2016年01月10日

1/11 「和歌山グランプリ」(GV)3日目・10〜12R「準決勝」 予想

今日は「和歌山グランプリ」ブログヘボヘボ予想4連戦の第3弾として、あす(11日)の3日目・10〜12R「S級準決勝」のトリプルヘボヘボ予想「臨時号」を掲載します。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●和歌山グランプリGV・3日目

※今日は3箇レース予想のため、詳細コメントは縮小させていただきます。悪しからずご了承下さい。

《第10R S級準決勝》

▲   1 佐々木則幸(高知)
○ ▲ 2 郡司浩平(神奈)
× ☆ 3 新井秀明(熊本)
    4 永井清史(岐阜)
☆ ◎ 5 内藤秀久(神奈)
  ○ 6 津村洸次郎(福岡)
  × 7 神山拓弥(栃木)
    8 森川大輔(岐阜)
◎   9 松浦悠士(広島)

並び ←E3 G4 7 H1 A5
※山本ディレクターの現地取材と和歌山競輪HPによる

4分戦+単騎1車の構成。A郡司の機動力も魅力だが、本命の◎印はH松浦に打つ。今日の優秀戦は、仕掛けが遅れて4着に終わったが、ラストの伸びは相変わらずだった。対抗はA郡司。今日の二予は5番手から持ち前のダッシュで見事な捲りを決めた。流れ次第ではカマシ先行で押し切りも。穴軸は、その郡司マークから伸びるD内藤を指名。初日特選では際どい審議もセーフの判定。ツキを活かしてWGP2年連続優参決めるか。こちらも連続優参かかるE津村の逃げ残り、松浦後位から伸びる@佐々木、津村番手から突っ込むB新井は、アタマ候補としても押さえたい。

<本線予想> 9=2 9=1 9→3 9→5
<穴予想> 5=6 5=2 5→7 5→3


《第11R S級準決勝》

▲ ○ 1 東口善朋(和歌)
  ☆ 2 小倉竜二(徳島)
☆ ◎ 3 稲村成浩(群馬)
    4 石丸寛之(岡山)
× × 5 西岡正一(和歌)
    6 成田健児(神奈)
◎   7 稲垣裕之(京都)
    8 島野浩司(愛知)
○ ▲ 9 吉澤純平(茨城)

並び ←F158 H36 C2
※山本ディレクターの現地取材と和歌山競輪HPによる

変則3分戦の構成。ラインの長さと地元コンビを従え積極的に駆けられれば、F稲垣が不動の中心。「気持ちも入っていた」優秀戦は、本人も納得の先行2着。明日も同様の走りで5度目のWGP優参だ。自力型のライバルH吉澤が対抗格。近歴、FT優勝など飛躍は目覚ましい。今節はHB取っての逃げ切りで連勝と勢いもある。穴軸は、その吉澤マークから伸びるB稲村。和歌山バンクは好相性で、牽引役が主導権決めれば、アタマ取りは十分可能。状態に不安あるも稲垣に喰らい付くD東口、近畿ライン3番手から伸びるD西岡、混戦から突っ込むB小倉も要注意だ。

<本線予想> 7=9 7=1 7→5 7→3
<穴予想> 3=1 3=9 3→5 3→2


《第12R S級準決勝》

▲ ☆ 1 井上昌己(長崎)
◎   2 村上義弘(京都)
  × 3 浦川尊明(茨城)
    4 三宅 伸(岡山)
  ○ 5 近藤龍徳(愛知)
×   6 稲毛健太(和歌)
○ ▲ 7 田中晴基(千葉)
    8 柴田洋輔(東京)
☆ ◎ 9 柴崎 淳(三重)

並び ←E2 DH F38 @4
※山本ディレクターの現地取材と和歌山競輪HPによる

ラインは4分戦。前後が注目された中部2車は、「自在に」とコメントしたD近藤が前回りを選択。本命は稲毛の番手回る@村上。今日の二予は、稲毛番手から伸びずに「ハコ3」を喰らった。明日はきっちり体も車も調整して優参決めるか。対抗はF田中。優秀戦は思い切った巻き返しも力及ばず9着。しかし明日は、ライン3車の長さも活かしてカマシ先行・捲り両面作戦で準決突破を目指す。穴軸は中部番手のH柴崎に期待。近藤の仕掛けが決まるという条件が付いて回るものの、混戦になれば自力繰り出し大外強襲で波乱を演出する。@井上のスピード、D近藤の奇襲策、E稲毛の残り目、B浦川の後位からの差し脚は2〜3着押さえで必要か。

<本線予想> 2=7 2=1 2→6 2→9
<穴予想> 9=5 9=7 9→3 9→1


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171673398

この記事へのトラックバック