2017年12月08日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、和歌山本場ガールズFU・2日目10〜12R「A級準決勝」と、別府記念(GV)初日・10〜12R「S級初日特選」の“ボリューム最大級 超欲張り”6箇レース予想でした。

【和歌山ガールズFU・10R】
周回中の位置取りは、九州3車−中部2車−近畿4車の順。赤板HS(残り2周)からB小谷実が上昇する素振りを見せると、中団のH倉野隆太郎が先に前々踏み上げる。小谷はジャン前BKから倉野を叩いてハナに立つも、叩かれた倉野がインで粘って番手のF丸本大樹に競りを挑む。前団がもつれる中、最終HSからA秋山貴宏が巻き返しに出ると、番手競りの2車が小谷から離れ、秋山が小谷番手にはまる形となる。競り勝った後の倉野は、秋山マークのD永田修一を捌こうとするも、これは永田がキメて(インに押し込んで)位置を確保。結局、直線で小谷を捉えた秋山が1着になり、永田が2着に続く。逃げ粘った小谷が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 A→D 1160円
 3連単 A→D→B 7730円

【和歌山ガールズFU・11R】
周回中の位置取りは、四国2車−九州3車−岡山2車−中部2車の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)からC谷田泰平が上昇を始め正攻法の@藤岡隆治を抑えると、これにD多田晃紀も付いて行く。ジャン前BKから多田が前団を叩こうとするところ、大外からA高鍋邦彰がさらに叩いて先頭に躍り出る。叩かれた多田は4番手に収まり、後続も一列棒状で最終HSを通過。最終2角過ぎから藤岡が捲り返すも、多田が後捲りで併せて対応。しかし高鍋のカカリも良く、藤岡・多田ともに前団に迫れず、高鍋番手のH上吹越直樹が差し切って1着。2着にはライン3番手のE原司が突き抜け、多田マークのB近藤修康がコースを縫って3着に飛び込む。

<結果・払戻金>
 2車単 H→E 7670円
 3連単 H→E→B 28380円

【和歌山ガールズFU・12R】
周回中の位置取りは、四国2車−近畿3車−九州4車の順。赤板HS(残り2周)からD瀬戸晋作が上昇すると、中団のH池野健太を抑え込む。瀬戸はジャン前1センターでハナに立つも、すかさず2角から池野が叩き返しに出る。これには瀬戸も突っ張って抵抗を見せ、瀬戸番手のB長野和弘も池野に厳しくけん制する。前団がもつれるところを、今度は最終HSからA大久保直也が捲って出て最終BKで先頭へ。しかし池野が、最終2角過ぎ、九州ライン3番手外並走から再度捲りを仕掛ける。池野は大久保マークのC吉田周司が千切れつつあるのも幸いして大久保に追い付くと、ゴール寸前大久保を差し交わし1着になる。2着は大久保で、近畿3番手から直線伸びた@内山貴裕が3着に飛び込む。

<結果・払戻金>
 2車単 H→A 600円
 3連単 H→A→@ 5470円

【別府記念・10R】
周回中の位置取りは、西日本2車−関東3車−中部2車−北日本2車の順。赤板HS(残り2周)からG佐藤友和が上昇し、正攻法の@松岡貴久を抑え込む。これにD竹内雄作・E天田裕輝が次々と切り替え追走し、ジャン前BKから竹内が佐藤を叩いて先行勝負。佐藤は3番手に収まるも、ジャン過ぎ2センターから踏み上げた天田が捲り返しに出ると、竹内番手のA山内卓也のクチ(車間)が空いてしまい、天田が竹内番手に割り込み中団は混戦状態に。このもつれを見て、最終2角から松岡が捲り返しに出ると好回転で前団に迫る。しかし直線で踏み直した竹内が逃げ切って1着、松岡が2着に入る。そして松岡マークのF岩津裕介が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 D→@ 4550円
 3連単 D→@→F 18620円

【別府記念・11R】
周回中の位置取りは、近畿2車−西日本2車−北日本3車−千葉2車の順。青板2角(残り2周半手前)からD山中秀将が踏み上げ、正攻法の@村上義弘を抑えようとする。村上は車を下げ、正攻法が山中に入れ替わると、赤板HS(残り2周)から踏み上げたC菅田壱道が、中団に下げた村上を一旦抑えた後、さらに前々踏み上げる。ジャン前1センターで菅田が山中を抑えると、2角から今度はF清水裕友が菅田を叩いて先頭へ。清水は最終HSから後続を一列棒状にして先行勝負。最終1角8番手から山中が捲り返しに出るも、村上マークG中野彰人のけん制を受け、前に出られない。そして最終BK3番手から菅田が捲って出ると、清水番手のA大塚健一郎が併せるもこれを乗り越え、菅田が先頭へ。これを目標に村上が捲り追い込むと、菅田マークのE菊地圭尚が併せながら、早目の差し交わしに出て1着になる。2着は村上が確保し、3着には2センターから内に切れ込み空いたコースを伸びたB中村浩士が飛び込む。

<結果・払戻金>
 2車単 E→@ 6090円
 3連単 E→@→B 39900円

【別府記念・12R】
周回中の位置取りは、南関3車−九州2車−ライン3番手のA橋本強−近畿・中部2車−ライン3番手のC三宅達也の順。レースの動きは早く、青板1センター(残り3周過ぎ)からD古性優作が上昇し、正攻法のG鈴木裕抑えると、赤板HS(残り2周)で鈴木は車を下げ正攻法が入れ替わる。すると古性を追走したF山田英明が古性を叩いて先頭に躍り出る。するとジャン前BKから鈴木が巻き返しに出ると、山田も併せて突っ張りそのまま先行勝負に打って出る。鈴木はけん制を受け前に出られなかったものの、山田番手B中川誠一郎の外でへばり付き、後続ももつれる。最終BKを迎え4番手位置の古性が捲って出ると、山田番手のもつれもあってスンナリ先頭に躍り出て、そのまま1着に入る。2着には古性マークのH坂口晃輔が続き、中川後位の橋本が切り替え追走から直線伸びて3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 D→H 940円
 3連単 D→H→A 13060円

和歌山ガールズFUのA級準決勝は、本線選手がやや苦戦を強いられましたが、好調な選手が展開利を活かして結果を残しました。
10Rは、小谷の先行に倉野がイン粘りという奇襲作戦。これを活かした秋山が追い上げマークのような形になって、最後は差し切り勝ち。自在脚をいかんなく発揮しました。競り勝った倉野も、クチが空いてしまったゆえに苦戦を強いられましたが、これも経験の内。次に同様の展開になった時は、しっかり追走してもらいたいと思います。
11Rは、上吹越の巧さが他派を上回りましたが、それ以上に高鍋の機動力を評価したいと思います。BK本数だけでは多田や藤岡が上回っていましたが、腹を括ったカカリ良い先行がラインワンツーをもたらしました。自身も残りたかったでしょうが、他派の追い上げもあって上吹越の差し交わしが早まったのも止むを得なかったでしょう。しかし、こういったレースができる所をライバルに見せることで、また作戦の幅が広がるはずです。
12Rは、池野のスピードが目を見張りました。九州4車もラインの長さを活かして先行勝負。長野がけん制して池野の行き脚を止めたところまでは良かったのですが、大久保の捲りに対応できなかったのは痛かったでしょう。しかも3番手外並走の池野が大久保目がけて再発進し、このスピードが「スゴイ」以外の言葉が見当たらないものでした。決勝でも同様の展開で破格の脚性を披露して完全V。S級でのレースが見てみたいと思わせるほどでした。

一方、別府記念・S級初日特選は、いずれのレースも展開にもつれが生じ、3連単は万車券の中波乱の連続となりました。
10Rは、竹内がパワフルな逃走劇を披露しました。天田の捲りを止めようとした番手の山内が、たまらずクチが空いてしまったほどです。しかも捲り切ってしまいそうな勢いの松岡を、併せつつ強烈な踏み直しで完封しました。近歴、物足りない結果が続いた竹内でしたが、この走りを見ている限り、やはり中部の機関車であるのがはっきりと分かります。SS班はつかめませんでしたが、2018年の逆襲を期待したいと思います。
11Rは、菅田の仕掛けを活かした菊地が、村上らを抑えて快勝しました。ひと頃と比べてやや物足りない感のある菊地でしたが、このレースでは落ち着いて後続の逆襲をしのぎました。菅田をかばえば村上に飲み込まれる流れだったために対応が難しかったでしょうが、シビアに差し交わしに出たのが功を奏しました。「ダービー出場権もかかっているんで」とのレース後コメントを残しましたが、本来はそんなレベルの選手ではないはず。こちらも2018年の巻き返しに期待したいと思います。
12Rは、古性のスピードと立ち回りの上手さが目立ちました。「初手は前か後ろと決めていた」こともあって早目の動き出しだったのでしょうが、山田の思わぬ先行勝負と中川・鈴木のつば競り合いで、一発捲りに出るハラも括りやすかったでしょう。この時のスピードも圧巻でしたが、決勝で見せた竹内を叩いた先行力もすばらしかったです。番手にはまった竹内が、番手捲りに出るのを躊躇したほど。この縦横無尽の走りができれば、2018年はさらに上を目指せる位置に立てることでしょう。

さて今週の番組も「山本ディレクターの競輪トピックス」をお送りします。来年1月11日(木)に開幕する「開設68周年記念 和歌山グランプリ」出場選手決定についてご紹介します。なお明日の伊東温泉記念(GV)10〜12R「S級準決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想ですが、当ブログへのアップ予定時刻は、山本の都合により明日(9日)の朝10時頃とさせて頂きます。早い時間にお出しできず誠に申し訳ありませんが、悪しからずご了承下さい。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181782652

この記事へのトラックバック