2016年03月26日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、玉野記念(GV)の2日目12R・優秀競走「ももたろう賞」のヘボヘボ予想でした。

号砲直後は若干けん制状態。B武田豊樹が一旦は前受けするも、D笠松信幸が踏み上げて中部勢が正攻法に収まる。周回中の並びは、中部2車−関東3車−単騎のA稲垣裕之−千葉2車−単騎の@新田祐大の順。しかし青板BK(残り2周半)から早くも稲垣が踏み上げ、レースを動かす。すると正攻法のE森川大輔が車を下げて稲垣が正攻法に収まると、この動きを追走したH近藤隆司がさらに稲垣を叩いて正攻法へ入れ替わる。近藤は車間を切りつつもジャンで退避するまで誘導を使い、近藤を追走した武田が3番手位置を確保し、下げた稲垣は6番手位置で@新田祐大と内外並走する。最終HS8番手から森川が一気に踏み上げて捲り返しを狙うと、近藤はさらにペースアップして先行勝負に打って出る。しかし森川は最終2角で武田のけん制を受けて失速・後退し、併せて出た武田の捲り上げも勢いはイマイチで、近藤番手のC小埜正義と捌き合いとなる。新田もこれを見ながら捲り上げるも、外々踏まされ、最終2センターで勢いが止まる。結局、後続のもつれを尻目に近藤が逃げ切って1着になる。番手捌き合いを制した武田が2着に入り、武田マークのF神山雄一郎が中割り気味に伸びて3着に続く。

<結果・払戻金>
 2車単 H→B 6870円
 3連単 H→B→F 35840円

細切れ戦ではありましたが、予想に反して出入りの少ない単調なレース。しかし番手以降中団がもつれて、近藤がまんまと逃げ切りました。
捲りに加えて、ダッシュ力を活かしたカマシ先行も見せる近藤ですが、この日は意外にも抑え先行。しかしラストもしっかり踏み直しできていて、いま最も勢いのある自力選手の一人であることを証明しました。レース後「全力を出し切った」とコメントするくらい、本人としては目一杯の走り。しかしこういった走りを見せられると「捲りだけでなく先行もできるヤツ」として、他派の自力型は対応が難しくなり、そのぶん自分の思い通りの展開に持ち込みやすくなるでしょう。名古屋ダービーで準決まで進出しましたが、この日の1勝でさらに自信を高めたことでしょう。今後の近藤の飛躍に注目したいと思います。
2着に入った武田ですが、3番手確保から捲り返した際の伸びが、やはり物足りないと感じました。これまでなら軽く捲ってアタマ取りだったのでしょうが、直前の小埜に気付かれ伸びもイマイチだったことで、不要な捌き合いを演じる格好になりました。名古屋ダービーでは、二予落ちを喫して敗け戦でもアタマ取りできずという、これまでの武田では考えられない結果でした。この日のレースを見ても、自力戦ではなかなかV争いへの活路を見いだせないようにも感じました。静岡ダービーに向けて、さらにブラッシュアップが必要でしょうか。

さて今週の番組は、明日の松山記念2日目・12R優秀競走「道後マドンナカップ」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174591046

この記事へのトラックバック