2017年03月11日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、玉野記念(GV)の最終日12R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

号砲直後の若干のけん制の後、F石井秀治・@村上義弘が飛び出し、石井が正攻法に収まる。周回中の位置取りは、石井−中部・近畿2車−瀬戸内3車−単騎のG早坂秀悟−茨栃2車の順。レースは青板3角(残り2周半)からC吉田拓矢が動きを見せ、上昇した吉田が中団のD原田研太朗を抑え込む。ジャン前BKから吉田が踏み込んだのを見て、村上も前々踏み上げ3番手位置を確保。するとジャン過ぎ3角から原田が早めの巻き返しに打って出ると、吉田もさらにペースアップ。最終HSから最終BKまでこの2車が雁行状態を繰り広げる。この先行争いを見て、早坂がダッシュ良く捲って出ると、瀬戸内3番手のB岩津裕介も併せるように捲り発進。さらにこの2車を目標に村上や石井も後捲りを仕掛け、最終3角は大混戦となる。結局、石井を捌きつつ大外強襲した村上が、ゴール寸前で前団を捉えてVゴールを駆け抜ける。2着には早坂を捌きながら直線伸びた岩津が入り、3着には村上マークのH金子貴志が続く。

<結果・払戻金>
 2車単 @→B 5770円
 3連単 @→B→H 27440円

吉田と原田の見ごたえ十分の主導権争いを、岩津の仕掛けを追走気味に捲り返した村上が、自身通算32回目の記念優勝を決めました。
GPチャンプとして迎えた村上の2017年は、和歌山・奈良のGVこそ優参を果たしましたがVを決められず、取手・全日本選抜も準決敗退と、いま一つ波に乗り切れていない感がありました。このシリーズも準決で3番手捲りが決まったかに見えましたが3着に沈むという、本人にとってもファンにとっても何か消化不良に見えるレースぶりでした。ところがこの決勝では、勝ちを意識しつつ、自分の納得のいく走りがしたいという気持ちが垣間見えました。「(記念)一つ勝ててホッとした」とレース後コメントを残していましたが、これは偽らざる本音でしょう。「魂の走り」を見せる村上に対するファンの大きな期待があるからこそ、背負うモノも大きいはず。今年初星を飾ったことで、今後、村上は妙な気負いなく走れるでしょうし、それによる春以降の巻き返しに注目したいと思います。
2着の岩津もシビアな走りでV争いに加わりました。戦前は、原田の番手を主張せず「徳島の3番手」という選択肢に疑問をお持ちの方も多かったかと思います。しかしレース内容を見せられると、原田がすんなり出切れても、吉田・原田が「ドツキ合い」を演じても、タテ・ヨコ兼備の岩津だから対応できるポジショニングだったことが理解できます。地元記念V4こそなりませんでしたが、「見せ場は作れた」という自己評価の通り、次につながる走りだったことは確かです。その次走は、対岸の高松で開かれる「ウイナーズカップ」。SS班だけに、特選スタートと勝ち上がりが優遇されていることもあり、決勝進出はある意味「できて当然の課題」かもしれません。このレースぶりを見れば、きっと優参を果たしてくれることでしょう。
そして改めて触れますが、吉田と原田の先行争いは見ごたえ十分でした。決勝だけに双方が勝ちを意識して、一方が難なく先行し、もう一方が自分のタイミングで捲りを放つという流れに陥りがちですが、真っ向勝負を見せてくれました。ライン決着の車券を買っていた方には申し訳ありませんが、若手自力型の2人がこういうレースを見せてくれたことに、拍手を送りたいと思います。いつも私がこのコラムで申し上げている、レース内の役割分担を、それぞれがきっちり担って死力を振り絞る。これが車券の結果を差し置いてでも、ファンに感動を呼ぶレースの条件だと思います。玉野バンクで生のレースをご覧になったファンは、幸せ者だと思います。吉田・原田それぞれが、今後のレースを戦う上での財産(対戦データや現状の力評価)ができたでしょう。上位格のレースで2人の再戦があることを期待してやみません。

さて今週の番組は、明日の大垣記念・最終日12R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。都合により遅くなることもありますが、何卒ご容赦下さい。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178998242

この記事へのトラックバック