2016年11月26日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、別府FT「S級シリーズ・ジャパンカップ」の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

号砲で内枠3車が先に出ると、いち早く飛び出した@北津留翼が正攻法に収まる。周回中の位置取りは、福岡3車−徳島・和歌山2車−東日本2車−北海道2車の順。レースは青板3角(残り2周半)から動きを見せ、H森田康嗣が上昇するとE柿澤大貴もこれを追走。赤板HS(残り2周)で正攻法の北津留が車を下げると、C久米康平も前々踏み上げる。そして柿澤が森田を叩いてハナに立つも、ジャン前BKから久米が一気にスパート。柿澤のけん制を受けながらも、抜け出して先行勝負を挑む。柿澤は3番手、森田は5番手、北津留は7番手でやや縦長の一本棒で最終HSを通過。久米が快調に飛ばすと、柿澤は追走に窮して車間が開く。これを見て最終BKから森田と北津留が同時に捲り発進を仕掛けると、最終4角で前団を捉える。結局、大外伸びた北津留がVゴールを駆け抜け、森田が2着になる。3着には北津留マークのD八谷誠賢が続く。

<結果・払戻金>
 2車単 @→H 2410円
 3連単 @→H→D 9910円

赤板HS以降はイン切り合戦の様相となりましたが、後方で冷静に脚を貯めた北津留が格上の存在を見せつけました。
森田・柿澤に次々と前を切られ最終HS7番手となった北津留でしたが、慌てず騒がず最終2角過ぎからのスピードはさすがのものでした。前回・防府GVで優勝したのはフロックでないところを証明しました。近歴は徹底先行から、持ち前の爆発力を活かした捲りに構えることが多くなっていますが、この日のレースぶりを見ると、完全復活まであとわずかと言って良いでしょう。次回は地元・小倉でのFT戦です。ここでさらに弾みをつけて、年末の広島GV以降のGレース戦線で主役級を担ってもらいたいと思います。
このシリーズ好調だった森田も見せ場を作りました。最終BKからの捲りも、決して北津留に引けは取っていませんでした。ただ結果論ではありますが、3番手追走の柿澤が遅れ始めたタイミングでスパートしても良かったかもしれません。北津留や久米番手の布居に反撃する暇を与えずに捲り返していれば、荒澤も連れ込むチャンスが増していたでしょう。しかし、タテ脚のスピードあふれる自力自在戦ができるのは森田の強みで、今後の走りをさらに注目したいと思います。

さて今週の番組は、明日の「競輪祭」最終日11R・決勝戦の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。都合により遅くなることもありますが、何卒ご容赦下さい。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177751648

この記事へのトラックバック