
<穴予想> 9=8 9=3 9→4 9→5


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181980039

この記事へのトラックバック