2016年02月20日

2/21 奈良記念GV・12R優秀競走「飛天ちゃん賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(21日)和歌山競輪場で場外発売が行われる奈良記念(GV)の2日目12R・優秀競走「奈良はきもの杯 飛天ちゃん賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●奈良記念GV・2日目

《第12R S級優秀「飛天ちゃん賞」》

○ ▲ 1 浅井康太(三重)
☆   2 木暮安由(群馬)
  × 3 橋本 強(愛媛)
× ○ 4 吉本卓仁(福岡)
▲   5 芦澤大輔(茨城)
  ☆ 6 三谷竜生(奈良)
◎   7 平原康多(埼玉)
    8 牛山貴広(茨城)
  ◎ 9 南 修二(大阪)

並び ←AF58 @ E9 C3
※サンケイスポーツ・小橋川寛記者の現地取材による

雨中の特選は新田祐以外は順当。明日は関東4車が結束で、展開有利に運ぶか。
並びは変則3分戦+単騎1車の構図。西日本2車・近畿2車は、ともに想定通りとなり、中部単騎の@浅井は「一人でやる」とコメント。注目された関東4車の並びは、A木暮とF平原が作戦会議した結果、木暮が「前でやる」とコメント。番手は平原で、D芦澤−G牛山の順で茨城2車が続くことになった。展開は、昨年12月の佐世保GVの再現の如く、木暮が強引にハナを切って行き、他派が捲り返しになるというのがおおよその流れになるか。そうなれば、番手のF平原が早目に抜け出し必勝態勢に持ち込むと見て、平原に◎印を打つ。前回の全日本選抜では、初日特選で内抜きを取られてまさかの1着失格。W審議(2ヶ所審議)となったため、菊地圭の落車に対してはセーフだったのかは分からないが、切れ味鋭い動きでゴール線を1着通過したことは評価できる。今節は名古屋ダービーに向けての仕切り直しだが、今日の初日特選では、後続をぶっちぎっての白星発進。明日も木暮のアシストを受けて、連勝で準決に臨むことになろう。対抗は@浅井。全日本選抜では無念の準決敗退となったが、最終日の特秀戦では金子貴を従えて小松崎大の先行を易々と捲り切った。今日は古性優の割り込みなどもあって苦戦を強いられたが、最終1センターから発進するとマークの柴崎俊を振り切って、G寸前吉本を捉えた。いずれもGPチャンプにふさわしい圧巻のスピードであることは異論はなく、明日も単騎だからこそ繰り出せる、幅のある攻めを見せてアタマ勝負まで持ち込んでくるか。
穴軸は、近歴復活傾向のH南を指名。全日本選抜では優参こそ逃したが、一予スタートから2・2・4・3と着をまとめた。昨年末の久留米FT以降、3場所連続で優参しており、地元岸和田の年末年始開催ではC・2・@とVを飾るなど、ひと頃の苦境に比べればまさに上昇一途だ。今節は追加あっせんだが、「走りたかった」と前検日にコメントしていただけに、今日の初日特選では川村晃の先行を受けて3着をしっかり確保した。明日は、三谷が主導権取りに出て西日本勢や浅井が3番手を回る、実質2分戦の展開になれば、番手から出てアタマ取りの大チャンスで、穴党が喜ぶ好配必至となるか。縦横無尽に突っ込むC吉本−B橋本の西日本2車、関東3番手からタテ脚伸ばすD芦澤、逃げ粘るE三谷・A木暮の残り目にも注意を払っておきたい。

<本線予想> 7=1 7=5 7→4 7→2
<穴予想> 9=4 9=1 9→3 9→6


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174140257

この記事へのトラックバック