2017年09月29日

9/30 松戸記念GV・10〜12R「S級準決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(30日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、松戸記念(GV)の3日目10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

※今日は3箇レース予想のため、詳細コメントは縮小させていただきます。悪しからずご了承下さい。

●松戸記念GV・3日目

《第10R S級準決勝》

本線 穴
◎ ☆ 1 諸橋 愛(新潟)
    2 飯野祐太(福島)
○ ▲ 3 海老根恵太(千葉)
☆ × 4 小川勇介(福岡)
▲   5 長島大介(栃木)
    6 阿部力也(宮城)
× ◎ 7 山中秀将(千葉)
    8 松岡篤哉(岐阜)
  ○ 9 齋藤登志信(宮城)

並び ←GC A96 D1 F3
※「Keirin.jp」による

小回りの33で皿バンクの特徴通り、先手ラインが結果を残している2日間。明日の準決も、果敢に主導権を奪ったラインが優勢か。このレースは、C小川が「松岡さんへ」とコメントし、想定通りの4分戦。各ラインの先頭選手はいずれも捲り志向だが、イザとなれば積極駆けも辞さない選手ばかりだ。BK本数だけ見ればG松岡が飛ばして、他派が捲り返す逃れになろうか。先行・捲りいずれでも対応可能なD長島に前を任せる@諸橋に◎印を打つ。前回・共同杯で悲願のビッグ初V。今節もその勢いをキープして準決メンバー中唯一の2連勝での勝ち上がり。明日は長島次第になるが、不発でも最終2角あたりから内々捌いて強襲見せるか。対抗はB海老根。共同杯は8・6・6・5と散々だったが、「練習をしっかりとやった」成果を出す絶好の機会が訪れた。山中の仕掛けに乗って、直線ズバッと差し切りを決めるか。穴軸はそのF山中。3場所前の小田原GVで優参し、続く弥彦・伊東のFTでも優参。捲り中心も、自在脚質だけに総力戦の様相だが、準地元戦である以上、何もせずに終わる訳にはいかないだろう。ワンチャンスを活かして、好配をもたらすか。飯野の捲りから伸びるH齋藤、粘り見せるD長島、タテ脚活かすなら負けないC小川は、アタマ狙いでも必要になるか。

<本線予想> 1=3 1=5 1→7 1→4
<穴予想> 7=9 7=3 7→4 7→1


《第11R S級準決勝》

本線 穴
◎ ☆ 1 根田空史(千葉)
    2 取鳥雄吾(岡山)
× ◎ 3 稲毛健太(和歌)
  × 4 筒井敦史(岡山)
    5 笠松信幸(愛知)
  ▲ 6 北川紋部(福井)
▲   7 中村浩士(千葉)
☆   8 嶋津拓弥(神奈)
○ ○ 9 吉田敏洋(愛知)

並び ←A4 B6 G @7 H5
※「Keirin.jp」による

想定通りの4分戦と思いきや、G嶋津・@根田ともに「自力」で南関別線。4分戦+単騎1車となった。しかも10Rと違い、BK本数豊富で先行意欲の高い自力屋が集結し、A取鳥・B稲毛が叩き合いを繰り広げるところを他派が捲り返すのが濃厚だろうが、流れひとつで展開がガラリと変わりそう。ただ、準地元戦にかける思いを胸に気合いの入った走りを期待して、@根田を本命視する。ASでは一予敗退となった根田だが、残り3走で1勝・2着1回と健闘した。今節は初日特選7着も、今日の二予で貫録の逃げ切り勝ち。明日は上手く展開を見極めて、中村とのワンツーを決めたいところだ。対抗は、復活途上のH吉田。ひと頃に比べると、やや迫力に欠ける近歴の吉田だが、前回・函館FTでA・1・@でV。決勝では、元砂勇の先行を4番手追走から捲り追い込んでの優勝だった。今日の二予で、嶋津らを相手の赤板先行2着逃げ粘りなど着実に調子を上積みしており、明日もタイミング良く捲り返してまとめて面倒見るか。穴軸はB稲毛の粘りに期待。ASでは一予9着敗退も負け戦を3・2と着をまとめ、その後も主導権を取ったレースでは結果を残している。今節も初日特選で逃げて3着に入り優秀戦・準決進出を決めた。明日は超細切れ戦で仕掛けるタイミングに工夫が必要だが、ハナを切れれば押し切り可能な当地バンクだけに、逃げ粘っての優参を期待したい。根田マークで好調のF中村、稲毛マークから番手捌くE北川、取鳥の主導権なら伸び返し見せるC筒井も2〜3着受けに必要だ。

<本線予想> 1=9 1=7 1→3 1→8
<穴予想> 3=9 3=6 3→4 3→1


《第12R S級準決勝》

本線 穴
▲   1 橋本 強(愛媛)
  ▲ 2 小松崎大地(宮城)
○ × 3 吉田拓矢(茨城)
    4 長尾拳太(岐阜)
× ◎ 5 佐藤慎太郎(福島)
    6 久木原洋(埼玉)
◎   7 稲垣裕之(京都)
  ☆ 8 谷津田将吾(福島)
☆ ○ 9 神山拓弥(栃木)

並び ←B9E A58 C F1
※「Keirin.jp」による

@橋本が「稲垣さんへ」、E久木原が「関東3番手」、C長尾が「単騎でも自力」とそれぞれコメントして、3分戦+単騎1車の構図。小松崎と吉田の先争いを稲垣が捲り返すのが展開のセオリーか。イザとなればカマして行くことも考えれば、ここは展開不問でF稲垣に◎印。共同杯は準決4着惜敗で優参を逃したが、前々回・地元向日町GVでも優参。今節も初日特選は稲毛の先行で快勝、今日の優秀戦も厳しい展開から3着に突っ込むなど、決して調子落ちではなさそう。明日は自力戦になるが、他派がつぶし合いになれば自分のタイミングで捲り返し、他派を一刀両断して優参決めよう。対抗はB吉田。ASではオリオン賞スタートも見せ場を作れなかったが、続く高松FTで準V。共同杯も3・2・9・4で準決まで進出し、復調をアピールした。今節のA・Aの勝ち上がりは着順以上の動きだし、明日は神山のアシストを受けての粘り込みも十分想定できよう。穴軸はD佐藤。特選予選スタートだったASでは、最終日にやっと3着に入った。しかし「そのあたりから調子は上向き」のコメント通り、韓国・光明競輪場で行われた「日韓対抗戦」で日本人初の優勝に輝いた。今節は展開もあったが、B・Cでの勝ち上がりは想定の範囲内だろうし、明日は連携実績豊富な小松崎が前回りだけに福島ライン上位独占も期待したいところだ。稲垣後位から伸び返す@橋本、逃げ粘るA小松崎、吉田マークから突っ込むH神山あたりは、2〜3着受けだけでは足らないか。

<本線予想> 7=3 7=1 7→5 7→9
<穴予想> 5=9 5=2 5→3 5→8


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181138205

この記事へのトラックバック