2017年12月15日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、伊東温泉記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【10R】
号砲でB武田憲祐とG岩本俊介が飛び出し、Sを決めた武田が岩本を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、南関2車−単騎のA長島大介−瀬戸内3車−中部・近畿3車の順。青板1角(残り3周過ぎ)からF高橋和也が上昇して、中団のC太田竜馬を抑える。赤板HS(残り2周)を迎え、高橋が岩本を叩いて先頭へ躍り出ると、長島が空いたインをすくって4番手位置へ切り替える。ジャン前2角から太田が叩き返しに出ると、高橋が併せるのも構わず主導権を奪い、ライン3車が出切る。最終BKから岩本や、高橋後位のG小嶋敬二が捲り上げるも、前団との差は縮まらない。結局、太田が後続を追撃を振り切って1着になり、太田マークの@阿竹智史が2着、ライン3番手のH友定祐己が3着に続き、ライン上位独占を決める。

<結果・払戻金>
 2車単 C→@ 390円
 3連単 C→@→H 800円

【11R】
号砲直後のけん制の後、G坂上忠克が誘導を追いかけ、D金子貴志を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、中部2車−北日本2車−四国2車−南関3車の順。青板HS(残り3周)からH郡司浩平が上昇して@新山響平を抑え込んだ後さらに踏み上げて、金子を抑え込む。この動きを追ったF原田研太朗がインを切ってハナに立つと郡司が上昇して原田を叩き、後方に下げていた新山が再度上昇して郡司を叩いて、ジャン前BKで先頭に躍り出る。後続を一本棒にして新山が快調に飛ばすところ、最終1センター3番手から郡司が捲り返すも、車が前に進まない。結局、新山が逃げ切って1着になり、新山マークのC伏見俊昭が2着に続く。郡司の捲りを目標に捲り追い込んだ原田が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→C 1780円
 3連単 @→C→F 10620円

【12R】
号砲で飛び出したF早坂秀悟がSを決め、正攻法に収まる。周回中の位置取りは、北日本2車−西日本2車−瀬戸内2車−南関3車の順。青板2角(残り2周半手前)からH黒田淳が上昇すると、これを追った@渡邉雄太が赤板HS(残り2周)で前団を一気に叩いて先頭へ躍り出ると、そのままハイペースで逃げを打つ。中団4番手確保の黒田、6番手の早坂がともにややクチ(車間)が空き気味の一列棒状でジャン。最終HSから早坂が先捲りを仕掛けると、早坂マークのA小野大介が離れてしまい、早坂後位へ最終BKから後捲りの黒田がはまり込む。しかし渡邉雄の勢いは衰えず、早坂は2番手外までで車の勢いが止まる。結局、後続を尻目に渡邉雄が1着になり、早坂が2着を確保する。3着には早坂追走から外伸びた黒田が突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 @→F 7530円
 3連単 @→F→H 103430円

伊東温泉記念の準決勝は、いずれも成長途上の若手先行選手が、持ち味を十分に活かした内容あるレースを披露し、1着での決勝進出を決めました。
10Rは、太田がジャン前からの叩き先行でしたが、スピード持続力が圧巻で、マークの阿竹が「ずっと加速していた」と脱帽するくらいの強さでした。10秒1の上がりタイムがそれを証明しているかと思います。さらに阿竹の「走るたびにどんどん強くなっている」という感想も、ウソ偽りのない率直なものでしょう。ただ決勝は、優勝にこだわり過ぎたのか、渡邉雄とのヤングGP前哨戦を意識し過ぎたのか、僅かに戴冠に届きませんでした。ただ、このレースのような強さを見せ続けていると、GVは時間の問題のように思います。阿波の若手一番星がどこまで強くなっていくのか楽しみです。
11Rも、新山の強地脚が、郡司・原田・金子の並み居るスピードスターを完封しました。昨年末のヤングGPで落車し、成長の勢いがやや止まった感があった新山。しかしこのレースだけでなく、決勝で早坂のVに貢献した先行の脚勢を見れば、完全復活と見て良いでしょう。こちらも百戦錬磨の伏見が「強すぎる。バイク誘導みたい」と脱帽ですから、掛け値なしの本物なのでしょう。ともすれば、新田や渡邉一成が目立つ北日本の先行屋に、若手強力先行が戻って来ただけでも他地区には驚異的です。新山の復活劇がどこまで続いて行くのか、さらに注目したいと思います。
12Rは、師匠で叔父の渡邉晴を従えて、赤板HSから叩き先行した渡邉雄が見事な押し切りを見せました。あまりのハイペースに中団の黒田・湊が千切れそうになるくらいでしたし、捲り返した早坂が番手の渡邉晴の横で勢いが止まるほどの強地脚ぶり。その早坂や渡邉晴が異口同音に「強かった」「すごかった」と感嘆の声を上げました。33バンクの2周強の先行は普通でしょうが、番手・渡邉晴が伸び返せないくらいのものですから、どれだけすごかったかが分かるかと思います。ただ渡邉晴が4着に終わり、師弟連係で結果を残せなかったのは残念だったでしょうが、これは次に同様の機会があった時に期待することにしましょう。

さて今週の番組は、「明日のレースの見どころ&注目選手ピックアップ」をお送りします。明日の佐世保記念(GV)10〜12R「S級準決勝」の中から、注目選手をピックアップしてご紹介します。なおヘボヘボ予想の当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております
posted by wbs at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
逃げ切り3連発の記念準決勝なんて 記憶にありません。現場で観れたらシビれたことでしょう。さて 私の車券、伏見にことごとく振られました。準決勝で新山はら切れると思えばキッチリ付けきり、決勝は早坂のスジ車券が裏切られ(>_<)。
Posted by コタカ at 2017年12月16日 13:08
コタカさんへ

コメントありがとうございます。
逃げ切り3連発でしたか。そう言われれば、確かにそうですね。伊東は33バンクとしては直線が長めですから、なかなかお目にかかれないレアケースでしたね。
この開催は伏見にやられましたか。良くも悪くも「落ち付いちゃった」んで買い辛いんですが、この開催は頑張りました。復活してほしいですね。
Posted by 山本D at 2017年12月17日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181810515

この記事へのトラックバック