2016年01月30日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、いわき平記念(GV)の2日目12R・優秀競走「いわき海竜賞」のヘボヘボ予想でした。

号砲でけん制の後、@佐藤慎太郎が誘導を追いかけ、D山崎芳仁を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、福島2車−近畿単騎のB稲垣裕之−マークのE坂本健太郎−茨栃2車−南関3車の順。赤板HS(残り2周)を迎え、C近藤隆司が上昇を見せると、稲垣も併せて踏んで行く。近藤がジャン前2角で稲垣を叩いて先頭に躍り出るも、さらに外をG神山拓弥が踏み込み、そのまま先行勝負に打って出る。叩かれた近藤は3番手に収まり、稲垣は6番手、山崎は8番手で最終HSを一本棒で通過。車間を切って後続の仕掛けをけん制した近藤が、最終2角過ぎから捲りを放つと、神山番手のA武田豊樹も番手捲りで応戦。最終3角では武田と近藤が雁行状態のサイド・バイ・サイドとなると、近藤の捲りを目標に捲り追い込んだ稲垣が最終4角で前団を捉えて直線に。結局、稲垣が中バンクを強襲して1着になる。マークの坂本が続いて2着に入り、稲垣の捲りを追走した山崎が3着に流れ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 B→E 1020円
 3連単 B→E→D 6490円

武田・近藤のツバ競り合いは見応えがありましたが、これを横目に稲垣が好スピードで捲り切りました。
神山の“突進”先行と近藤の位置取りの動きで、6番手に置かれた稲垣でしたが、慌てることなく前団を捲り切りました。本来なら届くかどうかという位置でしたが、踏み出しからのスピードが強烈でした。展開に助けられたようにも見えますが、近藤が車間を切ってからスパートや真冬のいわきバンクだったことも考慮すれば、上がりタイム(11秒8)は11秒1〜2に見えるくらいの勢いでした。決勝でも厳しい展開を苦にせずVをつかみましたが、それくらい今の稲垣は充実していて、悲願のGT制覇へ着実に力と自信が積み上がっているように見えたシリーズでした。
6着に終わった近藤でしたが、3番手を確保した動きは悪くありませんでしたし、最終BKからの捲り返しも決して車が出ていない訳ではありません。併された相手が武田だったことが不運でした。しかしその武田を苦しめたことは、今後の自信につながることでしょうし、今現在の力を量ることができたのではないかと思います。その力量差は決して大きくはないと感じました。
一方の武田。併せた所までは良かったのですが、近藤とのツバ競り合いで若干脚勢をロスしてしまったでしょうか。それでも、もう少しアタマ争いに加わってもらいたかったと思ったのは、私だけではないでしょう。今までの武田なら、番手捲りを打った時点で「1着確定」のような感じでしたが、これまでの武田と比べれば車を出した感じが物足らず、それが近藤と絡み合いにつながったようにも見えました。準決勝で敗退した時の感じからも、和歌山記念・落車からの回復にはもう少し時間が必要なのではないか、とも感じました。

さて今週の番組は、明日の和歌山本場FU・最終日10R「A級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、高松記念2日目11R・優秀競走「チータカカップ」のヘボヘボ予想と合わせて、当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172670484

この記事へのトラックバック