2016年04月09日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、岸和田FT「S級シリーズ・サテライト観音寺カップ」の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

号砲で飛び出した@古性優作がSを決め、近畿勢が前受けする。周回中の並びは、近畿2車−ライン3番手のH筒井敦史−九州2車−単騎のE小橋秀幸−中部3車の順。青板2センター(残り2周半)からG谷口遼平が踏み上げると、これを併せようとA小川勇介も上昇し、3つのラインが折り重なる。赤板HS(残り2周)過ぎの1角で小川か一旦ハナを切るも、谷口がさらに2角で叩いて一気にスパート。古性は巻き返しを図るも、中団4番手外で小川と並走になる。しかし最終HSで古性マークのF村上博幸は離れてしまい、古性は最終1角から単独で捲り返して行く。これを見た谷口マークのB金子貴志が番手捲りを放つと、後続のもつれにも助けられ、そのまま完全優勝のVゴールを駆け抜ける。2着には金子後位に切り替えた古性が続き、差が開いたものの3車横一線となった3着争いはC小岩大介が制する。

<結果・払戻金>
 2車単 B→@ 1570円
 3連単 B→@→C 26670円

谷口の思い切った仕掛けを最大限活かした金子が、後続の仕掛け遅れや、もつれもあって、難なく完全Vを手中に収めました。
番手戦の機会も増えてきた金子ですが、この日のレースは谷口の果敢な機関車ぶりもあって、楽に走れたことでしょう。Gレース戦線で深谷や浅井、竹内などの番手を回ることは、それなりの難しさやプレッシャーもあるでしょう。その経験がこの日はいい形で活かせることができました。連日「調子はいい」という自己評価ですので、次回の小倉ナイターFTもさることながら、静岡ダービーも楽しみにしたいと思います。
地元ファンの期待を背負った古性ですが、2着に終わりました。勝ちを意識し過ぎたのか、持ち味の積極的な走りが見られなかったのは残念です。本来なら谷口が見せた先行勝負だったのかもしれませんが、先に仕掛けられて中団取りに出るという、やや消極的な作戦への切り替え。しかも小川と位置を取り合いつつ、カカっている前団を追走するという形になり、消耗戦にもなりました。これは結果論ですが、思い切った仕掛けを出せていれば、後続の村上ももつれに巻き込まれず、ある程度まで勝負権にいられたのではないかと感じました。これをいい教訓として、今後のレースに活かしてほしいと思います。

さて今週の番組は、明日の川崎記念2日目・12R優秀競走「ダイヤモンドレース」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174758675

この記事へのトラックバック