2016年06月04日

6/5 別府記念GV・12R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(5日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、別府記念(GV)の最終日12R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●別府記念GV・最終日

※明日は9Rで「レインボーカップA級ファイナル」が行われるため、S級決勝は12Rで行われます。前売り車券購入・電話投票の際は十分ご注意下さい。

《第12R S級決勝》

◎ ○ 1 武田豊樹(茨城)
× ☆ 2 三谷竜生(奈良)
  ◎ 3 岡村 潤(静岡)
    4 根本哲史(秋田)
☆ ▲ 5 中村浩士(千葉)
    6 江守 昇(千葉)
▲ × 7 芦澤大輔(茨城)
○   8 新山響平(青森)
    9 池田 良(広島)

並び ←G4 A9 B56 @7
※「Keirin.jp Stream」翌日の予想による

有力どころが次々と敗退した準決。東の横綱の復活V濃厚も他派の出方で波乱も。
並びコメントは想定された通りで、単純な4分戦となった。茨城・北日本2車は当然の並び順で、H池田は「三谷君へ」と西日本ラインとなった。南関3車も、B岡村が「自力」と話したことで、スンナリ並びが決まった。展開は、ライン2車同士でもG新山・A三谷の主導権争いになりそうで、激しくなればなるほど、@武田の出番になりそうで中心に据える。前回・伊東全プロでSPR賞を制し、これで勢いが付いたか、今節は怒濤の3連勝で優参。連日の番手戦で、明日はシリーズ初の自力戦になるが、3走とも落ち着いた立ち回りが目立つ。特に優秀戦で、三谷竜の飛び付きを捌いた動きは特筆ものだった。明日は、その三谷が新山と先争いになれば、自分のタイミングで前団を一蹴して、完全復活を宣言するか。対抗は、こちらも3連勝で優参のG新山を指名。去年12月S級特進し、S級緒戦の1月和歌山GVで二予まで進出。復帰後は、3月松山GVで準決進出し、さらには4月の高知ルーキーCを優勝するなど、ハイレベルな107期の先頭をひた走っている。明日は確かに強豪揃いだが、主導権を奪ってからの強靱な地脚が炸裂すれば、GV初Vは自ずと転がり込んで来るか。
穴軸はB岡村。近歴、FT戦では初日特選で車券に絡んでいるものの、準決がカベになって優参から遠のいている。しかし、静岡ダービーで準決進出が契機になったか、前回の伊東全プロでは、選抜→ダイナミックSへの勝ち上がりで2連勝。今日の準決でも単騎戦だったが、巧みに切り替えて2着に食い込んだ。明日は自力戦で後続に千葉コンビもいることから、早目の仕掛けになるだろうが、一瞬のキレあるスピードには他車との大きな差がないだけに、チャンスひとつで穴車券を提供するか。武田マークのF芦澤、岡村マークから差し脚伸ばすD中村、逃げ残りor一発捲りが怖いA三谷は、2〜3着受けには押さえておきたい。

<本線予想> 1=8 1=7 1→2 1→5
<穴予想> 3=1 3=5 3→7 3→2


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175563412

この記事へのトラックバック