2016年08月27日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、小田原記念(GV)の2日目12R・優秀競走「銅門賞」のヘボヘボ予想でした。

号砲で@稲垣裕之とH椎木尾拓哉が飛び出し、椎木尾がSを決めると正攻法に稲垣を迎え入れる。周回中の位置取りは、近畿・中部3車−単騎のA武田豊樹−福岡2車−単騎のC高橋陽介−神奈川2車の順。青板BK(残り2周半手前)から、G和田真久留が上昇して正攻法の稲垣を抑え、赤板HS(残り2周)でさらに前々踏み込んで先頭に躍り出る。ここを武田が追走するも、さらにD小川勇介がイン切り気味に和田を叩いて先頭へ。福岡ラインには高橋が続くも、ジャン前BKから稲垣がスパートして先行勝負に打って出る。稲垣はジャン過ぎ2センターで小川を捉え、最終HSではライン3車がそっくり出切る。武田はここへ切り替え気味に単独捲りを仕掛けるも、4番手位置の小川の横で加速が鈍り、後捲りに出た和田も小川後位のB園田匠の厳しいけん制を喰らい後退する。結局、稲垣が後続の追撃を完封して1着になり、マークの椎木尾が2着、ライン3番手のE柴崎淳が3着に続き、ライン上位独占を決める。

<結果・払戻金>
 2車単 @→H 790円
 3連単 @→H→E 3700円

ジャン前BKから飛び出した稲垣が、後続のもつれを尻目に堂々の逃げ切りを決めました。シリーズリーダー・新田がいない優秀戦。武田が単騎戦、他派も捲り志向となれば、先行勝負を半ば強いられるような流れになりそうですが、それをモノともしない強さを見せつけたレースでした。前日の初日特選で差し交わした椎木尾も「(交わすのは)全然無理」と言わせた、まさにこれぞ“SS班の強さ”でした。ASで決勝2着に終わりましたが、気持ちを切り替えて共同杯で賞金を積み上げるのは当然として、残る2つのGTでVをつかんで「SS班防衛」を果たしてもらいたいと思います。
2着に終わったとはいえ、椎木尾のブレイクぶりには、私が地元ファンであることを割り引いても驚きの一言です。ジャン過ぎ2センターで、軽く園田にけん制を受け、クチ(車間)が空いてしまいましたが、しっかり詰めて2着を確保しました。今までなら割り込まれて大敗というケースでしたが、マークぶりが板に付いてきた感があります。近畿のエースマーカーとなるまで、道のりはまだまだ遠いかもしれませんが、和歌山のエースから近畿のエースへ進化を遂げて欲しいと思います。

さて今週の番組は、明日の豊橋記念の最終日・12R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176589202

この記事へのトラックバック