2017年04月14日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、岸和田FT「S級シリーズ・サテライト観音寺カップ」2日目・9〜11R「S級準決勝」と、川崎記念(GV)ナイター初日・10〜12R「S級初日特選」の、“ボリューム最大級 超欲張り”6箇レースヘボヘボ予想でした。

【岸和田9R S級準決勝】
号砲で若干けん制の後、H天田裕輝が誘導を追いかけ正攻法に収まる。周回中の隊列は、群馬2車−九州2車−北日本・南関3車−近畿2車の順。青板2センターからC大竹歩が上昇すると、これを見て@坂本亮馬も前々踏み上げ、正攻法の天田を抑える。するとジャン前BKから大竹が坂本を叩いてハナを切るも、E真船圭一郎が叩き返すべく反撃のスパート。しかし大竹マークのA川村晃司は連結を外し、北日本ライン後位へ下がる。そして真船と大竹が叩き合いを演じる中、最終HSで真船マークのD菊地圭尚が入れてやる形で、真船は大竹の番手に収まる。最終HSから川村が自ら捲り上げるのに併せて、真船も番手捲りで応戦。川村は菊地のブロックを乗り越えて真船を捲り切るも、川村の仕掛けを追走した坂本が直線強襲して1着になる。2着には坂本マークのF大塚健一郎が続き、川村が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→F 420円
 3連単 @→F→A 1930円

【岸和田10R S級準決勝】
号砲直後はけん制状態も、@山崎芳仁が誘導を追い、正攻法に収まる。周回中の位置取りは、北日本2車−単騎のE梶山裕次郎−東日本3車−中部3車の順。赤板HS(残り2周)からH桐山敬太郎が上昇して山崎を抑えると、山崎はスンナリ車を下げる。桐山の動きを追走したF高橋和也がジャン前2角から桐山を叩いて先行勝負に出ると、梶山はここへ切り替えていく。すると桐山はジャン2センターでインをすくい、中部3番手のD山口富生に踏み勝って割り込みに成功する。山崎もジャン3角から早目の巻き返しに出るも、外々踏まされた上、前団と脚色が合ってしまい、最終1センターで失速、後退。そして最終2センターから桐山が捲り追い込みを仕掛けると、これに併せて高橋番手のA柴崎淳が早目の差し交わしで1着になる。2着には桐山が、3着には桐山マークのB小埜正義がそれぞれ続く。

<結果・払戻金>
 2車単 A→H 2490円
 3連単 A→H→B 7490円

【岸和田11R S級準決勝】
このレースも号砲直後けん制状態になり、C吉本哲郎が飛び出して正攻法に位置する。初手の並びは、西日本3車−単騎のG志村太賀−近畿3車−関東2車の順。赤板HS(残り2周)を合図にB山田義彦が上昇し、H山田久徳を抑えようとするも、これを嫌った山田久も併せて前々踏み上げる。しかしジャン前2角で山田義が山田久を抑えてハナに立つと、吉本が一気に踏み上げ先行勝負を敢行。山田義は飛び付きを狙うも吉本番手のA桑原大志に抑えこまれ3番手に後退。今度は最終1センターから山田久が捲り返すと、桑原が大きくブロック、戻ってきた2センターで山田久マークのD南修二がハウス(車輪が接触)して落車。バランスを崩した桑原も最終4角で落車(失格)。後続のもつれを尻目にインを突っ込んだ山田義が1着になり、マークのF芦澤辰弘が2着に続く。先行した吉本が3着に粘る。

<結果・払戻金>
 2車単 B→F 1820円
 3連単 B→F→C 33990円

【川崎10R S級初日特選】
号砲でA朝倉佳弘が飛び出し、E矢野昌彦を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、関東2車−西日本2車−近畿・中部3車−南関2車の順。青板BK(残り2周半手前)からH古性優作が上昇して矢野を抑えると、矢野は車を下げて正攻法が入れ替わる。赤板HS(残り2周)手前からC渡邉雄太が上昇を見せると、車を下げた矢野が併せて出ようとして抵抗する。ジャン前1センターから渡邉が仕掛けて出ると、矢野は抵抗できず後退し、インをすくった古性が3番手を確保する。渡邉が快調に飛ばして行くところ、最終1センターで番手回るG小原太樹が車間を切るも、そのタイミングで古性が3番手捲りを仕掛ける。小原は古性マークのB稲垣裕之をブロックに行くも捌き切れず、稲垣がブロックをこらえた勢いで差し切りを決め1着となる。2着には古性が残り、3着にはライン3番手のF林巨人が続いて、ライン上位独占を決める。

<結果・払戻金>
 2車単 B→H 290円
 3連単 B→H→F 620円

【川崎11R S級初日特選】
号砲直後のけん制状態から、A浅井康太が誘導を追いかけ正攻法に収まる。周回中の位置取りは、中部・近畿2車−西日本2車−南関3車−宮城2車の順。赤板BK(残り2周)からH菅田壱道が前へ踏み上げて行くと、これを@郡司浩平が追走。するとジャン前BKからG北津留翼が一気に踏み上げると、菅田を叩いて先行。一列棒状の最終HSから浅井が早めの捲り返しに出ると、北津留番手のB三宅達也が厳しくけん制しつつ抜け出そうとする。前団が混戦状態になったのを横目に、最終2角から郡司が捲り返すと、最終3角で前団を捉えて先頭へ。マークのC勝瀬卓也は千切れ、結局、郡司が後続を4車身千切って1着でゴール。浅井を捌き切った三宅が離れながらも追走して2着を確保。3着には三宅後位での捌き合いを制した菅田が流れ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 @→B 4190円
 3連単 @→B→H 51470円

【川崎12R S級初日特選】
このレースも号砲直後はけん制状態となるも、@永澤剛が誘導員を追い、正攻法にC飯野祐太を迎え入れる。周回中の位置取りは、北日本3車−東日本3車−西日本3車の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)からA平原康多が前団を抑えるべく踏み上げるも、飯野も誘導を交わして突っ張る構えを見せる。前団もつれるところ、H中井俊亮がジャン前1センターで前団を叩いて先頭へ躍り出ると、そのままジャンからペースアップして先行勝負に出る。飯野を抑えられなかった平原は巻き返すべく、ジャン過ぎ2センター7番手から早めの捲り返しに出ると、一旦4番手位置の飯野をキメて割り込むと、そのままの勢いで最終BKから捲り返しに出る。マークのD松坂英司は千切れ、中井番手のB岩津裕介はブロックできず平原マークへ切り替えようとする。結局、後続に6車身の大差をつけた平原が1着になる。中井をゴール寸前交わした岩津が2着に続き、中井が3着に逃げ粘る。

<結果・払戻金>
 2車単 A→B 370円
 3連単 A→B→H 1380円

岸和田FTの準決勝3箇レースは、雨の中だったにもかかわらず、先手ラインが意外な苦戦を強いられました。
10Rは、大竹が叩き合いを制して主導権を奪いましたが、マークの川村が連結を外し、北日本ラインに割り込まれる事態に。その川村は捲り返しを決めましたが、坂本らを引き出してしまうという、何とも言えないバツの悪いレース運びでした。坂本は慌てることなく、冷静に流れを読んで追込みでの九州ワンツー。捲り主体の攻めだけに、こういった形での入着もアリなんでしょうが、先捲りからの1着だったら、もっと良かったように思ったのは私だけでしょうか。
11Rは、山崎が捲り不発で中部勢に流れが向きましたが、むしろ3番手を攻めに行った桐山の動きが光っていたように感じました。高橋の主導権でラインごと出切ってしまうと、中部ラインの上位独占になる恐れもあります。また後ろに小埜もいることから、決死の3番手攻めで山口をどかしさえできれば、あとは捲り追い込みで優参権利を確保できます。山口がやや追走に窮し、外にふくれたワンチャンスを見逃さなかったのはさすがでした。縦横無尽の攻めができる桐山の走りは、しばらく注目したいと思います。
12Rは、吉本のハラを括った先行が、レースを一転させました。山田久・山田義のいずれかがハナを切って吉本は捲りに構える、という大方の予想を良い意味で裏切りました。後続のもつれにも助けられ、3着で優参確保。しかも決勝では、イン切り気味に踏み上げから川村を出させて3番手確保。そこから桐山を捌きつつ捲り追い込んで自身初のS級優勝を飾りました。レインボーCファイナルからの昇級組で84期の遅咲きですが、この勢いでS級上位へ肩を並べて行って欲しいと思います。

一方、川崎記念ナイター・初日特選は、主力選手が軒並み強さを見せつけ、シリーズを白星発進しました。
10Rは、先行する南関勢の3番手を古性が確保し、あとは捲り返すタイミングだけといった流れに。古性が捲りを決めると、小原の抵抗を番手マークの稲垣が簡単に捌き切り、あとは差し交わすべく一直線でした。相撲でいう「電車道」のようなレースぶりに、対戦した選手もファンも、ともに格の違いを見せつけられたような気がしました。
11Rの郡司、12Rの平原はともに、後続をぶっちぎっての1着。ともに素晴らしいの一言です。郡司は先捲りを仕掛けた浅井が不発に終わったのを確認してからの発進で、完全な「サラ脚」状態からの捲りでした。平原も、4番手位置の飯野をつぶして息を整えてから、強烈な捲り脚を披露。車間を切ってけん制していた岩津をあざ笑うかのようなスピードは圧巻でした。ただ、平原は2日目・優秀戦で落車し、途中欠場の憂き目に。地元・西武園GVは出場するのか気掛かりですが、いずれにしても京王閣ダービーには万全の状態に立て直して出場してもらいたいものです。

さて今週の番組は、「明日のレースの見どころ&注目選手ピックアップ」をお送りします。明日、初日を迎える高知記念(GV)の中から、注目選手をピックアップしてご紹介します。なお10〜12R「S級初日特選」の見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179355235

この記事へのトラックバック