2016年04月23日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、高知記念(GV)の最終日12R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

号砲直後の若干のけん制状態から、@村上義弘とB深谷知広が飛び出し、深谷が正攻法に収まる。周回中の並びは、深谷−マークのD中村浩士−単騎の村上−単騎のG松岡貴久−北日本2車−茨栃3車の順。赤板2角から先手取りに出るべくE杉森輝大が踏み上げると、正攻法の深谷が誘導を交わして突っ張り、前団は雁行状態になる。杉森は深谷を叩けず最終HSで失速・後退すると、自力に転じた杉森マークのA武田豊樹も4番手位置の松岡に繰り返しけん制を受け、厳しい展開となる。最終2角の立ち上がりから村上が捲り返すと、2センターで深谷を捉えて先頭に躍り出る。結局、村上が後続を離してVゴールを駆け抜け、2着には深谷マークから村上に切り替えて喰い下がった中村が入る。そして混戦をぬって直線伸び返した武田が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→D 7370円
 3連単 @→D→A 56410円

杉森の叩き先行を深谷が突っ張るという、やや想定外の展開となりましたが、落ち着いて3番手位置から捲り返した村上がVをつかみました。
単騎戦ということで若干割引き評価をされていた村上でしたが、深谷が突っ張り先行したのも手伝って、位置取りに窮しない展開となりました。体調・状態などに関わらず、楽に走らせてもらった感が見て取れます。この開催では近畿地区の自力型に佐川翔吾がいて、準決では連携していましたが、残すことができずに決勝では単騎戦を強いられました。しかし単騎戦の戦い方のお手本のようなレースぶりで、見事なVでした。次は静岡ダービーですが、復調途上の稲垣なども加わって、近畿の僚友のアシストで上位進出&ダービー連覇が期待できそうです。
3着に終わった武田ですが、人気に応えることができませんでした。村上の捲り返しを追走できていれば、直線で好勝負ができていたかもしれませんでしたが、松岡のけん制で脚を無くしてしまったのか、踏み出しに付いて行けませんでした。しかも捲り追い込みのコースがなく、直線で中割り気味に追い込むのがやっと。準決で自力を出して今年初勝利をつかんだことから、状態が戻ったようにも見えましたが、展開もあってなかなか厳しかったように感じました。静岡ダービーでは、さらにブラッシュアップした姿で上位進出してくれるのを期待したいと思います。
8着大敗の深谷は「簡単に杉森を出させてしまうとその時点で終わってしまう」という読みもあったのでしょうが、500バンクの高知でジャンからの突っ張り先行では、末が持たないのは明らかです。GV4場所連続Vがかかっていたことで人気をある程度背負っていただけに、やや暴走気味の先行でガッカリしたファンもいらっしゃったかもしれません。結果論ですが、今後(特に静岡ダービー)につながる走りをすることを考えれば、無理な先行ではなく、下げてから早目の捲り返しという作戦を敢えて取るのもアリだったでしょう。ただ番手をマークした中村が2着に入ったことで、地区違いとはいえ、ある程度責任を果たすことができたのは、結果オーライでしょう。レース後コメントで「最終BKで終わっていた」と言っていたそうですが、引き続き調子も良さそうですし、静岡ダービーでの上位進出に期待しましょう。

さて今週の番組は、明日の西武園記念・最終日11R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174944980

この記事へのトラックバック