2015年12月10日

初冬のオレンジバンクに波乱の嵐が吹き荒れた! 「ガールズケイリン」和歌山開催リポート(その@)

和歌山競輪場では、12/3(木)〜5(土)の3日間、「ガールズケイリン(FU)」が開催されました。今回で通算8回目となる和歌山ガールズ開催の様子を「初冬のオレンジバンクに波乱の嵐が吹き荒れた!」と題して、4回シリーズでご紹介します。


○前検日 12/2(水)

27年度下半期としては初めてのガールズ開催。前回5月のガールズ開催から半年、間が空いてしまいました。季節は既に冬、ダウンのコートをタンスから出して来なければ過ごせない季節になっています。しかし、ガールズ選手と顔を合わせることができるとあって、少し興奮気味で寒さを忘れる私。今回も少し遅れ気味に検車場へ到着しましたが(またかよ!)、今シリーズは和歌山バンク出走経験者や1期生が多く、顔なじみの選手もいることから、話もしやすいかなと思いつつ、囲み取材の輪に加わります。

奥井迪選手

今節優勝候補の筆頭 奥井迪選手(東京・106期)

東京の奥井迪選手です。前回(5月)の和歌山開催では、決勝で先行も石井寛子選手の捲りを喰らって3着に敗れました。今回は、小林莉子選手ともども優勝候補の筆頭格です。ただ心配は体調面。直前の松山ナイターは見事3連勝で5場所連続完全Vを飾りましたが、中2日での和歌山参戦。「東京に一旦帰って、マッサージなど体のケアをして来ました」とタフネスぶりを強調。それでも「ちょっと疲れています」と本音もチラリ。ガールズGPに向けては「まだ実感はないけど、(小林)優香には簡単には前に出させたくないです」と、気合いが徐々に高まっている様子でした。


元砂七夕美選手

「たまに兄のアドバイスも」 元砂七夕美選手(奈良・108期)

奈良のルーキー・元砂七夕美選手です。高校時代からトップクラスだっただけに、デビュー以来コンスタントに決勝へ進んでいます。「兄ちゃん(勇雪選手)とは一緒に練習してんの?」と尋ねると、「してますよ。たまに『この前のレースのあの動き、何したかったん?』とか聞かれて、アドバイスしてくれます」とのこと。キビシ〜(当たり前!)。「調子は良い方向で変わらずです。アマ時代に和歌山は何度か走っているんで、バンク慣れも大丈夫です」と楽しみなコメントも。


岡村育子選手

「和歌山には親戚がいます」 岡村育子選手(埼玉・102期)

埼玉の岡村育子選手です。岡村選手と私には「陸上ホッケー」という共通項があります。岡村選手は日本代表GKとして北京五輪に出場。その話をすると「この前、7人制の試合に出たんですが、体が全然付いて行かなくて…」と苦笑。「御坊に伯母(母の姉)がいて、大学も関西(天理大)なんで」と、和歌山・関西に縁があるそうです。また「前回(岐阜)でゴール後落車しましたが、問題ないです」と、状態は気にしなくて大丈夫そうです。


小林莉子選手

「前回より状態はさらに上向き」 小林莉子選手(東京・102期)

自転車を担ぎ上げるなど、お茶目なポーズを取ってくれたもう一人の優勝候補、東京の小林莉子選手です。過去2回の和歌山ガールズ参戦は、いずれも完全優勝。今回も期待できそうですが、前々回(伊東温泉)途中欠場の原因となった、11月初旬の練習中落車の後遺症が気になるところです。しかし「前回(豊橋)も優勝できたし、2日目(3着)は先行もしたんで、状態は悪くないですね」と、さらに上向き傾向のようです。


山口菜津子選手

「和歌山はまだ決勝乗っていないので頑張りたい」 山口菜津子選手(高知・102期)

高知の「はちきん乙女」山口菜津子選手です。取手・高知と2場所連続決勝進出で、和歌山に乗り込んできました。ただ和歌山は苦手なのか「まだ、決勝に乗ったことがありません」とのこと。落車の影響などもあって十分練習できていなかったのが、「徐々に練習の成果も出てきているので、頑張りたいです」と活躍を誓ってくれました。


白井美早子選手

「ちょっと風邪を引いてしまって…」 白井美早子選手(大阪・102期)

先日の「ラジオまつり」でゲストにお越し頂いた、大阪の白井美早子選手です(その時の様子はこちら)。ところが「あのイベントの後で、ちょっと風邪を引いてしまって…」とちょっぴり心配なコメントが。でもラジオまつり会場で聞いた「奥井対策」「奥井番手奪取計画」に向けての調整はできたとのこと。去年7月の和歌山ガールズでは決勝2着だっただけに、自身初優勝を期待したいところです。


田畑茉利名選手

「骨折後、なかなか上がりきれてない」 田畑茉利名選手(千葉・102期)

千葉の田畑茉利名選手です。「2月に初めて鎖骨骨折して、そこからなかなか上がりきれてないですね」と、やや弱気なコメント。「でも安全運転という訳にはいかないしね…」とフォローしても、「やっぱり安全運転は大事でしょ」と返されました。ちなみに指定練習では、ただ一人周回せず、バンク内を散歩していました。


溝口香奈選手

「ちょっと体調が…」 溝口香奈選手(奈良・108期)

元砂選手と同様、奈良のルーキー・溝口香奈選手です。近歴は、決勝にも進むなどまずまずの結果を残していますが、「3週間ほど前から胃腸炎で、体調が…」と心配なコメント。「師匠(中川武志選手)と同あっせんなんで、緊張してるんちゃうん?」と冗談めかして尋ねても、「そんなことないですよ」。そんな状態の中、前回・前橋では最終日一般戦で1着。頑張って欲しいです。


森美紀選手

「生活のリズムが変わって、体調不良もあって…」 森美紀選手(福岡・102期)

阪神タイガースのレプリカユニフォームを着て登場は、福岡の森美紀選手です。「ファンの方に頂いたんです」とのことで、「MORIMAMA」のネーム入りで背番号は2。8月に1か月欠場したことを尋ねたら「帯状疱疹にかかって、練習すらできなくてひたすら寝ていました」とのことで、「ボクも3年前に顔にヘルペス出ました」と、妙なつながりのヘルペストークで軽く盛り上がりました(どんな盛り上がりやねん!)。「でも、だいぶ戻って来たんで、来年はちょっと期待しています」とのこと。


藤原亜衣里選手

「最近あんまり良くない」 藤原亜衣里選手(新潟・102期)

新潟の藤原亜衣里選手です。和歌山でのガールズ初開催の時には、プロモーションの一環で和歌山放送の昼ワイド生放送にも出演して頂きました。4月の和歌山ガールズでは、決勝で先行する石井貴子のインをすくって、先頭に立つなど見せ場も。「それって4月なんですか? 忘れちゃいました」と話していましたが、「それ以降は着順通りの調子ですね」と弱気な発言。「でも、決勝へのチャンスはきっとあるよ」と私が励ますと(エラソーに)、「それを期待して頑張りますゎ」と前向きに答えてくれました。


宮安利紗選手

「和歌山はターニングポイントの場所」 宮安利紗選手(愛媛・106期)

愛媛の宮安利紗選手です。元デパートガールという異色の経歴の持ち主ですが、近歴、大敗もあるものの決勝進出を重ねるなど上昇一途です。「去年、ここに来た時、相原浩二選手のマンツーマン指導にボクもお付き合いしたの思い出したゎ」と話すと、「デビュー以来、何ともならない時期が続いていて、ちょっと自信を無くしていたんです。でもあの指導を受けてから、良い方向に進んで行きました」と思い出した様子。「だから和歌山は自信を付けてくれたきっかけの場所なんで、頑張りたいです」と、明るく応えてくれました。


宮安選手に話を聞いた時点で、時計の針は11時半を示していました。ガールズのバンク内指定練習が始まる時間です。そこで敢闘門脇に移動して、周回練習中のガールズ選手を撮ることに。

前検日指定練習@

前検日指定練習その1 先頭から溝口香奈・森美紀・高松美代子・岡村育子の各選手 


前検日指定練習A

前検日指定練習その2 先頭から奥井迪・小林莉子・白井美早子・宮安利紗・元砂七夕美の各選手


前検日指定練習B

前検日指定練習その3 先頭から山口菜津子・大和久保美・藤原亜衣里の各選手


指定練習時間の終盤、周回練習を終えて引き揚げてきた戸田みよ子選手が、小林莉子選手らと楽しそうに談笑していました。

周回練習後、談笑する戸田みよ子選手

周回練習後、談笑する戸田みよ子選手(広島・102期)

あまり報道陣の前では多くを語らない戸田選手。「調子は問題なしです」とのことでした。


そして周回を終えた大和久保美選手にもカメラを向けます。

大和久保美選手

「先週、故郷の久留米に冬季移動してきました」 大和久保美選手(青森・102期)

私は知りませんでしたが、4月に千沢大輔選手(青森・95期)と結婚され、7月に福岡から青森へ転籍されたそうです(詳しくはこちら)。ただ「先週、冬季移動で故郷の久留米に戻ってきて、実家でまったりと過ごしながらやっています」とのこと。「三輪(梓乃)さんとかみたいに、夫婦揃ってもっと活躍できるようになればいいね」と励ますと、「まったりし過ぎちゃダメですね」と幸せそうな笑顔を見せてくれました。

これで「取材終了」と思いきや、昼食を取ってから気が付きました。高松美代子選手(神奈川・102期)の写真を撮るのを忘れていました(やっぱりアンタ、仕事のツメ甘いわ!)。

ちなみに高松選手のコメントは「一年を通して、厄年のような感じでした」と、落車によるケガなどもあったせいか、やや不本意な一年だったようです。でも和歌山は、去年9月の開催で決勝に乗っている、ゲンの良いバンク。「調子は着状況と同じです。けど来年に向ける意味でも、今節は頑張ります」と奮起を誓っていました。

好天だった前検日でしたが、夜から翌日(初日)の午前中にかけて雨の予報。「雨が降った後は、風が強くなるよ」と、各選手にアドバイス(だから、エラソーに言うんじゃない!)して、競輪場を後にしました。


そのAへ続く)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169587679

この記事へのトラックバック