2017年02月11日

2/12 小田原「国際自転車トラック競技支援競輪」GV・12R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(12日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、小田原「国際自転車トラック競技支援競輪」(GV)の最終日12R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●小田原「国際自転車トラック競技支援競輪」GV・最終日

※明日は、1Rと8Rで「KEIRINエボリューション」が行われる関係で、S級決勝は12Rで行われます。電話投票・前売り車券購入の際は、十分にご注意下さい。

《第12R S級決勝》

本線 穴
☆   1 新田康仁(静岡)
○ ▲ 2 松川高大(熊本)
▲ ○ 3 小埜正義(千葉)
    4 田中晴基(千葉)
  ☆ 5 渡部哲男(愛媛)
    6 石塚輪太郎(和歌)
◎ × 7 根田空史(千葉)
    8 堀内俊介(神奈)
× ◎ 9 西岡正一(和歌)

並び ←E9 G1 FBC A5
※「Keirin.jp Stream」翌日の予想による

南関勢が大量5車優参も、別線勝負を選択。4分戦になり他派にもチャンス到来だ。
並びは、和歌山2車は今日と同じで、西日本2車も想定通り。南関5車は千葉3車とそれ以外の2車に袂を分けた。千葉3車の並び順は、F根田が「いつも通り自力」と話して前回りで、C田中が「千葉3番手」とコメント。もう一方の南関2車は、G堀内が「自力で積極的に」とコメント。展開は、地元戦で良い所を見せたいG堀内と、初のGV決勝に燃えるE石塚との主導権争いを他派が捲り返すのが自然か。実績や現状の勢いからすれば、F根田の力が一枚上手で中心視できよう。前回・奈良GVでは、郡司浩らのアシストを受け、番手捲りで記念初Vを飾ったのは記憶に新しいところ。今節は初日特選こそ先行して大敗したが、今日の準決は石塚に叩かれたものの、4番手から冷静に捲り返して見せた。明日は後ろに同県勢を従えているものの、ラインの長さの優位を考えれば無理に先行する必要もなく、タイミングを図った捲りで前団を一刀両断し、GV連覇決めるか。対抗はA松川。10月別府FTで落車欠場したが、その後の回復ぶりはまずまず。前回・小倉ナイターFTではH・8・2と乱調だったものの、今節は初日特選から2連勝での優参。しかも今日の準決は、単騎戦からスーパールーキー・太田竜を3番手から軽く捲り去った。明日も今節の2走と同じくタイミングを見て捲り返すことになるだろうが、根田より先に仕掛けられればVチャンスは限りなく広がるはずだ。
穴軸には、「贔屓の引き倒し」を覚悟でH西岡を指名。年頭のWGPで決勝3着に入り順調なスタートを切った西岡だが、その後のFT2節はいずれも準決敗退。今節も初日特選はノーチャンスで6着。しかし今日の準決は、根田の捲りを喰らったものの、石塚の果敢な先行を受けて2着を確保するとともに、石塚を3着に残して明日につなげた。決勝も石塚次第になるが、主導権奪取が成功すれば早目の抜け出しで、昨年の京都向日町で逃した「トラック支援GV制覇」を決めるか。根田の仕掛けから番手差し込むB小埜、堀内の先制なら浮上する@新田、同様に松川の仕掛けからタテ脚伸ばすD渡部も主力勢との差は無く、アタマ候補としても押さえておきたい。

<本線予想> 7=2 7=3 7→9 7→1
<穴予想> 9=3 9=2 9→7 9→5


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178739414

この記事へのトラックバック