2016年07月30日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、和歌山競輪ガールズケイリンFU・最終日9R「ガールズ一般」、11R「ガールズ決勝」、12R「A級決勝」、さらに函館記念(GV)の2日目12R・優秀競走「巴賞」の欲張り4箇レースヘボヘボ予想でした。

【和歌山9R・ガールズ一般】
号砲で@山本レナとF井上玲美が飛び出し、枠順を活かして山本レが正攻法に収まる。周回中の隊列は、山本レ−A藤谷はるな−B山本知佳−C三宅愛梨−井上−D中嶋里美−E杉沢毛伊子の順。ガールズレースとしては動きが早く、赤板HS(残り2周)を迎え、山本知を抑えるかのように井上が上昇して外で並走。これには杉沢も追走。藤谷がジャンでハナを切って行くと、井上がさらに上昇。最終HSを前に、杉沢がカマシ気味に前団を叩きに出るも、山本レが番手捲り気味の先行勝負に打って出る。この後位は、飛び付こうとした藤谷と、山本レを追走した山本知、さらに杉沢と3車並走になるも、藤谷が番手を確保。その藤谷が最終BKから再度番手捲りに出るも、山本レも踏み直し主導権は離さない。そして直線に入ると、藤谷後位で三宅と外並走していた山本知が、直線シャープに伸びてデビュー初勝利を飾る。2着には山本レが粘り、3着には中バンクの空いたコースを巧みに突いた井上が飛び込む。

<結果・払戻金>
 2車単 B→@ 2630円
 3連単 B→@→F 33360円

【和歌山11R・ガールズ決勝】
号砲で飛び出したC東口純が一旦正攻法に入るも、上昇して来たD長澤彩−E尾崎睦を迎え入れる。序盤の位置取りは、長澤−尾崎−東口−A福田礼佳−B中川諒子−@渡辺ゆかり−F野口諭実可の順。赤板HS(残り2周)・ジャンを過ぎても仕掛ける動きはなく、隊列一本棒で迎えた最終HSから、5番手位置の中川が長澤を叩いてカマシ先行に出る。中川は最終2角で先頭に躍り出るも、中川後位に切り替えた尾崎が休まず捲り上げると、最終3角で先頭へ。尾崎は勢いそのままに後続の追撃をしのいで、Vゴールを駆け抜ける。2着には尾崎後位を追走した東口、3着には最終2角から捲り追い込んだ野口が突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 E→C 700円
 3連単 B→C→F 8410円

【和歌山12R・A級決勝】
号砲でが内枠2車とC名川豊が飛び出すと、@藤田勝也がSを決めて正攻法に収まる。序盤の並びは、和歌山2車−中部2車−九州2車−近畿2車−単騎のG廣田樹里の順。レースの動きは早く、青板3角(残り2周半)からH鷲田佳史が上昇して中団のA廣田敦士を抑えると、これに廣田も追走。するとジャン前BKで廣田樹が単騎で大カマシを仕掛けると、切り替え追走するC名川豊との車間が大きく空いてしまう。名川は最終2角で廣田樹に追い付くも、名川に勢いをもらった藤田がさらに捲り上げて行く。藤田は最終3角で先頭に躍り出るも、今度は藤田を目標に捲り上げた鷲田が、直線で藤田を捉えてそのままVゴールを駆け抜ける。2着には藤田が残り、接戦となった3着争いは、鷲田マークのD山本佳嗣が廣田敦との写真判定を制する。

<結果・払戻金>
 2車単 H→@ 2320円
 3連単 H→@→D 8220円

【函館12R・優秀競走「巴賞」】
号砲で内枠2車とF和田健太郎とH稲垣裕之が飛び出すと、稲垣がSを決めてD川村晃司を正攻法に迎え入れる。序盤の位置取りは、京都2車−千葉2車−関東2車−西日本3車の順。このレースも動きは早く、青板BK(残り2周半)からG北津留翼が上昇すると、川村が下げて正攻法が入れ替わる。一列棒状のまま迎えたジャン前BKで、最後方のA木暮安由がインをすくって京都ライン後方を探りに出ると、ジャンを合図に北津留が先行勝負に。しかし後方から@近藤隆司がカマシ捲りに出ると、これを併せるかのように川村がスパートし、最終BKで前団を捉える。最終3角で、川村後位はマークの稲垣をアンコ(3車並走の真ん中)に、インは北津留マークから切り替えたB筒井敦史、外は捲り上げた木暮の3列並走に。しかし、木暮を捌き、筒井を退けた稲垣が、川村を直線捉えて1着となる。2着には川村が粘り、筒井が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 H→D 590円
 3連単 H→D→B 3750円

和歌山ガールズ決勝は、尾崎が豪快な捲りで優勝しました。長澤の成り行きながらも「受けて立つ」という気持ちの込めた先行でしたが、中川のカマシ捲りがむしろ尾崎に展開有利に働きました。中川後位にいた渡辺が千切れ、切り替えやすくなったのも幸いしました。すごかったのは、中川に切り替えた後も休まず捲り上げたことです。一瞬でも休んでしまうと、中川の逃げ粘りや、尾崎後位にいた東口の差し交わしを許す可能性があったからです。優勝インタビューでも「後ろに(初日差された)東口さんがいるんで、踏み続けた」というコメントが、それを物語っています。サマーナイトFでの雪辱を果たした今回のVですが、8月松戸GKCの出場権がないだけに、ガールズGP出場権確保まで、まだまだ安穏とできない日々が続きますが、この日のような勢いで突っ走って欲しいと思います。
和歌山A級決勝は、自在脚質の鷲田が前S級の力を見せたレースでした。道中は和歌山ラインの後位を回る流れになりましたが、藤田の捲りに自ら後捲り気味に仕掛けて直線で捉えました。降級直前のS級戦でもしっかり勝ち負けして優参も重ね、平均競走得点102点台の鷲田ですから、A級2場所目の優勝は、当然と言えば当然の結果でしょう。今後もVや優参を重ねて、レインボーC出場権を待たずに、S級復帰(継続?)を確かなものにしてほしいと思います。地元Vの期待がかかった藤田も、巧みな立ち回りでした。廣田樹のカマシに動揺せず、名川に追いかけさせてから捲り返すという動きは冷静でした。これで7月のすべて連続で優参。連続優参も7と伸ばしました。地元ファンの一人として、S級パンツを履いて走る姿に一日でも早く戻って欲しいと願うばかりです。
函館記念・優秀競走は、川村の捲りを追走し、アンコ状態にもかかわらず内外両車を捌いて、しかも差し交わした稲垣のスゴさにむしろ呆れたレースでした。北津留の先行を川村が捲り返すという流れはある程度読めていたでしょうが、捲り切ってからは、切り替えて来た筒井をケアしつつ、捲り上げて来た木暮を捌くというなかなか難しい芸当。それを難なくこなしたところは、脚力以上に捌きの巧さを感じさせました。しかも後続の逆襲もありながら、しっかり川村を2着に残したは素晴らしいの一言です。全日本選抜決勝での失格のために、6月はあっせん停止。しかもこのシリーズでは優参を逃すなど、まだまだ苦戦が続いています。賞金ランキングもGP出場権から大きく離れています。稲垣の今後の巻き返しに期待したいと思います。

さて今週の番組は、明日の弥彦記念の2日目12R・優秀競走「伊夜日子賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176224962

この記事へのトラックバック