2015年12月12日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、佐世保記念(GV)の2日目12R・優秀競走「佐世保バーガー賞」のヘボヘボ予想でした。

号砲で@武田豊樹がポンと飛び出してSを決め、B木暮安由を正攻法に迎え入れる。周回中の位置取りは、関東5車−西日本2車−単騎のC園田匠−単騎のE根田空史の順。赤板HS(残り2周)を迎え、園田がイン切り気味に上昇を見せると、木暮も突っ張って誘導を交わしてハナを切る。すると園田の上昇を追いかけたD浅井康太がさらに踏み上げて木暮を叩きに出るも、木暮はジャンでさらにペースアップ。浅井は番手マークの武田に捌かれ後退。最終HSは関東5車が前団の状態で通過。最終1センターから園田が捲り上げ、さらにこれに乗っかった浅井が再度捲り返しに出るも、これに気付いた武田が番手捲りで対応。結局、武田がそのまま押し切って1着になる。武田マークのF芦澤大輔が2着、芦澤マークのH後閑信一が3着、さらには関東ラインしんがりのG中村淳も4着に続き、関東ライン上位独占を決める。

<結果・払戻金>
 2車単 @→F 280円
 3連単 @→F→H 590円

浅井や園田が抵抗を見せましたが、関東ラインが数にモノを言わせて上位独占を決めたレースでした。
木暮が思い切って駆け出し、他派の抵抗を退けた武田が番手捲り、さらに芦澤以降は後方の反撃からしっかりガードするという各々の役割分担を果たした、まさに「ライン競走の教科書」ともいうべきレース運びでした。木暮が「弾役」として犠牲を払っての先行ではありましたが、このレースに関してはそれも役割の内と考えれば、パーフェクトなレースでした。武田はレース後インタビューで「頑張ってくれた」と木暮の先行を称えましたが、その武田も浅井の仕掛けを捌き、園田の捲りをチェックするなど番手の仕事をこなしました。GPを控えた身の武田ですが、参戦する以上は人気を背負うだけに、簡単には負けられません。しかしラインの総合力で上位進出し、GPにつながる勝利を飾れたことで、GPに向けてのモチベーションもさらに上がっていくことでしょう。
8着大敗の浅井は、仕掛けるタイミングを失敗したように見えました。レースの流れを考えれば、園田がインを切るというのではという想定で、ジャン前BKからの踏み上げだったと思われます。しかし木暮が突っ張り、さらに園田が下げるという形になれば、外並走からの追い上げマーク策になっても仕方がありません。さらに競りの相手が武田となれば仮に競り勝ったとしても、その後は消耗戦となってしまい、末脚を無くしてしまうかもしれません。先行なら、園田をもっと巻き込んだ形でより早い仕掛けが求められたでしょうし、捲り返しならじっくり貯めてから出ても良かったかもしれません。レースの流れを読み間違えたとはいえ、仕掛けるタイミングが中途半端になったことは、GPで自力戦を求められるかもしれない浅井の“アキレス腱”を露呈してしまったような気もします。

さて今週の番組は、明日の伊東温泉記念2日目・12R優秀競走「いで湯賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169389466

この記事へのトラックバック