2017年11月03日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、平塚記念(GV)の初日・10〜12R「S級初日特選」のトリプルヘボヘボ予想でした。

【10R】
号砲でポンと飛び出したC北津留翼がSを決め、正攻法に収まる。周回中の位置取りは、西日本2車−近畿・中部2車−南関3車−関東2車の順。レースの動きは早く、青板2角(残り2周半手前)からD山田義彦が上昇して正攻法の北津留を抑える。北津留が車を下げると、山田の動きを追いかけた@郡司浩平が赤板HS(残り2周)で山田を抑え込みハナに立つ。しかし郡司の動きを追いかけたB三谷竜生が、さらに郡司を叩いて先頭に躍り出る。郡司は3番手を確保し、インをすくった山田が4番手内で並走する。すると、ジャンから踏み上げた北津留が三谷と叩き合いを繰り広げ、最終1角で北津留が先頭に出る。叩かれた三谷は北津留番手に収まり、最終BK立ち上がりから番手捲りに出る。しかし、3番手位置を回った郡司が最終2センターから捲り追い込みを仕掛けると、直線外を伸びて1着となる。2着には、郡司マークから内を突っ込んで、三谷とF笠松信幸の間を割ったE林雄一が喰い込み、笠松が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→E 690円
 3連単 @→E→F 7830円

【11R】
号砲で飛び出したD神山雄一郎がSを決めると、E鈴木庸之を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、関東2車−南関3車−四国2車−近畿2車の順。このレースも動きが早く、青板BK(残り2周半手前)からA稲垣裕之が上昇して、中団のG近藤隆司を抑え、さらに正攻法の鈴木を抑え込む。赤板HS(残り2周)で稲垣を追った@阿竹智史がインを切ると、稲垣が阿竹を叩いて先頭へ躍り出る。しかしジャン前BKから近藤が踏み上げて稲垣を叩き返すと、そのまま先行勝負に出る。後方から鈴木が巻き返しに出るも、ジャン過ぎ4角でF渡部哲男と接触し(渡部は落車)、行き脚を阻まれる。稲垣は最終1センター4番手から捲り返すと、3角で前団を捉えて直線へ。そして稲垣マークのH稲川翔が差し交わして1着、稲垣が2着に入る。3着には南関3番手のB岡村潤が伸びる。

<結果・払戻金>
 2車単 H→A 360円
 3連単 H→A→B 1700円

【12R】
号砲直後の若干のけん制の後、@武田豊樹が誘導を追いかけ、正攻法にD吉田拓矢を迎え入れる。周回中の位置取りは、関東2車−九州2車−北日本3車−中部2車の順。青板3角(残り2周半)からF高橋和也が上昇すると、抑えられるのを嫌った吉田は車を下げる。赤板HS(残り2周)で高橋がハナに立つと、G松川高大がその動きを追走し、さらに外に車を持ち出したB早坂秀悟が一気に前団を叩いて先行勝負に出る。しかしジャン過ぎ3角から巻き返しに出た吉田が、最終1センターで早坂を捉えて先頭へ躍り出る。ところが吉田マークの武田が早坂マークE菊地圭尚のけん制を受けると、追走に窮して後退する。吉田番手にはまった早坂はクチ(車間)が空いてしまうも追い上げに行くと、その勢いを活かした菊地が直線鋭く伸びて1着になる。2着には、最終BKから捲った高橋後位から菊地後位に切り替えて直線伸びたH坂口晃輔が突っ込み、吉田が3着に粘り込む。

<結果・払戻金>
 2車単 E→H 13980円
 3連単 E→H→D 151660円

雨中の戦いとなった平塚記念の初日特選は、本命戦2つと超大穴レースという、主力級に明暗が分かれる結果となりました。
10Rは、三谷と北津留の主導権争いは見応えがありましたが、三谷の仕掛けを冷静に見極めた郡司が準地元記念(ホームは川崎)の初戦を飾りました。「GP出場権の賞金ランクは気にせず」と前検日に話していた郡司でしたが、準決行きを決められただけでも大きかったでしょう。ただ決勝で無念の落車。「ケガは大したことはない」と話していましたが、GP出場権争いに心配材料が増えました。一方、インにコースを取った林も良い伸びで、もう少しでアタマまでという勢いでした。地元勢のこの開催にかける意気込みを見たレースでした。
11Rは、近藤の抑え先行を、好位置を確保した稲垣がさすがの捲りを見せました。アタマ取りかと思われましたが、巧マークの稲川が早目の差し交わしで1着になりました。ひと頃に比べるとかなり戻って来た稲川ですが、稲垣の捲りを交わした勢いは3〜4年前の絶好調の頃を彷彿させるものでした。稲垣も慌てることなく、後続の動きを見極めながらの余裕ある捲り返しでした。その稲垣も決勝で落車し、状態が心配されるところです。仮に軽傷なら一安心ですが、今後もGP出場権確保に向けて負けられない戦いが続きます。競輪祭・GPに向けてのこの試練を乗り越えてほしいと思います。
12Rは、早坂の先行を吉田が先捲りというセオリー通りの流れでしたが、吉田マークの武田が菊地に捌かれ後退というまさかの展開。菊地は「あんなに伸びるとは」と驚きのレース後コメントでしたが、早坂が車間を詰めつつ第2先行となった分だけ、早坂後位の菊地に流れが向きました。イマイチ感が残る菊地の近況でしたが、この1着は本人にとっても良い薬になることは間違いないでしょう。吉田の粘り込みはさすがでしたし、坂口の突っ込みもすばらしかったのですが、心配は武田の脚勢が戻って来ないこと。このレースでは吉田の仕掛けにややクチが空き気味の追走で、菊地のけん制にあっさりと屈してしまったのは、その後の負け戦での走りを含めて考えれば、まだまだと判断せざるを得ないでしょうか。熊本GVin久留米の決勝3着も、番手絶好ながら差し遅れた感が否めません。GP出場権はほぼ手中に収めているとはいえ、武田の復活を心待ちにしたいと思います。

さて今週の番組は、「明日のレースの見どころ&注目選手ピックアップ」をお送りします。明日の防府記念(GV)10〜12R「S級準決勝」の中から、注目選手をピックアップしてご紹介します。なおヘボヘボ予想の当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181436555

この記事へのトラックバック