2017年05月03日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、松阪ガールズFT「S級シリーズ・西日本カップ オッズパーク杯」の初日・12R「S級初日特選」のヘボヘボ予想でした。

号砲で内枠2車が出るも、D石塚輪太郎が誘導を追いかけ正攻法に収まる。周回中の位置取りは、石塚−マークのB大塚玲−西日本2車−中部3車−関東2車の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)からE雨谷一樹が踏み上げ、正攻法の石塚を抑える。雨谷がジャン前2角でハナに立つと、これを追走したC谷口遼平が雨谷を叩いて先頭へ躍り出る。谷口を併せ気味に踏み上げた@松川高大は、谷口を出させて4番手を確保する。ジャンから谷口がペースアップを図るも、最終2センターから巻き返しに出た石塚がカマシ気味に踏み上げると、最終1角で谷口を捉えて主導権を奪い返す。後続が千切れていくところ、雨谷も差を詰めるべく捲り上げる。しかし差は縮まらず、石塚番手の大塚が直線で差し交わして1着になる。石塚が2着に粘り、谷口マークから直線伸びたA森川大輔が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 B→D 1030円
 3連単 B→D→A 3080円

地元の谷口が流し気味の先行だったところを石塚がカマして主導権を奪い、番手マークの大塚が差し交わしました。
元々タテ脚で鳴らしていた大塚でしたが、追込みに転じてからは成績も安定。予選スタートからの優参を重ねていたことで、このシリーズは特選スタートでした。しかも単騎同士の即席ラインでしたが、石塚の踏み出しをしっかり追走すると、あとは差し交わすだけといった展開利にも恵まれました。今後も安定した結果を積み重ねていけば、Gレース上位戦線への参戦も可能ですし、南関勢が元気な今だからこそ、その一角に加われる可能性は十分です。決勝でも厳しい展開から3着に食い込んで来たくらい好調な大塚に今後も注目です。
石塚は初めての初日特選でしたが、ポテンシャルをいかんなく発揮したレースぶりでした。雨谷に抑えられ、谷口に叩かれ後方に回った時点で仕掛けるのを躊躇するところ、目イチの巻き返しで1周半踏み続けました。実際のところ、最終1角で出切り、谷口以下を「7人の競輪」にした時点で勝負ありでした。大塚に差されはしましたが、今後の成長がますます楽しみになって来ました。地元・和歌山のファンの一人として声援を送りたいと思います。

さて今週の番組は、あさって(6日)の「日本選手権競輪」5日目9〜11R・準決勝の注目選手をピックアップします。なお、見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは、夜9時頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179614814

この記事へのトラックバック