2016年11月19日

11/20 別府FT・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(20日)和歌山競輪場で場外発売が行われる別府FT「S級シリーズ・ジャパンカップ」の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●別府FT「ジャパンカップ」・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
◎   1 北津留翼(福岡)
○ ☆ 2 布居寛幸(和歌)
× ○ 3 望月裕一郎(静岡)
☆ × 4 久米康平(徳島)
▲   5 八谷誠賢(福岡)
    6 柿澤大貴(長野)
  ▲ 7 荒澤貴史(北海)
    8 紫原政文(福岡)
  ◎ 9 森田康嗣(北海)

並び ←@D8 C2 H7 E3
※「Keirin.jp Stream」翌日の予想による

準決は外国人2選手がいずれも敗退で大波乱。準地元勢にチャンス到来も混戦か。
ライン構成はある程度想定内の4分戦となった。福岡3車は今日と同様、小倉ホームの2車に久留米ホームのG紫原が「3番手」を選択した。北海道2車も今日と同じ並び順。残る4車の動向が注目されたが、B望月が「柿澤君へ」、A布居が「久米君へ」とコそれぞれメントし、ラインが固まった。展開はライン2車でもC久米が積極的に仕掛けて行き、他派が捲り返すというのが自然か。ラインの長さと準地元の意地、そして実績上位から@北津留が中心になろう。前回・防府GVでは、連日の好気配が決勝で十二分に現れ、9年ぶりのGV優勝を果たした。今節は、初日特選こそ大敗したが、今日の準決は最終HSからの先行で他派を退けた。外国人崩しの一角と思われた北津留だったが、外国人選手がともに敗退し、これで一躍主役に躍り出た。あとは、自分のレースをすることで、復活の連続Vを決めるか。対抗にはA布居を指名。近歴、FTでは特選スタートも準決を突破できない状況が続いていたが、今日は山田久の仕掛けに乗ってインを突っ込んで3着に滑り込んだ。明日は、徳島の若き自力屋・久米の積極駆けをアシストして、最後はきっちり差し交わしてVを決めてほしいところだ。
穴軸はH森田。近歴は捲り・追い込み主体の自在型へシフトしているが、成績は優参もするなど、まずまず安定している。前回・静岡FTでも予選から2連勝で優参。決勝ではドミトリエフにVをさらわれたが、今日の準決でその雪辱を果たした。明日も先行する必要のないメンバー構成だし、じっくり脚を貯めて一発捲りが決まれば、2日連続の高配車券を穴党に提供するか。柿澤マークから突っ込むB望月、北津留番手から差し交わすD八谷、森田後位から強襲するF荒澤、豪脚先行から粘り込むC久米は主力との差は無いに等しく、伏兵陣も展開次第ではアタマ取りも十分だ。

<本線予想> 1=2 1=5 1→3 1→4
<穴予想> 9=3 9=7 9→4 9→2


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177732905

この記事へのトラックバック