2016年12月03日

12/4 岸和田記念GV・12R優秀競走「チャリオン賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(4日)和歌山競輪場で場外発売が行われる岸和田記念(GV)の2日目12R・優秀競走「チャリオン賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●岸和田記念GV・2日目

《第12R S級優秀「チャリオン賞」》

本線 穴
  ▲ 1 南 修二(大阪)
☆ ○ 2 山田英明(佐賀)
▲   3 脇本雄太(福井)
    4 古性優作(大阪)
  ☆ 5 園田 匠(福岡)
× ◎ 6 稲川 翔(大阪)
○ × 7 原田研太朗(徳島)
    8 海老根恵太(千葉)
◎   9 村上義弘(京都)

並び ←C61 B9 F8 A5
※大阪スポーツ・塩次洋太記者の現地取材による

力上位で決まった初日特選。近畿5車は別線も、実力拮抗4分戦で波乱の匂いも。
ライン構成は想定された4分戦。大阪3車は、E稲川が「南さんにいいと言われたんで古性の番手へ」とコメントし、並びは落ち着いた。近畿残る2車と九州2車も順当な並びになった。そしてG海老根が「初めてとなる原田君へ」と話し、即席ラインとなった。展開は、地元で良い所を見せたいC古性が積極的に駆けて行くだろうが、先行・捲りいずれでもB脇本がレースの流れを決めることになろうか。ならば、脇本マークのH村上に展開が向きそうで中心視したい。武田豊欠場で、GP出場決定組では唯一の参戦となった村上だが、地元地区のGVだけに村上のポリシーからすれば、欠場は考えられないところだろう。今日の初日特選では、脇本の捲りに一瞬クチが開いてしまったが「稲川もいたから」必死に追い付き、最後は脇本を差し交わした。明日も脇本マークだが、きっちりマークできさえすれば、今日の再現も十分だ。対抗はF原田。今節は急な追加あっせんだったが、今日の初日特選は最終HSから仕掛けて、古性の先行を軽く捲り切って1着。レース後「引き続き緊張感を持って走れている」とのコメントを残したが、「明日以降も戦える感じ」と手応えも十分の様子。前回・競輪祭は準決で大敗したが、それ以外の3走はいずれも1着の固め勝ち。まさにGT級の原田が今節の行方を握っていると言っても過言でなく、明日もワンチャンスを活かして連勝を決めるか。
穴軸はE稲川を指名。今年は伊東温泉・全プロと川崎・サマーNFで落車し、年間通して万全な体調ではなかった。前回・競輪祭では特選スタートも二予落ちを喫したが、前々回・立川FTでVと調子が戻りつつあるのは確かだ。今節は「まさかの」追加だったが、今日の初日特選は近畿3番手追走でしっかり3着を確保。明日は南に譲られての大阪ライン番手回り。古性が今日と同様の積極駆けを見せれば、番手から抜け出して地元GV優秀戦でアタマ取りを決めよう。B脇本の逃げ残り、A山田の一発捲りは当然だが、大阪3番手@南の突き抜け、山田後位D園田の強襲も押さえておかなければならないか。

<本線予想> 9=7 9=3 9→6 9→2
<穴予想> 6=2 6=1 6→7 6→5


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177913958

この記事へのトラックバック