2016年12月03日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、第58回競輪祭(GT)の最終日11R「決勝戦」のヘボヘボ予想でした。

号砲でA新田祐大とG芦澤大輔が飛び出すと、新田がSを決めてC新山響平を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、北日本2車−関東3車−愛知2車−単騎のH稲垣裕之−単騎のE近藤隆司の順で落ち着き、GT決勝6周競走の周回を重ねる。しかしレースは、早くも青板1角(残り3周過ぎ)から動きを見せ、@深谷知広が上昇して正攻法の新山を抑えると、これに稲垣も追走。さらにF平原康多が稲垣後位に乗り換えると、新山は赤板HS(残り2周)で8番手まで下げさせられる。その新山が、ジャン前2角から一気に踏み上げて行くと、これを見た先頭の深谷も併せるようにペースアップし、さらにジャン3角と4角で自ら車を2度、3度と外に振って新山をけん制。深谷の抵抗に新山は最終1角で力尽き、新山マークの新田は自力に転じるも車が前に進まない。この混戦を衝いて、3番手位置の稲垣が先捲りに打って出ると、深谷番手のD金子貴志のけん制をかいくぐって最終2センターで先頭に躍り出る。しかし稲垣の後位を確保して捲り追い込んだ平原が、直線シャープに伸びてVゴールを駆け抜ける。2着には平原マークのB武田豊樹が続き、3着は稲垣が粘り込みました。

<結果・払戻金>
 2車単 F→B 990円
 3連単 F→B→H 6700円

競輪GP最後の出場権をかけての頂上決戦は、脚を貯め落ち着いて仕掛けた平原−武田の関東ラインに軍配が上がりました。
今年前半は名古屋ダービーで落車禍に見舞われ、SS班防衛も危ぶまれた平原ですが、近歴の調子の良さをそのままレースにぶつけて2年ぶり3度目の競輪祭Vをもぎ取りました。青板3角で稲垣後位へ切り替える立ち回りも冴えましたが、深谷と新山が主導権争いを繰り広げ、前走する稲垣が先捲りを打つという展開も大いに味方しました。まさに中団で他派のつぶし合いを“高みの見物”し、そこから一気に反撃に転じるという、これ以上ない理想的な流れでした。しかも武田を2着に連れ込み、揃ってGP出場を決めるというニクイ演出も。これでGPではラインが形成され、一気にV候補に躍り出ることになりました。これからの1か月でどこまで状態をピークに持って行けるかがカギになるでしょうが、現時点でも既に絶好調の平原ですから、GPでの走りがさらに楽しみになって来ました。
2着に突っ込んだ武田も、まさに最後の最後「土壇場」でGP出場権を手繰り寄せました。平原を絶対信頼して、切り替え無しの追走で2着を確保。今年は年頭の和歌山GVで落車。それ以降の前半戦は、実質“鳴かず飛ばず”の最悪な状態でした。戻って来たなと感じさせたのは、決勝4着だった松戸AS。しかしその後は岐阜GVを優勝しただけで、SS班防衛は無理とさえ思われましたが、最後の最後で帳尻合わせをしてきました。平原との関東ゴールデンコンビで臨む立川GPに、完全復活した武田の姿を見せて欲しいですね。
3着の稲垣は、ややスパートのタイミングが早かったように見えました。後位に平原がいるのが見えていれば、自分の発進で連れ出すことにもなるでしょうから、もう半テンポ後でも良かったようにも見えました。ただ、金子にブロックする余裕を与え、平原に先捲りを喰らうリスクを考えれば、最終BKからの仕掛けは仕方がなかったかもしれません。準決勝後のインタビューで「親王牌を制した直後のGTで優参できたのは大きい」と話していたように、GTで良い成績を出し続けることの難しさをクリアし、しかも表彰台に乗ったことは、選手としての成長に間違いなくプラスに働くことでしょう。競輪GPでは、村上とともにその成長した姿を披露してほしいと思います。
成長した姿といえば、巻き返しできず9着に大敗した新山です。デビュー1年半でのGT優参。しかも番手には新田ということで、ある程度「弾役」的な役割を期待していたファンも多かったでしょう。しかし現実は、8番手からの巻き返しに出るも、深谷−金子の度重なるけん制に阻まれてしまいました。レーススタイルとしては先行も「抑え」ではなく「カマシ」、捲りに回りたがる傾向もあるようにも見えますが、GT決勝初舞台では自らのスタイル一点張りは通用しません。たしかにここまでの活躍は目を見張るものがありますが、この大舞台で、深谷や先行に回った場合の平原を捲り返すのは、よほどの力がなければ難しい話。しかし伸びしろが期待できる新山です。これを良い教訓として、次の大舞台では、きっと最終4角先頭で回って来てくれることを期待したいと思います。

さて今週の番組は、明日の岸和田記念の2日目12R・優秀競走「チャリオン賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。都合により遅くなることもありますが、何卒ご容赦下さい。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177833044

この記事へのトラックバック