2016年01月07日

【山本ディレクターの自腹出張日記】 京王閣グランプリ 花のお江戸で2015年の総決算や!(そのB・最終回) ※プレゼント告知あり

わたくし山本が、直近に遠征した全国の競輪場を紹介する記事コンテンツ「山本ディレクターの自腹出張日記」。今回は、去る12月30日(水)に京王閣競輪場で開催された「KEIRINグランプリ2015」と、翌31日(火)のもろもろに「自腹出張」した3回シリーズのリポート。今回が最終回です。京王閣GPグッズのプレゼントもありますよ。

「KEIRINグランプリ」を的中させ、上機嫌で新橋駅前の居酒屋でH君、S女史とミニ忘年会をした私でしたが、ちょっと飲み過ぎたのか私が爆睡してしまう始末。宴半ばの状態でお開きとなり、そのままホテルへ向かいましたが、疲れもあってかベッドの上で半グロッキー状態となってしまいました(バカ)。

明けて大晦日。この日は何故か首都圏で競輪が開催されていませんでした。川口オートでの「スーパースターフェスタ王座決定戦」や大井競馬へ浮気というのも考えてはいましたが、何かピンと来ません。それ以外にもどこかへ行かなければならない訳でなく、ギリギリまでベッドの上で「今日は何をしようかな?」と考え込む私。ホテルをチェックアウトして、取りあえず新橋駅に向かって歩いて行く中で、外堀通り沿いにエクセルシオールカフェが。「朝飯でも食いながら考えよ」と店内へ。

モーニングセットを食べつつガラケーをいじりながら、「ラピスタ(新橋)は、日中は岸和田の場外か。東京で岸和田の場外買うのもなぁ…」「ラピスタでもオートの場外やってるし、ちょっと様子見してから考えよ」と結論らしい結論が出ぬまま、結局ラピスタ新橋へ向かいます(やっぱり…)。

ラピスタに到着すると、ちょうど岸和田2Rの締め切りが近づいていました。出走表も取らず、モニターに映るメンバー表とオッズで予想を立てます。

このレースは、H古川大輔率いる瀬戸内3車が大本線で、F森啓が引っ張る中部・近畿3車が対抗格。E眞鍋伸也が前回りの九州2車や、単騎のD西村尚文が捲り返すという構図です。オッズを見れば古川アタマで売れ切っており、これに逆らうのもどうかなと考えました。しかし同県で古川マークの@齋藤勝に一抹の不安があり、Hから筋違いで買うことにしました。

岸和田2R車券

岸和田2R車券


レースは、周回中の並びが単騎のD西村尚文−中部・近畿3車−九州2車−瀬戸内3車の順。赤板HS(残り2周)からH古川大輔が踏み上げると、F森啓も併せて出ようとします。しかし古川は構わずハナを切ると、九州2車や西村が追走。しかし7番手に車を下げた森が、ジャンを合図に古川を叩き返してカマシ先行に出ます。しかし中近3番手のB窓場加乃敏が離れ、古川が3番手にはまりました。古川は最終3角から追い込みに出ると、ゴール寸前で岐阜2車を捉えて1着になりました。2着には森マークのA山田雅之が入り、3着に森が粘りました。

車券はH→A→Fで何とか当たりましたが、払戻しは2550円。H→F→Aなら5千円オーバーだっただけにちょっぴり残念ですが、当たっただけでも十分。そして払戻金を受取り、今度は6階に移動します。この日の6階はオートレース専用フロアとなっていて、オートファンで混雑していました。

オートレースは10年以上前に、フリーの実況アナ・西森和也氏に連れられて山陽オートへ行ったことがあります。CSでたまに見てはいましたが、実際に車券を買うのはそれ以来です。4Rの発売締め切りが近づいているタイミングでしたが、訳が分からぬまま試走タイムとハンデを基に、ADG3車BOXで勝負することにしました。先ほどの岸和田2Rで浮いた1650円を、そっくりそのまま突っ込みます。

10年ぶりに買ったオートレースの車券

10年ぶりに買ったオートレースの車券(すげーピンボケで、すんません)


レースは、ハンデ0からA千葉がダッシュを決めたかに見えましたが、B吉田がすかさず叩いてハナを切ります。ハンデ20スタートで5番手のD阿部が、2周目3角でインをすくって2車抜きを決め、B→A→Dの態勢になります。2番手追走の千葉は、3周目3角から仕掛けて行きましたが交わすまでには至りません。その後は大きな動きもなく、結局そのままB→A→Dでゴールとなりました。

3連単の払戻金は1番人気の1450円。フロアのベテランファンからすれば、取りやすかった車券のようで「試走(のタイム)が出てなくても、B番はスタートダッシュ決めたら強いからね」「こんな車券は、毎日オートやってる人なら楽勝だよ」などという声が、そこかしこから聞こえてきました。こんな具合ですから「長居は無用」と感じ、ラピスタを後にすることにしました。

さてそうなれば「次はどこへ行こうか」ハタと考えてしまいました。新橋駅界隈をウロウロするうちに、某パチンコ店前にたどり着きました。そのホールは、CSパチンコ番組などでよく実戦収録の舞台となっているB店。若干持ち合わせがあるのを良いことに「去年から今年初めにかけて苦しめられた、あのスロットで勝負しよう」と、中へ入ることにしました(あ〜あ〜、また負けに行ったんや…)。

「あのスロット」とは、秋にリニューアルデビューした「スーパービンゴプレミアム」です。1セット33ゲームのATで出玉を増やすものですが、そのATも3桁ゾロ目ゲーム数(111G、222G、333G、444G…)やセット連チャンで爆発する要素も持ち合わせている、ちょっとキツイ台です。

6台並ぶ内の1台に座ってプレー開始。「なんだかんだしてる内に、昨日の浮きごっそりヤラれてまうんちゃうん?」とか思いながら打っていると、なんと8千円でATゲット。しかもそれが11連チャンして、出玉1000枚オーバーの幸先良いスタートです。しかし11回全てが33Gで、3桁ATはなし。一抹の不安が頭をよぎります。

立ち上がりはまずまず

立ち上がりはまずまず


しかもその後の台の挙動は、好設定の予感がするものばかり。期待に胸を膨らませて打ち続けますが、あっという間に出玉が呑まれてしまい、追加投資を強いられることに。「まぁ、立ち上がりが8千円なら、まだまだ取り返せるゎ。大丈夫、大丈夫」などと、またまた脳天気なことをつぶやきながら打っていると、あっという間にマイナスはウン万円近くまでに達していました。

「あ〜あ、やってしもうたゎ」と思いながらも、時刻はまだ1時半。「でも、ここで一発デカいのをつかめば、捲れる、捲れる」などと、なおも脳天気な私。そうしていると、驚きの演出が液晶画面に。

「夢」チャンス来た〜!

「夢」チャンス来た〜!


自力でAT当たりを引ける「セグメントチャレンジ(チャンスゾーン)」に突入した瞬間、「夢」の大きな文字が出現。このタイミングでAT当たりを引くと無条件で3桁ゲーム数のATになることから、俄然気合いが入ります。そして…

よっしゃ! 3ケタ確定のビンゴチャンスget!

よっしゃ! 3ケタ確定のビンゴチャンスget!


セグメントチャレンジに成功して、3桁のビンゴチャンス(AT当たり)が確定です。「おっしゃ、いったで〜!」などと、周りに聞こえそうな大きな声で喜びを爆発させる私(恥ずかし〜)。ところが、つかんだゲーム数は…

え〜! 111Gだけ?

え〜! 111Gだけ?


そうです、最低の111G。後の演出で1111Gとか、2111Gの期待はできるものの、まずそんなことは考えられず、あっという間にATビンゴチャンスは終了。当然300枚程度の出玉ですから、呑まれるのも一瞬です。その後「どうしようか?」と思いながら、さらに現金投資を続けます。そして累積投資ウン万円となり、時計の針が5時を指そうとしたその瞬間、つかんだATビンゴチャンスのゲーム数が止まりません。どこまで伸びるんだろうと期待しましたが…

何とか555Gのビンゴチャンスget!

何とか555Gのビンゴチャンスget!


なんとか555GのATをつかみましたが、どう考えても捲る所まではいきません。1555Gとか、2555Gとかを期待しましたが、この日の流れならまずありえません。それでも、どうにかこうにか2千枚近くを取り返すができました。

取り返したものの、捲るには程遠い枚数や…

取り返したものの、捲るには程遠い枚数や…


結局、このAT終了から150G打って、台を離れることにしました。400枚余り喰われて、1500枚余りでの交換でした。

結局1500枚チョイで終了

結局1500枚チョイで終了


5.5枚交換で2万8500円。収支は同じくらいのマイナスで終了です。その後、駅周辺の立ち食いそば屋で年越しそばを食べましたが、時刻はまだ7時を回ったところ。帰りの飛行機は、羽田発9時半のANA・スターフライヤー共同運行の最終便でしたので、1時間半程度の余裕がまだありました。そうなると「小倉ナイターで今年最後の勝負や!」と、ちょっと気持ちをカッカさせながら、足は自然とこの日2度目のラピスタ新橋へ(トホホ…)。

ちょうど9Rが終わったところで、残るレースは10・11の2レース。「これくらいがちょうどエエゎ」と妙な納得をしながら、出走表に目を通します。

10Rは、D山中秀將が率いる南関・関東3車が抜けた本線で、@森川大輔が先頭の中部+αの3車が続きます。単騎のA三ツ石康洋や、G山崎将幸が前の宮城2車も侮れない存在です。しかし、ここは点数でメンバー中ダントツ首位の山中を信頼し、マークのB白戸淳太郎との3連単D→B流しを基本に、2車単で差し目のB→Dと、Dアタマの筋違いを少々抑えることにしました。

小倉10R車券

小倉10R車券


レースは、C阿部英光が他車の様子を窺いながら誘導を追いかけ、G山崎将幸を正攻法に迎え入れます。周回中の位置取りは、宮城2車−中部2車−ライン3番手のE網谷竜次−南関2車−ライン3番手のF伊藤一貴−単騎のA三ツ石康洋の順。レースの動きは早く、青板BK(残り2周半)からD山中秀將が上昇し、正攻法の山崎を抑えると、山崎は車を下げます。山中ラインを三ツ石が追走し、4番手位置を確保します。山中はジャンを迎えても流し続け、@森川大輔が仕掛けてきたのを確認して、最終HSから先行勝負に出ます。森川の捲りは山中マークのB白戸淳太郎がブロックして対応。3番手は伊藤と森川マークのH小林信晴がツバ競り合いしますが、ややクチ(車間)が空いてしまったところを三ツ石が割り込みます。結局、山中が後続のもつれを尻目に逃げ切って1着、マークの白戸が続いて2着になりました。そして3着には、最終3角から捲り追い込んだ山崎が突っ込みました。

予想通りの展開にはなりましたが、3着に山崎を入れてなく大ハズレ。ちなみにD→B→Gは3560円と、獲り頃外し頃の車券でした。しかも3番手に切り替えた三ツ石ですら受けておらず、車券的には3着穴に対応できていない完敗でした。

ミッドナイト高知があるにせよ、いよいよ今年最後のレース11Rを迎えました。年末年始FT開催の初日特選ということもあって、まずまずのメンバー構成です。

ライン構成は4分戦。九州・千葉・関東・北日本がそれぞれ2車ずつで、D柴崎俊光が単騎での戦いを選択という構図です。中心は2場所前の地元・佐世保GVを優勝したA井上昌己ですが、自在な立ち回りのC小埜正義やH高橋陽介、E神山拓弥の動きも気になるところ。さらにそれぞれの番手マーク選手の動向も押さえておかなければならず、一筋縄ではいかなさそうに感じました。そこで、井上を軸にしながら、小埜−@石毛克幸の千葉2車、高橋の仕掛けで突っ込んで来そうなF大槻寛徳、同様に神山の動きから伸びてきそうなB諸橋愛を絡めた4車BOX3通りを中心車券に入れました。さらに単騎の怖さから、柴崎を軸にした3連複も押さえることにしました。

2015年最後の車券 小倉11R車券

2015年最後の車券 小倉11R車券


ただレースを観戦したいところでしたが、終了後に移動となれば時間が厳しくなりそうだったため、後ろ髪を引かれる思いをしながらラピスタを後にしました。そしてモノレールの車中でテレドーム観戦です。

レースは、関東2車の前受けで始まりました。周回中の並びは、関東2車−千葉2車−九州2車−単騎のD柴崎俊光−北日本2車の順。赤板HS(残り2周)を迎え、H高橋陽介が上昇してC小埜正義を一旦抑えた後、さらに前へ踏み上げます。ジャン前BKで高橋が叩いて先頭に立ちましたが、これを追走したA井上昌己がさらにジャンで叩いて先行勝負に打って出ます。4番手外に追い上げた小埜が最終2角から捲りを仕掛けましたが、井上も踏み直したため小埜は3番手外までで脚色が一杯に。結局、井上が後続を振り切って1着になり、番手マークのG小岩大介も2着に続いて、九州ワンツーを決めました。そして、九州3番手に切り替えていた柴崎が3着に入りました。

テレドーム実況の中で、車券から抜いた小岩が最終3角で「番手追走」というフレーズを聞いた時点で、ハズレを覚悟。もちろん決定放送まで聞くことなくガラケーを切り、モノレールのシートに大ハズレでドッと疲れが出てきた体を預けました。

それでも最終収支は、ホテル代と土産代分相当の浮きは確保できましたし、競輪&パチスロ&一人の時間を十分満喫して2015年総決算を終えることができました。年が明けるとすぐに「開設記念・和歌山グランプリ」を控えていることから、忙しくなるのが予想されますが、その前に未踏の競輪場に行って、束の間のリフレッシュができたような気がしました(収支プラスやったから、そんな事言えるんちゃうの?)。

2016年もできる限り多く自腹出張に赴いて、このブログで良い報告をしたいと思います(そう、いい報告がね!)。今後ともご愛読よろしくお願い申し上げます(こんなツマラン駄文、また読んでやって頂戴や)。


★プレゼントのおしらせ


「自腹出張日記 京王閣グランプリ」篇を、最後までご覧頂きありがとうございました。ここで、京王閣土産をブログ愛読者の中から抽選で6人にプレゼントします(いよっ!太っ腹!)。それぞれの賞品には、京王閣競輪場のGP当日の出走表を1枚ずつお付けします。


京王閣GP開催記念Tシャツ(Lサイズ)

京王閣GP開催記念Tシャツ(Lサイズ)

LサイズのGP開催記念Tシャツは、お2人に差し上げます。白・黒の色の希望を必ずご記入下さい。


京王閣GP開催記念バスタオル

京王閣GP開催記念バスタオル

すっきりした中にも、9色がデザインされたGP開催記念バスタオルです。お1人にプレゼントします。


京王閣GP開催記念キャップ(フリーサイズ)

京王閣GP開催記念キャップ(黒・フリーサイズ)

GP開催記念キャップ(黒)も、お1人に差し上げます。


京王閣GP開催記念スポーツタオル

京王閣GP開催記念スポーツタオル

京王閣GP開催記念の選手名入りスポーツタオルをお1人に差し上げます。


京王閣GP 村上義弘選手応援マフラータオル

村上義弘選手応援マフラータオル

京王閣GP当日、現地のスクラッチくじで私が当てた、村上義弘選手の応援マフラータオルをお1人に差し上げます。


【必要事項】
○希望賞品名
○住所・氏名・年齢・電話番号
○番組「夕暮れわかちゃんCLUB」や当ブログに対するご意見・ご感想

【宛先】
○ハガキ…〒640−8577(住所不要)
      和歌山放送「夕暮れわかちゃんCLUB」ブログプレゼント係
○メール… keirin@wbs.co.jp (件名に必ず「ブログプレゼント希望」と記入)
      和歌山放送「夕暮れわかちゃんCLUB」ブログプレゼント係

【〆切】平成28年2月12日(金)必着

なお当選発表は、賞品の発送をもって代えさせて頂きます。皆様からのたくさんのご応募、お待ちしております。


(京王閣グランプリの項終わり)
posted by wbs at 18:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 自腹出張日記
この記事へのコメント
ギャンブル三昧ツアーお疲れ様でした。男のロマンな行動に羨ましい限りです?GP の観戦目的でバッチリGETは嬉しいですね。翌日の行動が若い!アグレッシブ!馬鹿!どれでしょうか?今回はバリューツアーでしたね。その流れで本日からの和歌山GP もガッポリ儲けて下さい。
☆和歌山からガールズで学校に行ってる山本選手が第一回トーナメントで強豪相手に準優勝しました!バイチャのお手伝いしてくれてた時より凛々しい表情でした。我々も学科・実技共に頑張りましょう!
Posted by 岸和田オヤジ at 2016年01月09日 07:03
岸和田オヤジさんへ

コメントありがとうございます。
う〜ん、大晦日の行動ですか…。やはり「馬鹿」でしょうかね(苦笑)。WGP初日は堅いのと大波乱の両極端で、時間がないというのもあって、なかなか取り切れなかったですね。
山本知佳(まもなく)選手は、第1回トーナメントで頑張りました。卒業まであと2ヶ月余り。でもこの世界は、卒業してからが本当の勝負ですから、これに奢らずさらに頑張ってほしいですね。
私も、昨年末の好成績に奢らず、学科(車券)・実技(バイチャC)でさらに頑張ります!
Posted by 山本D at 2016年01月09日 18:25
大晦日はお江戸で勝負三昧の1日でしたか。私も昨年夏におのぼりさんして 田端駅前のパチンコ屋○軍(←こちらも専門chで番組収録が度々)へ、更に夕刻からはラピスタでサマナイ打ってましたね(^^;;。
さて 恒例となりました遠征記、今回も楽しませてもらいました。次は開催中の和歌山記念報告でしょうか?こちらも大作にお待ちしてます。
Posted by コタカ at 2016年01月11日 08:57
コタカさんへ

コメントありがとうございます。
そうでしたか。パチ→競輪のハシゴなんて、ギャンブラーの思考回路はみんな同じなんでしょうかね。
ちなみにWGPは、毎回ファンCLUBイベントや、レース・イベント取材、ラジオ実況中継と、一応仕事盛りだくさんです。申し訳ありませんが、今回の場内の様子は、和歌山けいりんHPのオフィシャルブログからご覧下さい。
Posted by 山本D at 2016年01月11日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171390252

この記事へのトラックバック