2016年08月06日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、弥彦記念(GV)の2日目12R・優秀競走「伊夜日子賞」のヘボヘボ予想でした。

号砲でB諸橋愛が飛び出してSを決め、正攻法にE河村雅章を迎え入れる。周回中の位置取りは、関東2車−福島3車−単騎の@浅井康太−南関3車の順。青板2センター過ぎ(残り2周半過ぎ)から、G根田空史が上昇して正攻法の河村を抑えようとするも、河村はスンナリ車を下げる。ジャン前2角からハナに立った根田が、徐々にペースを上げると、根田の動きを追走したD山崎芳仁が中団を確保しようと、河村をキメて強引に4番手を確保する。関東後位で様子見していた浅井は福島ライン後位に切り替え、さらに下げさせられた河村は8番手になる。根田が快調に先行するところ、番手のC武井大介、3番手のF渡邉晴智はそれぞれ車間を切って後続をけん制。最終2角から浅井が捲り上げると、これに併せようと山崎が後捲りで参戦し、中団は混戦状態となる。結局、後続のもつれを尻目に武井が直線鋭く伸びて1着になり、大外捲り追い込んだ山崎が2着に入る。そして3着には、福島3番手から内々すくったH小野大介が突っ込んで、大波乱の決着となる。

<結果・払戻金>
 2車単 C→D 17010円
 3連単 C→D→H 415270円

根田のジャン前先行を活かした番手回りの武井が、中団のもつれにも助けられ優秀戦を制しました。根田が予想通りの先行でしたが、カカリも良く、武井が車間を切った動きが「ひょっとして、千切れているんか?」と思わせるほどのスピードでした。そのスピードさえもらえれば、勝つチャンスは限りなく広がります。「(根田を)残せなかったのは技術不足」と反省していましたが、つかんだチャンスをしっかりモノにして勝ちきったことに意義があります。A級陥落も経験した武井ですが、その後は順調な走りが続いています。今後は、南関の番手を文句なく回れるような実績が、今以上に求められるでしょうが、この日のような走りができれば110点のカベを越えてくれるものと思います。
2着に突っ込んだ山崎は、中団確保から、勢いある得意の捲りを繰り出しましたが、僅かに1/4輪及びませんでした。近歴は若手の番手を回ることが多くなった山崎ですが、この日は河村をキメに行くなど、自力選手としての厳しい「かわいがり」を見せました。しかし「内に差し込み過ぎて、クチ(車間)が空いてしまった」と、率直に反省。しかし、そこから突っ込んで来た脚勢はさすがのものでした。近歴はボチボチといった感じで、やはり展開に注文が付く山崎ですが、SS班防衛のためにはここからが正念場。後半戦の巻き返しに期待したいですね。
一方、単騎戦を得意とする浅井でしたが9着大敗。ある程度仕掛け合いになってから捲り返すという作戦だったのでしょうが、中団争いになってしまったことで、位置切り替えなどで脚を使ってしまい、肝心の勝負所で力を出せませんでした。「組み立ての失敗があった」と反省でしたが、この日はむしろ単騎戦の難しさを痛感させられたかもしれません。とはいっても浅井のことですから、この敗戦を今後のレースできっと活かしてくれることでしょう。

さて今週の番組は「山本ディレクターの競輪トピックス」として、先週7/31(日)にイオンモール和歌山で行われた競輪PR・体力づくりイベントの様子をお伝えします。
なお、明日和歌山競輪場で場外発売される静岡FT「ジャパンカップ」と小松島FT、いずれも最終日・11R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは、夜9時頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176305604

この記事へのトラックバック