2017年01月14日

1/15 大宮記念GV・12R優秀競走「昇竜賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(15日)和歌山競輪場で場外発売が行われる大宮記念(GV)の2日目12R・優秀競走「昇竜賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●大宮記念GV・2日目

《第12R S級優秀「昇竜賞」》

▲ ☆ 1 神山拓弥(栃木)
○ ▲ 2 吉田敏洋(愛知)
◎   3 平原康多(埼玉)
  × 4 小埜正義(千葉)
    5 友定祐己(岡山)
    6 松川高大(熊本)
☆ ◎ 7 海老根恵太(千葉)
    8 長島大介(栃木)
× ○ 9 園田 匠(福岡)

並び ←GB1 C7 A5 E9
※大宮競輪HPによる

地元エースが難なく優秀戦に。明日は先導役いるが、他派もワンチャンスにかける。
ライン構成は4分戦。関東3車は@神山が「3番手でいい」とコメントし、B平原が番手回りとなった。千葉2車・九州2車は順当な並び順で、単騎のD友定は「吉田マーク」を選択した。展開は、地元を従えて先行意欲が高そうなG長島が積極的に駆け、他派が捲り返しを狙うという流れが自然か。ならば番手から抜け出すB平原が中心になろう。GP直後の前回・立川GVは3連勝で優参も、単騎戦となった決勝は展開に恵まれず3着に終わった。しかし存在感は十分見せつけたし、今節につながる走りだったことは間違いない。今日の初日特選も、池田勇の先行から番手捲って神山拓と1着を分け合った。明日も同様の流れから必勝態勢築いて連勝決めるか。対抗はA吉田。GPは補欠で惜しくも出走叶わなかったが、立川GVでは深谷知の番手戦で優参決めるも、決勝では焦って早過ぎるブロックで、北津留にインすくわれて4着に終わった。今日の初日特選でも、竹内雄の先行を番手から抜け出し2着に入ったが、竹内を残すことができず、今後のマーク戦に課題を残したか。しかし明日は慣れた自力戦で、自分のタイミングで仕掛ければ良いことから、500バンクの特性を活かして捲り追い込んで来るか。
穴軸はF海老根。近歴は可もなく不可もなくといったところだが、直近2場所のFT戦(千葉・四日市)は、いずれも優参を逃している。「調子は悪くない」と前検日にコメントを残したが、今日の初日特選はその言葉通り、小埜の捲りを追走すると直線捉えて勝ち星を挙げた。明日も小埜追走からレースを組み立てることになるが、バンク相性が良く、直線の長い大宮だけに、明日も直線強襲で好配提供のシーンを期待したい。平原後位から今日と同様の伸び見せる@神山、松川の仕掛けから突っ込むH園田、ワンチャンス活かして捲り決めるC小埜は上位陣との差は無く、アタマからでも狙ってみたい。

<本線予想> 3=2 3=1 3→9 3→7
<穴予想> 7=9 7=2 7→4 7→1


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178401740

この記事へのトラックバック