2016年06月11日

6/12 松山FT・11R「S級初日特選」& 松阪FT・11R「S級初日特選」 予想

今週のブログ予想は、あす(12日)和歌山競輪場で場外発売が行われる松山FT「ジャパンカップ」の初日11R「S級初日特選」と、併売場外の松阪FT・初日11R「S級初日特選」のWヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●松山FT「ジャパンカップ」・初日

《第11R S級初日特選》

☆ × 1 星島 太(岡山)
◎   2 矢野昌彦(栃木)
× ▲ 3 中村一将(兵庫)
    4 伊藤大志(青森)
○ ○ 5 桐山敬太郎(神奈)
    6 伊藤正樹(愛知)
  ◎ 7 濱田浩司(愛媛)
  ☆ 8 福田知也(神奈)
▲   9 金子真也(群馬)

並び ←A9 B6 D84 F1
※松山競輪HPによる

S級中堅どころによる初日特選。関東勢が一歩リードの4分戦だが、他派の反撃も。
並びコメントは想定された通りで4分戦となった。E伊藤正が「中村君へ」と話し、中近ライン2車を形成。C伊藤大は「桐山ライン3番手で」とコメントし、神奈川・北日本の3車とラインの厚みが増した。展開は、B中村のカマシ先行も考えられるが、ライン2車でもBK回数や先行での決まり手も多いA矢野が引っ張る流れになりそう。ただ、番手の金子が後続の捲り勢を捌く間に、矢野の粘り腰が発揮されると見て◎印はA矢野に打つ。前回・宇都宮GVでは決勝(7着)に進出し、地元のファンに成長ぶりをアピールした。「3月頃から成績が安定してきた」と話すなど、自ら好調を実感するほどで、実際、4場所前の地元FTでVを飾ってからは、優参が続いている。今節はGT組がおらず、得点も唯一110点台と、力量としては一歩リードしている。明日は「試し駆け」になるかもしれないが、このメンバー構成なら押し切りも十分だ。対抗は、自在脚が炸裂するD桐山。前回・伊東全プロでは、2日目で最終HS5番手から捲り切るなど力強いレースを披露した。飛び付きからの競りも達者なのに加え、イザとなれば先行勝負も辞さない走りは、まさに「何をするか分からない」自在脚だ。明日は、全プロ記念と同様、中団確保からの捲りになるだろうが、ツボにはまればライン上位独占も決めるか。
穴軸はF濱田。マーク含みの自在脚質に転じて久しいが、急所で繰り出す一発捲りはライバルたちの脅威だ。「(前回の)別府戦から新車に変えてから良い感じ」というコメントを残したが、実際、3日目に負け戦だが1着を決めて、状況は一変しているようだ。明日は矢野と中村の主導権争いを上手く誘って、捲り返すというのが理想だろう。走り慣れた地元バンクというのもプラスに働けば、穴党に好配車券を提供してくれよう。矢野番手を回るH金子のキメ脚、先行・捲り両面作戦のB中村の迫力、策士@星島の突っ込み、桐山マークから伸びるG福田のコース取りにも注意が必要だ。

<本線予想> 2=5 2=9 2→3 2→1
<穴予想> 7=5 7=3 7→1 7→8


●松阪FT・初日

《第11R S級初日特選》

× ○ 1 成清貴之(千葉)
    2 藤田竜治(青森)
○   3 伊藤裕貴(三重)
▲ ☆ 4 金子幸央(栃木)
☆ ▲ 5 岩本和也(石川)
    6 川木敬大(兵庫)
  ◎ 7 田中 誠(福岡)
    8 小川圭二(徳島)
◎ × 9 浦川尊明(茨城)

並び ←B56 12 C9 78
※「CHUBU NET」による

こちらも力の差はなさそうだが、ラインを形成できるところがレースを有利に導くか。
並びコメントは想定された通りの4分戦。E川木は「中部の3番手へ」と話し、中近が唯一ライン3車となった。@成清は「自分でやる」、F田中は「自分のやれることを」とコメントし、それぞれ自力自在戦を選択した。展開は、伊藤と金子の先行争いを他派が捲り返すというのが自然か。ただこの先行争いは、BK本数・先行の決まり手が上回る金子が優勢で、番手を回るH浦川に有利に働くと見て、浦川を本命視する。GT戦でも堅実な走りの浦川だが、その一方でFT戦でも準決がカベになって優参を逃している。しかし前回・いわき平FTでは、初日特選スタートでB・1・@のVで、決勝では北日本3番手から、直線で内に切れ込み驚異的な伸びで差し切った。明日は、金子の主導権取りが決まれば、番手の仕事をこなして差し交わすだけになる。2節連続Vへ勢いを付けたいところだ。対抗はB伊藤。カマシ先行を武器に戦ってきた100期生だが、近歴は捲りを兼備して成績も安定。ただ前回の宇都宮GVで6着・7着・3日目以降欠場となっているが、今節は3月のFT開催でS級初優勝を完全Vで飾った思い出の地。しかも準地元戦で、良いところを見せたいところだ。明日は、ラインの長さを活かしてアタマ取りに向かって一直線だ。
穴軸にはF田中を抜てき。近歴、先行は少なくなったものの、切れ目から見せる一発捲りのスピードはさすがのものを見せる。3場所前の佐世保FTはD・3・Aの準Vだったが、決勝で見せた最終2角からの捲り返しは、大竹慎に差されたものの好回転だった。明日は初日特選ということで、無理なレースはなさそうだが、イザとなれば飛び付きなど強気の攻めを見せるだけに、ワンチャンスを活かせばアタマ取りまであるか。主導権取れれば粘るC金子の逃げ残り、伊藤番手からD岩本の突っ込み、近歴絶好調の@成清の総力戦は、アタマ流しも押さえておきたいところだ。

<本線予想> 9=3 9=4 9→1 9→5
<穴予想> 7=1 7=5 7→9 7→4


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175659727

この記事へのトラックバック