2016年09月03日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、豊橋記念(GV)の最終日12R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

号砲でH山賀雅仁とB江守昇が飛び出し、山賀が正攻法に収まる。周回中の位置取りは、南関3車−近畿単騎のC三谷竜生−マークの九州2車−茨栃3車の順。レースの動きは早く、青板3角(残り2周半)から、G金子幸央が上昇するべく車を外へ持ち出すと、金子をけん制しようと三谷が前との車間を空ける。しかし金子はこれに構わず前々踏み込み、赤板HS(残り2周)で先頭に躍り出る。併せようとした三谷は中団4番手を確保し、山賀は7番手まで車を下げる。金子はジャンを合図にさらにペースアップし、後続の三谷・山賀は仕掛けるタイミングを逸する。後続をけん制するべく車間を空けていた、金子番手のF吉澤純平が最終3角から番手捲りを仕掛けると、後続を完封し、自身初のGV優勝を決めるVゴールを駆け抜ける。2着には、三谷マークから内をすくって空いたコースを伸びたA松岡貴久が入り、最終2センターから捲り追い込んだ三谷が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 F→A 1260円
 3連単 F→A→C 3260円

茨栃3車&同期連携を最大限活かした吉澤が、自身初のGV優勝を決めました。
青板3角から金子の2周半駆け。しかもそのカカリの良さから、後続は手も足も出ず隊列一本棒になったなら、吉澤の最終3角からの番手捲りは、金子と3番手を回った神山への最大限の配慮となりましょうか。逸材ぞろいの101期の中で、茨栃地区のベテランマーカーを従えての自力戦が、自らをより大きく成長させてくれるでしょう。このレースでは金子が最大限のアシストをしてくれましたが、それは普段、吉澤が武田や神山、平原らにしていることの裏返しです。しかし今度は、自らの力でVをつかみ取ってくれることを期待したいと思います。
金子の目イチ先行に、残り2つのラインの先頭・三谷と山賀は完全に撃沈でした。三谷は3着に入りましたが、仕掛け始めは最終2センター。中団確保に出た赤板HSで山賀と接触したのがレースプランを狂わせてしまったようですが、もう少し早目に仕掛けて行っても良かったかもしれません。同期全勝対決にファンの期待も大きかったでしょうから、次は関東勢の壁を打ち破ってもらいたいですね。
山賀は4着まで突っ込みましたが、実質「見せ場なし」。BKで三谷が詰まっているのを見て「三谷君が行くだろうと」と、他人をアテにした動きがアダになりました。穴人気していた山賀は「お客さんに迷惑を掛けた」と悔やんでいましたが、仕掛ける動きがないことそのものにガッカリでした。次の機会はこれを取り返す走りを見せて欲しいと思います。

さて今週の番組は、明日の岐阜記念の最終日・12R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176680960

この記事へのトラックバック