2016年03月26日

3/27 松山記念GV・12R優秀競走「道後マドンナカップ」 予想

今週のブログ予想は、あす(27日)和歌山競輪場で場外発売が行われる松山記念(GV)の2日目12R・優秀競走「道後マドンナカップ」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●松山記念GV・2日目

《第12R S級優秀「道後マドンナカップ」》

◎   1 浅井康太(三重)
× ○ 2 山崎芳仁(福島)
☆ ▲ 3 原田研太朗(徳島)
    4 齋藤登志信(宮城)
○ × 5 平原康多(埼玉)
  ☆ 6 渡部哲男(愛媛)
    7 中村 淳(栃木)
    8 松川高大(熊本)
▲ ◎ 9 諸橋 愛(新潟)

並び ←D97 A4 @ B6 G
※競輪解説者・井上薫氏の現地取材による

名古屋ダービー準決勝で繰り広げた因縁の対決が優秀戦で実現。他派の反撃は?
並びは、想定通りの3分戦+単騎2車の構図。関東3車は今日と同様の並びで、関東・北日本も前後の並び順は分かりやすい。連携の可能性もあった@浅井とG松川は、いずれも「単騎で自力」を選択した。展開は、ライン3車の長さを活かしてD平原が思い切って先行し、他派が捲り返す流れが自然か。このメンバーで捲り合戦になれば、スピード勝負だけでなく、位置取り・捌き勝負にもなりそうで、有利に働きそうな@浅井を本命に据える。前回・名古屋ダービーは、準決で平原からよもやのイン粘りを喰らい、失格の憂き目にあった。しかし「ファンに迷惑をかけたので、今節は取り返したい」との前検日コメントの通り、今日の初日特選は田中晴との中団外併走も構わず、一気に捲って1着発進を決めた。明日は得意の単騎戦で、持ち味の縦横無尽な決め脚にを十二分に活かせる流れになるのが考えられる。決勝戦や静岡ダービーを見据えてのステップレースとして、明日は決して取りこぼせない一戦だ。対抗はD平原。名古屋ダービーでは、前述の準決戦で浅井への競りを敢行。最終1角でイン押し込みを受けて落車したが、「体調は問題ない」と元気に今シリーズに参戦。今日の初日特選は、最終5番手から早目に捲り返すと、ダービー準Vの川村晃をあっさりと捲り切った。諸橋に差し交わされたものの、脚勢は決して悪くなく、V候補であるのは間違いない。明日は、先行・捲りいずれになっても、機動力を活かして首位争いに参戦だ。
穴軸は、平原マークのH諸橋。やはり前述の名古屋ダービー準決で、平原番手を巡って飯嶋則と激しい競り合いを演じ、落車を避けて5着。最終日の順決では、単騎戦から村上博後位にスイッチして2着を確保した。明日も平原マークだけに、捲り勢の追撃のタイミング次第では、早目に抜け出してアタマ勝負に持ち込むか。その場合は筋違いも押さえておきたいところで、意外な好配にも期待したい。捲り合戦になるならA山崎・B原田は当然押さえなければならないし、地元記念に燃えるE渡部は連争い以上の結果を期待したい。

<本線予想> 1=5 1=9 1→2 1→3
<穴予想> 9=2 9=3 9→5 9→6


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174649735

この記事へのトラックバック