2016年02月20日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、第31回全日本選抜競輪(GT)の最終日11R「決勝戦」のヘボヘボ予想でした。

号砲で、福島3車が飛び出し、@新田祐大が正攻法を確保する。周回中の並びは、福島3車−ライン4番手のD菊地圭尚−近畿3車−単騎のC岩津裕介−単騎のE近藤隆司の順で、GT決勝6周競走の周回を重ねる。レースが動いたのは青板2センター(残り2周半過ぎ)。F脇本雄太が上昇して正攻法の新田を抑えると、新田も突っ張る素振りを見せる。しかし新田を叩いて脇本が主導権を握ると、岩津・近藤も切り替え追走し、新田は6番手まで車を下げる。そのまま脇本が先行勝負に打って出るも、新田がジャン過ぎ2センターからカマして、早目の巻き返しに出る。脇本番手のA稲垣裕之がこれを察知してけん制を見せるも、2度目のけん制に行った際、新田にはね返されバランスを崩して落車(失格)。これにライン3番手のG村上博幸と岩津が乗り上げ、ともに落車する。稲垣のけん制を乗り越えた新田は、最終BKで難なく脇本を捉えて先頭に躍り出ると、優勝争いは出切った福島3車に絞られた。結局、新田マークのH渡邉一成が最終2センターから早目に抜け出してVゴールを駆け抜ける。2着にはライン3番手追走のB佐藤慎太郎が続き、新田が3着に残る。

<結果・払戻金>
 2車単 H→B 750円
 3連単 H→B→@ 4140円

落車が起きた荒れたレースになりましたが、新田のスーパーダッシュに渡邉−佐藤がぴったり追走するという、福島勢・日本代表ラインの強さが目立った決勝でした。
「無冠の帝王」と言われていた渡邉でしたが、新田のカマシ捲りというこれ以上ないアシストで初のGTタイトルをつかみました。自転車競技日本代表との兼ね合いもあって、コンディション調整や、「競輪への慣れ」に苦しんでいた時期もありました。しかし世界と戦う中で、国内で結果を出さなければ世界に行っても通用しない、と痛感する渡邉にとって、この優勝は何よりも代えがたい勲章です。リオ五輪出場権確保の瀬戸際にある渡邉にとって、これで年末のGP出場権一番乗りを果たすとともに、今後は自転車競技に集中できる状況を自らつかんだことになります。もちろん名古屋・静岡ダービーへの期待も高まりますが、私はむしろリオ五輪に日本代表として出場することを願わずにはいられません。
3着になりましたが、新田のハラの括り方はすごかったと感じました。どちらかといえば「自分が残る(アタマになれる)タイミングで捲りを放ち、ライン後続にはあまり気を配らない」というイメージが付いて回っていた新田でしたが、このレースは今までの新田とは違いました。脇本が赤板で抑えに来た際に突っ張る素振りを見せただけでなく、ジャン過ぎにカマシ捲りを放ったタイミングが下げてすかさずというもの。もちろん、同じく日本代表で切磋琢磨している渡邉を信頼していたからこそ、あのスーパーダッシュを放つことができたのでしょう。これで渡邉同様、日本代表の活動に気合いが入ることでしょうが、GP出場権が確保された訳ではありません。そうなれば、SS班として出場権が確約されている名古屋・静岡ダービーでの奮起、Vを期待したいと思います。
そして落車失格の憂き目にあった稲垣。脇本の先行というアシストはありましたが、新田のスピードに対応できていませんでした。1回目のブロックに行ったのがタイミング的に既に遅れていて、2回目のブロックは新田に受け止められバランスを崩して転倒。稲垣ファンの皆さんからご批判を受けるのを承知で厳しい言い方をすれば、マーク戦として甚だ不細工な立ち回りで「不合格」という評価を受けてもおかしくないものでした。新田の巻き返しに対する想定ができていなかったのかと言われても仕方がないでしょうし、後続の動きを確認する動きがマーク選手のそれではありませんでした。まだまだ自力選手として活躍が期待される稲垣ですが、この日のようなマーク戦もさらに増えてくることが予想されますから、番手戦の立ち回り・走り方を改めて研究し直す必要があるかもしれません。しかしこれを完全会得したなら、あらゆる戦法に活かすことができ、走りにさらに凄みを増すことでしょう。稲垣の巻き返しに期待したいと思います。

さて今週の番組は、明日の奈良記念2日目・12R優秀競走「奈良はきもの杯 飛天ちゃん賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174058387

この記事へのトラックバック